Picks
199フォロー
62フォロワー
「成功するEC」と「失敗するEC」 それを分け隔てる要因とは
“生活者データ・ドリブン”マーケティング通信
深谷 泰亮たしかにプラス株式会社 代表/集患戦略家
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
115Picks
【風雲】ラグジュアリー・ブランドのEC大戦争が始まる
NewsPicks編集部
深谷 泰亮たしかにプラス株式会社 代表/集患戦略家
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
324Picks
【独占】LINEヘルスケアは、なぜ「炎上」したのか
NewsPicks編集部
深谷 泰亮たしかにプラス株式会社 代表/集患戦略家
Lineヘルスケアは、ことさら医療行為ではなく、あくまで「健康相談」であると強調していますが、プライバシーを理由に相談内容を機械による確認しかしていないのに、相談内容が医療行為に言及していないと断言することはできるのでしょうか? 実際、ユーザー側としては、医師に有料(今は無料ですが)で相談しようという段階で、ある程度医学的判断を期待してしまうことは十分に考えられます。 ちなみに、厚生労働省で実施された「第8回オンライン診療の適切な実施に関する指針の見直しに関する検討会」にて、経済産業省大臣官房参事官は次のように述べており、Lineヘルスケアの今後のオンライン診療の可能性を否定しています。 「遠隔健康医療相談で経産省が今回LINEヘルスケアとMediplatさんと始める事業と今日御議論いただいているようなものが中途半端に絡むような形になると、逆に分かりにくいのかなと我々は考えています。今回の経産省の事業というのはチャットだけです。したがって、オンライン受診勧奨もできない。そこは明確に切り分けて別々にやるのだという形にしたほうが、国民にも医療機関の現場にもいいのかなと経産省としては考えてございます。」 https://www.mhlw.go.jp/content/000620331.pdf の27ページ下部 今は無料だから相談するのもわかりますが、本名も所属も明かさない医師(本当に医師かどうかもわからない)に、医学的判断を伴わない健康相談で30分2000円を払う人がいるのでしょうか? 医師にとっては安すぎるし、ユーザーにとっても安くないこのサービスを運営することに、どんなメリットがあるのか?是非NewsPicksさんにその真意を確認して頂きたいです。
526Picks
NORMAL