Picks
23フォロー
2693フォロワー
サッカー選手“引退後”の現実とは イングランドでは40%が4年以内に破産、3分の1が1年以内に離婚
Number Web|選りすぐりの総合スポーツコラム
田中ウルヴェ 京メンタルトレーニング指導士/IOCマーケティング委員/IOC認定キャリアトレーナー
1980年代からトップアスリートの引退後のキャリアについての研究は盛んになり、その研究のエビデンスに基づいた支援プログラムが各国の文化背景に合わせて立ち上がっています。 日本においても2001年からもともとはJリーグがセカンドキャリアプロジェクトを始め、その後、日本オリンピック委員会がセカンドキャリアプロジェクトを始め、少しずつ様々な支援体制が出来上がり、ようやく20年が経とうとしています。 大事な点は、エビデンスに基づいた支援フレームワークを設計することです。特に、アスリートのキャリアに関する概念モデルは最新のsystematic reviewが研究で出ていますので、それに基づいてその国々のスポーツ組織とアスリートのニーズに合わせていくことが大事であると考えます。 そうでなければ反証性も汎用性も難しくなります。 諸外国とのディスカッションにも何の理論をベースにしているのか、なぜその理論を用いた支援プログラムなのか、国内の特徴は何かを提示していくことが重要と考えます。 20年近くセカンドキャリアに関する実践を「アスリートのキャリアトランジションモデル」に合わせて行ってきましたが、国内でのニーズに合わせた概念モデルが改めて必要と感じます。 ここの部分は自分の博士論文の根幹ですので、しっかりとまとめていきたいと思っています。 このように様々な支援種類における課題についての記事が日本語で出ていく事は本当に貴重です。
175Picks
川淵氏「疲れ切った」とツイート 後任会長選びの騒動で
共同通信
田中ウルヴェ 京メンタルトレーニング指導士/IOCマーケティング委員/IOC認定キャリアトレーナー
次期会長は「若い方が」「女の人が」という発言も、森氏の発言と根本的に同様であることは常に発信していきたいです。 ステレオタイプ発言が問題だったはずです。 「女性蔑視」というよりも「女はこうだ」という客観的根拠に欠けた発言です。 女性蔑視のつもりはないと森氏もおっしゃっておられました。 その時のコメントに、「私はいつも女性はたたえている」と表現がありました。 その通りなのだと思います。 しかしこれもステレオタイプな発言です。 例えば、「私は人種差別はしない、なぜならアジア人のこともたたえている」とアジア人でない人に言われたらどうでしょう。これはステレオタイプな発言です。 森氏は、同時に辞任表明のコメントで、「老害と言われると不愉快だ」というようなご発言もあったはずです。 老害という言葉に不快感をお感じいただけたのであれば、「女はこうだ」という大きな括りの発言の弊害もお気づきになっていただけたのではないでしょうか。 その意味で、「若くて女性」ではなく、会長のジョブディスクリプションに照らし、能力を満たす人材を選考するだけです。もちろんその人材が若くて女性である可能性もあります。 その能力に満たすのであれば、老若男女どなたであっても適任者だという根拠を示すことが重要です。 同時に、今後約半年間の中での大規模で困難な課題を考えると、これまでのジョブディスクリプションを書き換える必要もあるかもしれません。 最後に、ステレオタイプな発言をしてはいけないのではなく、常に我々はステレオタイプな括りで発想してしまうということに気づくことが大事と考えます。 多様性という言葉が重要視されることも、これは日本に限らず世界中で常にステレオタイプによる弊害があるからではないでしょうか。
268Picks
NORMAL