Picks
4フォロー
1フォロワー
給与デジタル払い、21年度制度化 具体案提示へ―厚労省方針
時事ドットコム
酒井 克弘アットストリームコンサルティング株式会社 シニアコンサルタント
選択肢が増えることは良いことであると思いますが、スマホ決済への直接入金について、何がメリットとなるのでしょうか。 現在、銀行もシステム化が進んでおり、スマホがあれば簡単にスマホ決済アプリへの入金が可能です。クレジットカードでも入金ができますね。 そのため、利便性ではそこまで差がつかないのではと考えます。 現在、決済アプリは預金手段ではなく、あくまでも決済手段のため、給与デジタル払いが浸透していくのか疑問がわきます。 また、銀行に預けているお金は現金化が可能であるが、スマホ決済アプリは基本的に現金化ができない電子マネーであるという問題があると考えます。 日本ではまだまだ現金で払わないといけない個人店や役所も多く、車や家などの多額の入出金も銀行以外ではできため、その点もデジタル払いの障壁となりそうですね。 上記を考えると、銀行口座の開設が難しい人などが対象となるのでしょうか。そういった方々には給料日に必要以上の現金を持ち歩かなくていいというメリットがあるかもしれませんね。 今現在銀行で受取っている人はそのまま銀行で受取りそうな気がします。 先ほど上記コメントを行ったのですが、上記の考えは私自身がそもそも銀行という規制観念に縛られているのかもしれないと後々思いました。 個人がいつでも好きな時に好きなように使える個人のお金を、銀行などの企業に預けるといった行動を介さず、ブロックチェーンの技術などで直接管理できるとそのほうがいいかもしれませんね。
867Picks
NORMAL