Picks
89フォロー
1113フォロワー
【3分解説】アップルはなぜ、「自動車事業」に乗り出すのか
NewsPicks編集部
Temma Abeカリフォルニア大学バークレー校 経営大学院修士課程 (MBA)
確かに既に巨大なアップルが成長ストーリーを示すためには、巨大な自動車産業を狙うのは分かるし、既存のプレイヤーには無いアップルが提供出来る価値もある気はしますが、何が狙いなのか、まだ良く分からないですね。現時点では、プライバシーや既存プロダクトとの親和性に鑑みて、自動車よりもヘルスケアの方がアップルのターゲット市場としてはしっくりきます。 ・いくらアップルブランドと言えど、中身は既存のメーカーが作って表面だけアップルにした車を、プレミアム価格で買いたい人がたくさんいるとは思えない。(既にテスラなどのブランドもひしめく中で) ・業界のゲームチェンジが起こる時に、独自の強みをもっているプレイヤーが新規参入するのは有効そうだが、少なくとも自動運転のソフトウェアにおいて、技術開発では今の所アップルに勝ち目はなさそう。 ・一方、良く言われているのが、「自動運転車が普及した際に生じる、車内で体験する時間を取りに行く」という話は、あるのかもしれません。これまでにもiPhoneを中心にしたプロダクトで消費者のアクティビティの大部分を占有してきているアップルとしては、新たに「人がヒマを持て余す時間」を無視出来ない。 ・とはいえ、車内のアクティビティにそんなにバラエティがあるのかは良く分からない。個人的には、自動運転もいらないし運転しながらPodcast聞いていれば十分に満足できる。自動運転中でiPhoneやiPadでは実現出来ない体験とは何か。「安全性に配慮しないといけない」とか「酔わない」とかいう制限もあるなかで、新たなお金を産むような市場になり得るのか。 もしかすると思いもしない様な狙いがあるのかもしれませんし、実際のプロダクトを見てみないと分からないですが。
975Picks
【内幕】エリート集団、商社マンの「栄光と苦悩」
NewsPicks編集部
【週末に学ぶ】事業再生だけではない。PE投資の「7つの型」
NewsPicks編集部
Temma Abeカリフォルニア大学バークレー校 経営大学院修士課程 (MBA)
思っていた典型的なPEのディールとは異なる事例が紹介されていて面白かったですし、個人的にはPEは社会に必要な存在だと思いますが、競合・代替手段は何があるのかという点に興味があります。 日本では特に総合商社という、ヒト・モノ・カネ・カンガエを一社にして提供出来る(少なくともそう標榜している)組織がありますし、昨今人員やサービスを拡大しているコンサルティング会社も「カネ」以外の部分は補うことが出来そうです。また、PEからの資金に頼らなくても、事業会社が銀行からの借入でレバレッジをかけた買収という手段もあると思います。 とすると、PEという組織に特殊性・強みが必要になると思いますが、究極的には何になるんでしょうか。詳しくないですが、インセンティブ構造(ガバナンス)にあるという認識です。コンサルティングは「プロジェクトの人数×単価を増やす」、総合商社は「長期保有により配当やシナジーで利益をあげる」、銀行は「融資利息を確実に回収する」が基本だと思います。一方、PEは限られた期間内に投資先を見つけ、価値を高めて、高値で売却することでリターンを得るビジネスであり、投資先のバリューアップのためにはしがらみや制限なく何でもする。 LPに投資リターンを継続的に還元出来ないとファームの継続が難しくなるプレッシャーと、投資先企業の業績とプロジェクトメンバーの報酬が大きく連動することが、他の組織との大きなインセンティブの違いかと思います。
728Picks
【論考】シェアリングエコノミーの「信頼」をどう作るか
NewsPicks編集部
Temma Abeカリフォルニア大学バークレー校 経営大学院修士課程 (MBA)
