新着Pick
マイクロソフト決算予想上回る、クラウド好調 時価総額1兆ドル突破
Reuters
松村 太郎Forks Inc. / code.ac.jp / castalia.co.jp ジャーナリスト
【ブレない軸でいまもこれからも価値ある企業に成熟】 MicrosoftはかつてはWindowsでインターネット時代を切り開いた最も影響力のある企業でした。コンシューマーからすれば現在はGoogle、Apple、Facebook、Amazonの方が身近かもしれませんし、検索、モバイル、コミュニティ、EC、メディアといった分野をみれば、MicrosoftがGAFAと肩を並べると見ることはできないかもしれません。 しかしGoogle、Amazonにとって、MicrosoftはB2B企業として打ち崩せない強大な力を持っています。世の中がGAFAに沸く2010年代、B2Bにフォーカスした成熟に集中してきたわけです。その上で、コンシューマー向けにも新しいアプローチをいくつも試しており、成功している部分もあります。 例えばSurfaceシリーズ。MacBook AirでMac復権とコンピュータ市場でもトレンドを作り出しかけたAppleを押さえ込み、しかもAppleが得意だった教育市場、クリエイティブ市場まで奪い取りました。またLinkedInの買収で、ビジネス市場の「人の動き」という、Facebookよりも企業が有益と考える情報を押さえるようになりました。 Pepsiからジョブズに口説かれ、ジョブズ不在時大半の期間CEOを務めたジョン・スカリー氏は、昨年Appleが1兆ドル企業になった際、Appleを「いま価値のある企業」として時価総額が1兆ドルを超えたと解説しました。Google、Amazon、Facebookは、「これから価値がある企業」として評価を集めていると分類しています。そこからすれば、Microsoftは、いまもこれからも価値がある企業、と見ることができるでしょう。
191Picks
【1分解説】米上場、株価爆騰。ビデオ会議「ZOOM」を創った男
NewsPicks編集部
洪 由姫NewsPicks 編集部
Zoomの創業者のEric Yuan氏の経緯を学びながら、スライドには載せられなかった点を幾つか紹介します。 彼が中国人としてどうしてエンジニアとして、そしてリーダーとしてシリコンバレーで成功できたのか? (1)好奇心と学び続ける姿勢 彼は社員に「最近どんな本を読んだのか?」よくきくそうです。「私は最近◯◯の本を読んで、こんなことが新たな発見だったんです!」こういう答えが返ってきたら、これは新しいことを学んでいる証拠。そのため彼は、社員が自分のために本を買う、または家族のために本を買う料金を全て立て替えています。 (2)「バンブーシーリング」はない 見えない「ガラスの天井」ならぬ「バンブーシーリング(竹の天井)」がシリコンバレーにあると言われます。これは企業でアジア人が上に登ろうとすると、上にはみえない壁があって登れないことを示しています。しかしYuan氏はその壁はないといいます。シリコンバレーには、正しいもの、価値あるものをちゃんと評価する肥沃な土壌があるのだといいます。必要なのは常にオープンに話をし、信頼を築くことだと語っています。 (3)社員、顧客の幸せを一番に考える 「人生の目的とは幸福を追求することで、永続的な幸福は他人の幸せを生むことで得られる」というYuan氏。会社のミッションに掲げられています。 2018年、ネット求人サービス大手「Glassdoor」 CEOランキングでトップになり99%の従業員の支持率を得たことも彼の信条と行動力を裏付けていると感じました。そして、なんとも家族思いの一面が素晴らしい。バスケットボールが大好きで、子供の試合にも親としてよく顔を出し、そこからZoomで会議をしていることもあるとか。こういった海外勢のハングリー精神、活躍には大いにパワーをもらいます。頑張らねば!
386Picks