Picks
21フォロー
9フォロワー
須藤憲司と考える、購買データを活用した「あたらしい広告体験」
佐竹 崇司ヤフー株式会社
ECと広告の領域を経験してきた自分としては非常にしっくりくる帰結だと思います。 デジタル広告の良い所はトラッキングの正しさとリーチの正確さだと思いますが、それを担保するには精緻なデータが必要となります。 昨今、ターゲティング配信が進化して市場が拡大していく中で、その質に競争の軸がシフトするなかで、当たり前ですがデジタル世界だけでは欠損するデータが出てくる。EC化率は日本では7%程度なので、大半はオフラインで発生するトランザクションなので、必然的にそこを取らないと質はあがらない。 その中枢のデータを持つのはやはり日用品をカバーするスーパーやコンビニ、ドラックストアになるのでしょう。そこをどうやって取りに行くか?システム面やビジネス面で難しいポイントは多くでるでしょうけど、そこを超えたところにブレークスルーがあると思います。(POS連携とか典型的な問題ですね) ところで、データ分析がいきすぎ、適切すぎると「気持ち悪い」感覚にユーザーがなるという指摘があります。もちろん、間違いない感情でしょうが、その 反面、昔、Facebookのアルゴリズムが変更されて、「知りあいかも」でレコメンドされた人が、小学校の同級生やら、少し仕事で関係を持った人だったり、どうやって推測したんだろう?と気持ち悪い感じを受けましたが、いまとなっては、むしろ次はだれをレコメンドしてくれるんだ?と楽しみにすらなってます。 結局は、それが価値提供に繋がるならユーザーは受け入れるし、それがむしろ差別化にすらなると信じております。そういう気持ち悪いモノを心地よいモノに変えていくこともディスラプターには求められる要素だと思っています。
700Picks
シナジーか、パフォーマンスか。「成功するCVCの条件」とは
中国版“食べログ✕Uber Eats”「美団 」に見るデリバリーの未来
NewsPicks Brand Design
佐竹 崇司ヤフー株式会社
世界的にもおおよそレストラン予約サービスとデリバリーサービスというのは存在していると思います。アメリカで言えば、Yelpだったり。 日本で言えば、食べログと出前館とかなんでしょう。 配送のインフラサービスとレストラン検索・予約サービスは確かに親和性が高そうだし、座組としては納得感もあります。 ところで、記事にもあるように 「中国では元々、オフィスでのランチに出前を取るのは日常的で、デリバリーサービスのアプリが普及し、Uber Eatsのようにオンデマンドで配送していた。」 という、文化的な背景があります。 特に他国、特に中国からサービスを導入する場合、これらの背景のGAPを考慮しないといけません。。が、そこにフォーカスを当てるとなかなかサービスを立ち上げられないというジレンマにはまりますよね。その点、あるあるですが、事業計画を作り始めると、ローカライズされない中での数字合わせで矛盾が生じ、結局鉛筆なめなめになるという経験は多々あるきがします。 話ズレましたが、自動運転で配送インフラを整えるのはすでに市場にあり、それの効率化/クオリティ向上フォーズのためであり、結局トップランナーがTake Allな市場な気がします。 そう考えると、マーケットが未熟であっても、先進的な技術開発には積極的に投資しないとシェアを覆すのは難しそうだなと感じざるをえないです。
193Picks
【ガチ取材】今、フードデリバリーの「300億円祭り」が始まる
NewsPicks編集部
佐竹 崇司ヤフー株式会社
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
575Picks
ドコモ、携帯料金下げへ 廉価ブランドも導入
日本経済新聞
佐竹 崇司ヤフー株式会社
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
502Picks
【42.5歳の壁】仕事ができる人ほど危険な“キャリアの罠”
佐竹 崇司ヤフー株式会社
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1551Picks
【SPEEDA総研】ぐるなびvs食べログ~グルメサイトの成長可能性をみる
佐竹 崇司ヤフー株式会社
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
875Picks
NORMAL