ここで使われている「シェアリングエコノミー」が色んなものを含み過ぎていて、一緒くたにトレンドを語るのは難しい気がします。Airbnb・UberEats・キッズラインではビジネスモデルが全く異なる。 個人的には、「コロナ禍は非接触の文化を促進するので、物理的な空間や物を他人と共有するビジネスにとっては向かい風であるが、厳しい業界の中でも一部のビジネスモデルは成功している」という認識です。Airbnbが復活したのは、旅行・宿泊業界が壊滅的な中で、都市に限らず人の少ないエリアにも宿泊場所を大規模に提供出来る唯一のプレイヤーだったからだと思います。シェアリングエコノミーだからどう、という話ではなく。 確かにプラットフォーマーの目的は「トランザクションを増やすこと」、供給サイドの目的は「お金を稼ぐこと」という意味では共通していると思いますが、需要サイド(消費者)が得る提供価値は、それぞれのサービスで大きく異なります。例えば、安い労働力・緊急時の労働力・田舎での宿泊体験・密を避けた外出・安い移動手段・急ぎの移動手段 などが挙げられます。なので、トレンド分析はそれぞれの領域毎に行う必要があると思います。
368Picks
【解説】いまさら聞けない「ゲームストップ騒動」のすべて
NewsPicks編集部
Temma Abeカリフォルニア大学バークレー校 経営大学院修士課程 (MBA)
『株としてのゲームストップ』は他の方が語られているので、この話題においてすっかり抜け落ちている『企業としてのゲームストップ』の観点でコメントします。「ゲームストップ株を買い支えよう」という個人投資家の行為は、実は迷惑であったのではないかと思います。 今回の騒動において、企業としてのゲームストップが得をする手段としては、「株価が高騰した段階で新株発行をすることで資金調達をすること」が考えられますが、その様な事実は無いという認識です。企業のコントロールの及ばない所で株式が乱高下しただけで、むしろ企業の資金調達計画に悪影響を及ぼしたのではないでしょうか。 また、株価が低迷している時には、他の企業に買収されることで生き延びるという選択肢もあったかもしれませんが、もうこれだけ世間を騒がせた株に手を出そうとする企業はおそらくいないでしょう。経営者の選択肢が狭められた形です。 記事にもある通り、騒動に発展する前には、著名なオンラインスタートアップの起業家を経営陣に取り込み、「実店舗中心のゲームストップがオンラインに舵をきることで復活するかもしれない」という期待で長年低迷していた株価が微増していました。その期待が、個人投資家の熱狂とヘッジファンドへの憎悪によって増幅されてしまった形です。 「地獄への道は善意で舗装されている」ケースの一例のように思います。 (追記) ある意味、ゲームストップという名前を世界中に知らしめるプロモーションにはなりましたが、事業としてグローバル市場に出ていく訳でも無いので、特段のプラスになったとは思えません。
690Picks
【新】謎のプロ集団「PEファンド」とは何か
NewsPicks編集部
Temma Abeカリフォルニア大学バークレー校 経営大学院修士課程 (MBA)
多くの人にとっては関係の無いPEに興味を持たせるためのキャッチフレーズとして、「年金の投資先」というのは効果的ですね。ただ米系PEが存在感を誇る日本市場においても、それが成り立つのかは気になる所です。GPIFはカーライルやKKRに投資しているんでしょうか。 存在感が高まってきているとはいえ、アメリカと比べればまだまだ成長の余地はあると思いますが、今後も拡大路線なんでしょうか。もしくは日本市場の特殊性が障壁になっている部分はあるんでしょうか。例えば、PEと一部競合している投資家としての総合商社が、傘下に多くの中堅企業を抱えていることなどは影響しているんでしょうか。 また、最近日本でも聞く様になり、欧米MBA界隈でも流行っているサーチファンドなども特集で取り上げられると全体感が出るかな、という期待です。 個人的には、良く聞くPE案件の事例として外食産業がやたら多いなという印象なのですが、どんな背景があるのか興味があります。オペレーション改善で短期的に利益を出し易いからでしょうか。 あとは、PEと言えばバイアウトで事業の立て直して高く売る、というのが基本モデルだと思いますが、世の中のグロース投資全盛は無視出来ず、VCに並んでレイターステージの資金供給者にもなっているファームがほとんどだと思います。それぞれ担当している人材は全く別なんでしょうか。バイアウトとVCに親和性は無いという印象ですが、どこから人を採用しているんでしょうか。
1031Picks
【図解】Z世代が熱狂する「オカシオ=コルテス」とは何者か?
