新着Pick
【解説】初のがん遺伝子治療薬「キムリア」の正体
NewsPicks編集部
山田 悠史米国内科専門医
キムリアの承認で、お金の話をされるとしたら、それは木を見て森を見ない議論のようにも感じられます。正確には「見ない」ではなく、情報が不透明で「見えない」のかもしれません。 キムリアが目立つのは、単価が最高額で3000万円を超えたからだと思いますが、国家の経済の話をするのならば、国全体でどのぐらいのお金を使うか、そして、ただ「医療」に使うではなく、誰に何の目的で使うか、を考える必要があります。 現在キムリアを最も必要としているのは、ALLと呼ばれる白血病の一種を罹患した、これまで助けられなかった子供たちです。すなわち主な用途は、子供の命を助けるため、です。 この使徒で使われる金額は、大雑把に約300億円ということになりますが、子供たちはキムリア承認前に手をくわえて見ていただけではなく、様々な治療が行われていたわけですから、これまでも最低数十億円規模のお金が使われていたと思います。この差額が、キムリアで新たに必要なお金です。 一方、ベスポンサやビーリンサイトという薬剤は、これまで全く話題になっていませんが、いずれも同じB-ALLに対して用いられている画期的な治療法です。さらに、キムリアと異なり大人、高齢者にも用いられています。一回あたりの価格が数百万規模なので話題にならなかったのでしょうが、キムリアと異なり、ベスポンサの場合、年間で18回投与する方がいます。これにより総額は5000-6000万円に上り、キムリアを上回りますが、すんなりと承認を受けました。 また、インフルエンザの新規治療薬、ゾフルーザを例に取れば、使用用途は「インフルエンザ患者の熱を1日早く治す」というだけでした。これに用いたお金は追加で100億円程度と試算されます。単価は数千円ですが、対象人口が大きいので、結局のところキムリアの半額程度のお金を使っています。 新規便秘薬、逆流性食道炎治療薬。例をあげたらキリがありませんが、個人レベルでは月額数千円の治療薬も全て、すそ野が広ければ数百億円の支出を生みます。そして、それらは必ずしも命を助ける治療ではありません。 医療経済を語るなら、医療全体を見通した上で、誰に何の目的でどれぐらい使うかを議論した方が良いでしょう。しかし、そのきっかけになるのなら、いまの議論がなんであれよいのかもしれません。
521Picks
新型「MacBook Pro」発表 最大8コア5GHzで動作
ITmedia NEWS
松村 太郎Forks Inc. / code.ac.jp / castalia.co.jp Journalist
【5年+使う前提で選んでみると…】 MacBook Pro、2012年の15インチモデルを2016年の13インチモデルに買い換えましたが、その2012年モデルも不具合なく動作するという、脅威のロングライフを実現しています。ハードディスク、光学ドライブといった部品を配して、後はキーボードの耐久性が勝負、というところになってきました。 そのキーボードはバタフライキーボードに変更されて不具合が出やすいことが統計的に現れていますが、今回も素材とメカニズムの変更があったとのことで、改良が続いているようです。 仕事道具としてみたとき、パソコンは今やっている用途が快適に動くことが前提になります。Macの場合、macOSはアップデートごとに軽快に動くようになっているため、やることや扱うデータ量が大きく変わらなければ、何年たっても当初のパフォーマンス(もしくはそれ以上)を発揮してくれて、アップデートの必要性を感じにくくなっているのは事実だと思います。 例えばビデオの場合、フルHDから4K、8K、あるいはVRへとデータが大きくなっていくため、よりハイパフォーマンスのマシンへの乗り換えが必要になります。コア数の増加やメモリ搭載量の増加は魅力と言えます。そうではない人は、全部入りも必要ないし、なんらかの不具合が出たり、気分を変えたい、という目的でなければ、今回のマイナーチェンジのモデルはスルーで良いのではないでしょうか。 #アップルノート のこちらの記事で触れていますが、Macの近い将来の姿は、比較的容易に想像することができます。いくつかの主要機能が刷新されることが期待できますので、安定稼働の実務マシンを刷新するのでなければ、今年いっぱいは待ってみても良いのではないでしょうか。 https://applenote.me/n/n7da9778ba17e
504Picks
TikTokの運営会社ByteDanceがサブスクリプション型音楽ストリーミングサービスに参入へ
BLOGOS - 最新記事
遠藤 哲也TXCOM Producer
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
181Picks
日本酒作りに応援資金を出す人が急増した理由
東洋経済オンライン
田中 慎一(株)インテグリティ 財務戦略アドバイザー/代表取締役
クラウドファンディングを単なる「ファンサイト」「応援プロジェクト」と理解すると、その本質を見誤ります。これは従来のスタートアップの常識をひっくり返すほどのインパクトがあります。 何らかのプロダクトをつくるスタートアップの場合、原材料を仕入れたり、製造の外注をしたりする必要がありますが、業者も生まれたてホヤホヤ、信用力のないスタートアップ企業からの発注なんて受けたくありません。 クラウドファンディングは、この古い常識を根底から覆してくれます。 2015年、アメリカのBAUBAXが25もの機能を有するトラベルジャケットを制作するプロジェクトをクラウドファンディングにアップしたところ、なんと1,100万ドルもの資金が集まりました。 こうなると、スタートアップと業者の立場が完全に逆転します。業者のほうから「是非ウチに発注してください」と拝み倒しに来るわけです。 また、若い企業に融資したい地方銀行も貸したい気持ちは山々でも、いかんせんスタートアップ企業のクレジットリスクを評価するノウハウがありません。 そんなとき、クラウドファンディングでファンをつかんだプロジェクトを成約させれば、銀行も実需を目の前に確認することができます。海の物とも山の物ともつかぬ怪しい会社じゃなくなるわけです。 銀行はクラウドファンディングを活用することで新たな融資機会を開拓できることになります。 このテーマは、私が担当しているNewsPicksアカデミア春学期ゼミ「コーポレートファイナンス入門」の第5回(6月6日)で取り扱います。 また、この記事に登場するWAKAZEの方もゼミに参加されていらっしゃるので、そのあたりのお話をしてくれるのでは!と期待しています♪
199Picks