Picks
17フォロー
621フォロワー
【就活】ジョブ型の波に、どうついていく? コロナで変わる、長期インターンの最前線
JobPicks(ジョブピックス) | みんなでつくる仕事図鑑
Sugibuchi Tsuyoshi保険会社(フランス) Data engineer team leader・道産子
「バリュー」「スキル」「キャリア」といった単語が並び、就職のツール・競争の新たなステージとしての長期インターンばかりが前面に出たこのインタビューには正直大変な違和感を感じました。 私個人は長期インターン制度が大学に組み込まれており、新卒市場が存在せず若い世代の失業率が高いフランスで長期インターンの学生を研究所・スタートアップ・大手企業で預かった経験があります。 インターンを受け入れる側に賃金の安い即戦力の確保や人材のマッチングといった目的もある事は否定しません。ただインターンの学生を預かる現場の人間として最終的な根っこは、やはり教育です。 このインタビューに感じた違和感は、この教育という視点の欠如に他なりません。 長期インターンは教育制度の一つであるというのがまず大前提で、その上で如何に教育内容の質と効果を担保していくのかという仕組み面での議論無しに長期インターンが流行として煽られることに大変な危惧を抱きます。 またそうした制度面が十分には整っていない現状でありながら、ただ学生に対して複数企業での長期インターンにスキマ時間での参加を求める呼びかけには正直どうなんだろうと考えてしまいます。 制度面では受け入れ企業の体制に加えて、それ以上に大学のコミットメントが不可欠です。学業に無理ない長期インターン参加を可能とするカリキュラム面での調整はもちろん、大学が学生と企業の間に立ってインターンシップの質を担保し立場の弱い学生を守る体勢が必要です。これが無いと長期インターンは安価なやりがい搾取の手段へと簡単に転落してしまうはずです。 フランスのインターン制度にも問題はありますが、大学からのインターン学生の受け入れ時には基本的に大学とも契約を交わします。インターン期間の最後には大学に出向いて学生の口頭発表と試問に参加し大学教授との評価会議への出席も必要など、日本で卒論の学生を預かって指導する程度の負担と責任が企業側には求められます。 正直大変ですが、教育として学生の時間を預かる以上当然の事だと思います。長期インターン自体は今後日本でも重要となる仕組みだと考えますが、教育という目的を見落とすことなく制度として定着することを望みます。
143Picks
【保存版】意外と知らないPDF「超」活用、9つのテクニック
Sugibuchi Tsuyoshi保険会社(フランス) Data engineer team leader・道産子
PDFで紙離れとありますが、実際のところPDFはWord等のフォーマットと紙の中間的な立ち位置で、注意して使わないと紙の不便さをデジタルに持ち込むことになります。 例えばPDFを使った校正は注釈内容を元に元原稿を直接編集する手段が極めて制限されるので実際のところあまり便利では無いです。検索が出来る程度で注釈内容の再利用性が紙の原稿にペンで注を入れたのと大差ないんですね。 校正やレビューにはWord等の校正機能や(編集履歴も残る)、Office365やG Suiteの共有編集の方が遙かに適切です。PDFを使った校正は印刷出力の厳密なレイアウト確認が必要な場合などに限るべきです。 あと商売なのは理解出来るのですが、ユーザーとしては無料版で出来る操作=誰でも出来る操作と想定して利用します。この点でAcrobat DCの制限は厳しすぎて共同作業のフォーマットとしてはホント使えない。 編集のしにくさとも相まって用途としては作業結果の配布に限られると思います。 Macだと標準で搭載されているPreviewの使い勝手が良くてAcrobat DCの出番は殆ど無いですね。Acrobat DCと異なりUIがクリーンですし、ページの並べ替えや差し替えなども簡単です。
4725Picks
「ウーバー運転手は従業員」 英最高裁が判断
AFP
Sugibuchi Tsuyoshi保険会社(フランス) Data engineer team leader・道産子
これ突然降ってわいた判決では無く、5年以上に渡ってロンドンで続いていた裁判の最終審です。 2016年の初審では、ギグエコノミーの用語や理屈をこねくり回して雇用関係を否定するUberに対して、裁判所はUberの当時の地域マネージャー(女性)の名を名指しして「ご婦人は言葉が多すぎるように思われる」というハムレットの一節を引用する大変皮肉の効いた判決を下しています。他にも 「Uberはドライバーのビジネスの成長を「支援する」というが、実際のところビジネスが伸びたとすればそれは単に長時間クルマを転がしただけの話である」 「Uberは3万のスモールビジネスがプラットフォームで結びついたモザイクとする見方は馬鹿げている」 「Uberはドライバーの「ために」働いていると見なすのは現実的ではない。唯一のまともな解釈は、その逆である」 英国人(苦笑) https://www.theguardian.com/technology/2016/oct/28/uber-tribunal-judges-fictions-twisted-language-appeal 今回の判決はUberのドライバーは有給休暇と最低賃金の権利を享受出来る従業員とするもので、Uberはこれ以上の控訴は出来ません。今回の判決で英国最高裁は「労働者の基本的な保護を回避することを目的とした契約を結ぼうといういかなる試みも無効である」と述べています。 https://www.theguardian.com/technology/2021/feb/19/uber-drivers-workers-uk-supreme-court-rules-rights 個人的に今回の判決に関してはカリフォルニアでの規制を巡るforbesの次の記事の意見に同意します。 「私がたとえ自分から奴隷となって働きたいと言ったとしても、幸運にも法律がそれを許さないのだ」 https://newspicks.com/news/4212273
450Picks
ターゲットはミレニアル&Z世代、「みんなの銀行」は若年層を取り込めるか
ニュースイッチ
世界のコロナ新規感染者数、この1か月でほぼ半減 AFP統計
www.afpbb.com
Sugibuchi Tsuyoshi保険会社(フランス) Data engineer team leader・道産子
何度か貼っていますが、欧州の幾つかの国の100万人辺りの新規感染確認数のグラフです。 https://ourworldindata.org/coronavirus-data-explorer?zoomToSelection=true&time=2020-08-01..latest&country=GBR~DEU~ESP~ITA~IRL~FRA&region=World&casesMetric=true&interval=smoothed&perCapita=true&smoothing=7&pickerMetric=total_cases&pickerSort=desc 英国とアイルランドのピークが凄い。一方でスペインも含めこれらの国での人口当たりの新規感染者数は明らかに下降トレンドが続く一方で、11月にガツンと抑え込むもその後はダラダラと微増が続いたフランスが今では上位に。お~い。 ただフランスのロックダウンは比較的緩かったんですよね。飲食店はテイクアウト以外完全営業停止でしたがその他の買い物は普通に出来ましたし先週は散髪にも行きました。冬の特売シーズンが終わってから大型ショッピングモールの閉鎖に踏み切りましたが今後はどうなるか。 また米国での新規感染者数の推移、バイデン大統領指名後に下降トレンドが続いているのは単にタイミングの偶然だと思いますが、継続するこの下降トレンドを好機として本格的に感染を押さえ込めるのかバイデン政権の手腕が問われていると思います。 https://ourworldindata.org/coronavirus-data-explorer?zoomToSelection=true&time=2020-03-01..latest&country=~USA&region=World&casesMetric=true&interval=smoothed&perCapita=true&smoothing=7&pickerMetric=new_cases&pickerSort=desc 世界全体での新規感染者数の減少はこうした報告数上位国の下降トレンドが積み重なった結果ですが、ピークや下降のタイミングは国毎に様々ですので全体的な結論に飛びつく前にまずは個別の国の事情を見ていくべきだと思います。
145Picks
NORMAL