新着Pick
【賛否】給料カットに自動解雇。職場を揺さぶる「AI査定」
NewsPicks編集部
豊崎 悟茨城いすゞ自動車株式会社 取締役
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
212Picks
“夢の物質” 炭素素材の製造技術の開発に成功 名古屋大学
NHKニュース
Yamazaki Takahiro大学院工学研究科 特別研究員 (材料科学)
ナノリボンについて本文では雑な説明がなされていますが、従来知られるシート状のグラフェンの幅が数ナノメートルと制御された物質となります。 これは、従来2次元のグラフェンシートを擬1次元の帯(リボン)として扱うことを目的としています。その構造(幅やアスペクト比)を制御することでグラフェンのバンドギャップ制御、つまり、その電気伝導や発光色(吸収される光の波長)を調整できるようになります。 そのため、従来であればLED研究などに見られるような物質探索によるバンドギャップ制御を、グラフェンナノリボンの構造・スケール調整による簡単かつ連続的なバンドギャップ制御に転換できるという革新性を有しています。ボトムアップ法の一つであるこの有機合成に期待される技術が、今回最も良い形で現れたのではないかと思います。 また、個人的興味となりますが、先日グラフェンシートと同じ構造を持ち、その炭素が同族の鉛Pbに置き換えられた「プランベン」が報告されてました。別の物質でも同様な構造を形成できることに驚きです。 https://newspicks.com/news/3894171 この他にも、炭素をシリコンSiに置き換えた「シリセン」、ゲルマニウムGeでできた「ゲルマネン」、スズでできた「スタネン」も過去報告されており、それぞれで優位な物性値が異なります。これらの合成にも本手法が適用できれば、この研究成果の意義がどんどん広がっていくことかと思います。
605Picks