NewsPicks編集部
Temma Abeカリフォルニア大学バークレー校 経営大学院修士課程 (MBA)
個人的には好きなタイプの政治家では無いですが、確かに影響力はすごい。ただ、一点確実に間違っていると思うのは、「大学の無償化」です。これは本質的な問題の解決にはならないし、むしろ問題を悪化させる可能性がある。 ・そもそも、彼女が救いたいと思っている、アメリカの恵まれない子供達は、まともに小中高にも通えていないので、コストが下がった所で大学に通える訳ではない。解決すべきは大学以前において良質な教育を受けられる子供達の数を増やすこと。 ・学費無償化によって、アメリカ人の大半が大学に通うことになれば、大卒のプレミアムは無くなる。それは、貧困家庭から這い上がる一つの手段である、「高学歴を獲得する」という手段の効果を弱めてしまう。そもそも今でも優秀なマイノリティ層には奨学金を用意する学校は多い。根本の問題は、大学に通える学力を備えた子供の数を増やす為の小中高教育を提供すること。 ・公立大学を無償化にしたところで、私立大学は金を稼ぎ続ける訳で、公立と私立で教育サービスの格差を生む可能性がある。今ギリギリの財源で頑張っている公立大学(UC Berkeley含む)の質を下げる可能性がある。そうすると金持ちは私立に流れ、そうでない人は質の下がった公立に、という流れを生むかもしれない。 ※なお、私はアメリカ人では無いですが、超インフレしたアメリカの学費による借金を背負っています。ここまで高額の学費を払う意味はあるのかは微妙な問題ですが、アメリカでの経歴・人脈の無い外国人がアメリカの大学に通うメリットはいまだに大きいと思います。
1374Picks
【完全解説】なぜ、世界はこんなにも「不平等」なのか?
NewsPicks編集部
Temma Abeカリフォルニア大学バークレー校 経営大学院修士課程 (MBA)
複雑な問題なので、断言できることは少ないですが、個人的には「相続税は出来る限り引き上る」べきだと思います。親が金持ちだったというだけで子孫も得をし続けるべき理由はない。それに相続が無くても生前に得られる教育を初めとした経験で十分に得をしている。 一方で、「所得税は引き下げる」べきだと思います。(中にはいるであろう)自らの努力で高収入を勝ち取った人に多額の所得税をかけるのはインセンティブ設計として良くない。それに格差の解消を目的とするのであれば、課税すべきは労働ではなくキャピタルゲイン。 ただいくらこれが合理的であったとしても、この法案を通すことは難しい。賛成する勢力は多数いても世の中に分散してしまう一方で、反対する勢力は少数でも特定の集団に限定される。なので、反対勢力はロビイングをし易い。そして、そもそも法案を審議する政治家自身にデメリットをもたらす話なので、取り上げられにくい。 経済成長が停滞し、「富の蓄積」では無く「富の奪い合い」のゲームになった先進国では、「富裕層」vs「その他」、「老人」vs「若者」、「都市」vs「地方」という構造的な対立が強くなります。高度経済成長の夢を見せることは出来ないとすれば、青臭い感じですが、ビジョン・ストーリーを語れるリーダーが新しい世界に導くことしか無いと思います。それが危うい方向に進みうる兆候が出ているのが現在であるという認識です。
4309Picks
【直撃】僕らの社会は、SNSや検索エンジンより複雑だ
NewsPicks編集部
Temma Abeカリフォルニア大学バークレー校 経営大学院修士課程 (MBA)
パランティアの企業価値を正当化するのは、記事中に出てくる「スケールするのか?」という質問に尽きると個人的には思います。創業以来17年間、売上は成長しているものの一度も黒字になったことが無い企業に5兆円以上の時価総額をつけるストーリーは何か。 ・これまで軍事中心だったが、データを扱う全ての産業・企業がターゲットになる(=刈り取れる市場規模は巨大) ・17年間かけて開発・洗練させてきた、データマネジメントの仕組みは他社には真似出来ない(=売れるし、継続購入される) ・その仕組みを各企業に導入し、運営するプロセスは、人力を必要とせず、大部分が自動化されている(=費用を積み上げずに売上を伸ばせる) パランティアの実態は私は知らないので判断出来ませんが、もしこれらが事実だとすれば、大量の人員をプロジェクトに投入することで儲けるモデルのIT企業やコンサルティング会社にとっては脅威になります。パランティアが本当にスケールするビジネスモデルになっているのであれば、同様のデータプロジェクトに従事している人員の多くが不要になる。だとすれば相当なインパクトだと思われますが、その真偽はいかに。注目です。 [参考] ・Accenture:時価総額16兆円 / 売上4兆円 = 4倍 ・Salesforce:時価総額20兆円 / 売上2兆円=10倍 ・Palantir:時価総額6兆円 / 売上0.1兆円 = 60倍 ・Snowflake:時価総額8兆円 / 売上0.03兆円=300倍
