新着Pick

オリジナル

【新】銀行マンはなぜ、倒産寸前の会社のNo.2に転身したのか
NewsPicks編集部
奥野 良孝株式会社オンデーズ 取締役CFO
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
501Picks
【Google人事部長】グーグルが大事にする情報共有の3原則
NewsPicks編集部
加藤 有株式会社リブ・コンサルティング 執行役員
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
352Picks
【1分解説】孫正義も頼る、疑惑の皇太子。サウジ“大炎上”の行方
NewsPicks編集部
塩崎 悠輝International Islamic University Malaysia 助教授
一連の「大炎上」の結果として、警戒されるべきことは、ムハンマド王太子(MbS)の去就ですね。それ次第で、数多のビジネス・プロジェクトもサウディアラビアの国内国外の政策もキャンセルされる可能性はあります。サウディアラビアが原油価格を吊り上げたり、石油不足で世界経済大混乱、といったことはあまり心配しなくてもいいでしょう。ムハンマド王太子はそういったことを言い出すかもしれませんが、そんなことをしてもそれこそサウディアラビアの国益に適わないので、大人たちがやめさせるでしょう。  ムハンマド王太子は自分の気に入らないことを言った国には喧嘩を売ってきました。カナダとまで対立し、カタールは経済封鎖し、イエメンに至っては、何の利益になるのかわからない戦争を仕掛けて何万という単位で人を殺しています。国内でも王族や企業家を長期に渡り拉致監禁し、彼らの所有する企業や資産を差し出させました。駄々っ子のようなものですが、彼の支持基盤はまさに崩れ去ろうとしており、特に中枢にある王族からの突き上げが予想され、ムハンマド王太子をやめさせなければ、サルマーン国王の地位も危うくなりかねないでしょう。  ムハンマド王太子が30歳にしてこのような人間になってしまったのは、無論、絶対王政と石油による資産、教養や人権を重視しない社会、というのが大前提としてあるのですが、直接的に悪いのは、取り巻きたちが国内外のコンサルタントたちと一緒になっておだてたのに乗せられ、「偉大な改革者」というイメージにとりつかれてしまったことでしょう。王太子とソフトバンクの間に立っているヤーセル・アッ=ルマイヤーンという人物は、そういった取り巻きたちの典型であり、Uberから莫大な資金を提供されて、サウディアラビアでの女性による自動車運転解禁を働きかけた人物でもあります。
543Picks
新着ニュース
為替相場  18日(日本時間 3時)
共同通信
米、万国郵便連合を脱退へ=中国が不当に安く配送と批判
時事通信社
最古の化石ではなかった NASA、生命活動とは無関係
共同通信
旅行手配業の中国人逮捕へ 他人カードで宿泊予約容疑
共同通信
強制不妊救済へ、弁護団と初面会 与党ワーキングチーム、25日に
共同通信
【韓国】サムスン電子、スペイン通信分析業者を買収[IT]
NNAアジア経済ニュース
【カンボジア】1~9月の建設認可48億ドル、建設省[建設]
NNAアジア経済ニュース
学校で乱射と爆発、19人死亡=ロシア併合のクリミア
時事通信社
トルコ制裁の解除示唆=米国務長官、牧師釈放受け
時事通信社
サウジ皇太子、容疑者と関係か=トルコ当局が総領事邸捜索-記者殺害疑惑
時事通信社
EUは米国との新たな通商協議にオープン、米国は関心示さず=欧州委員
Reuters
中国経済に下押し圧力、的を絞った措置で成長を安定化=李首相
Reuters
サッカー、ベンゲル氏が復帰意向 日本行きの可能性も示唆
共同通信
ユーロ加盟各国、予算の安定・経済の競争力確保する必要=独首相
Reuters
米国務長官、パナマ・メキシコ訪問へ ベネズエラ政情など巡り協議
Reuters
売買不成立、10万件か=東証システム障害で-大手証券
時事通信社
欧州委員、イタリア予算案はEU財政規律違反との見解=シュピーゲル
Reuters
米国務長官、トルコ大統領と会談 サウジ記者失踪を協議
Reuters