新着Pick
コロナワクチン接種「同意」日本は69%…副作用に懸念
読売新聞
堀向 健太東京慈恵会医科大学葛飾医療センター 小児科医・アレルギー科医
予防接種の目的は2つあります。 ひとつめは、感染をする前にその病原体に対する免疫をつくり、備えるということです。当然ですよね。罹ってから予防接種をしても遅いといえます。 ふたつめは、集団免疫(herd immunity)です。 感染症は、それぞれ広がりやすさを示す『基本再生算数』があります。 たとえば基本再生算数が5であれば、ある方が罹った場合には治るまでに5人にうつすと考えればわかりやすいでしょう。 季節性インフルエンザが、1.28、やはりインフルエンザであるスペイン風邪(1918年)が1.8、新型コロナウイルス感染症が平均3.28です。 ▷BMC Infect Dis 2014; 14:480. いわゆる3密をさけ、マスクや手洗いをすることで基本再生算数を下げ、実効再生算数を1未満にすることを目標にしてきたことになり、いままで一時それを達成した時期もあったのです。しかし、新型コロナインフルエンザよりもずっと高い基本再生算数を持つために1未満に維持することが難しいのです。 予防接種は、その集団の免疫をあげて集団免疫を作り、実行再生算数を1未満にし、感染を抑え込む原動力になります。 新型コロナに対するワクチン接種率が低ければ、最終的には抑え込むことが難しくなるかもしれません。 しかし、予防接種に対する安全性を心配する向きがあることも理解できます。 当然ですよね。特に今回のワクチンは新規の方法で作られています。 とはいえ、すでに数万人が接種されており、今後安全性はさらに明らかになってくると思います。日本で接種可能になる頃にはさらに多くの方のデータが蓄積されているでしょう。動向に注目したいですね。 そして、新型コロナによる後遺症の実態も明らかになってきています。 やみくもに恐れる必要はないですが、若いから感染しても大丈夫とも言えません。 これらを考えながら、今後選択する必要性があるでしょう。 ▷日本からの新型コロナ後遺症の報告 約2割が発症約1~4ヶ月後に脱毛の症状も https://news.yahoo.co.jp/byline/kutsunasatoshi/20201024-00204411/
186Picks