1275Picks
Clubhouseを最初に使った日本人起業家に聞く「初期の熱狂」と「日本で流行るまで」
クーリエ・ジャポン
Temma Abeカリフォルニア大学バークレー校 経営大学院修士課程 (MBA)
個人的には全く使う気はしないものの、色んなユースケースは想像できます。が、ビジネスとして機能するかはかなり懐疑的です。今は投資家がお金を払って、ユーザーに無料サービスを提供しているという状態。 [理由] 一番の長所かつ短所なのは、「予測出来ないランダムな体験」を価値としていることだと思います。多くの暇な時間を使えるユーザーならともかく、clubhouseでの体験はボラティリティ(振れ幅)が大きい。無料で暇つぶしなら分かりますが、お金を払ってサービスを購入するイメージがつかない。例えば、Netflixでも見る作品による振れ幅はありますが、中身や評価はある程度想像したり事前に入手したり出来るし、自分が見たい作品を好きなタイミングで見れる。 同じ様に発信者側としても、基本的にはライブで発信し続けなければならない訳で、youtubeやブログの様に、一度作った作品が繰り返しユーザーを稼いでくれる訳ではない。スケールしない。一度のライブで圧倒的な数の視聴者を稼げる超インフルエンサー位しか稼げない。となると、そのインフルエンサーにとってもClubhouseで(だけで)発信するメリットが良く分からない。 事前にコンテンツやアジェンダが設定されないので、広告も出しにくい。ラジオやPodcastの様に番組中に広告を差し込むオペレーションも難しい。Clubhouseが番組化し始めたら、ラジオやPodcastと何が違うのという話になってしまう。 結局、ランダム性・予測不可能性の高い体験に対して、合理的にお金を払ってもらうことは難しいということかと思います。投げ銭はあると思いますが、そうなると超インフルエンサーが結局勝つだけだろうなという印象です。 [代替案] ニッチですが、社内コミュニケーション向けのB2B SaaSとかどうでしょうか。人々がこれだけランダムの出会い・コミュニケーションに飢えている中で、Clubhouseはたばこ部屋の代わりにもなるし、他部署の人とのランチ会話にも使えるし、経営陣が従業員と交流するツールになる。個人がお金を払うハードルは高いが、企業が社内ツールとしてサブスクリプションを払う、という仮説です。もうそういうプロダクトは既にありそうですが。このめちゃ金のかかる壮大な社会実験が示してくれた仮説を基に、類似製品が出てくると予想します。
617Picks
【完全解説】ゼロから分かる、新世代のSNS「クラブハウス」が凄い
NewsPicks編集部
Temma Abeカリフォルニア大学バークレー校 経営大学院修士課程 (MBA)
個人的には全く使う気はしないものの、ユーザーとしての面白さは想像できます。が、ビジネスとして機能するかはかなり懐疑的です。今は投資家がお金を払って、ユーザーに無料サービスを提供しているという状態。 [理由] 一番の長所かつ短所なのは、「予測出来ないランダムな体験」を価値としていることだと思います。多くの暇な時間を使えるユーザーならともかく、clubhouseでの体験はボラティリティ(振れ幅)が大きい。無料で暇つぶしなら分かりますが、お金を払ってサービスを購入するイメージがつかない。例えば、Netflixでも見る作品による振れ幅はありますが、中身や評価はある程度想像したり事前に入手したり出来るし、自分が見たい作品を好きなタイミングで見れる。 同じ様に発信者側としても、基本的にはライブで発信し続けなければならない訳で、youtubeやブログの様に、一度作った作品が繰り返しユーザーを稼いでくれる訳ではない。スケールしない。一度のライブで圧倒的な数の視聴者を稼げる超インフルエンサー位しか稼げない。となると、そのインフルエンサーにとってもClubhouseで(だけで)発信するメリットが良く分からない。 事前にコンテンツやアジェンダが設定されないので、広告も出しにくい。ラジオやPodcastの様に番組中に広告を差し込むオペレーションも難しい。Clubhouseが番組化し始めたら、ラジオやPodcastと何が違うのという話になってしまう。 結局、ランダム性・予測不可能性の高い作品・体験に対して、合理的にお金を払ってもらうことは難しいということかと思います。投げ銭はあると思いますが、そうなると超インフルエンサーが結局勝つだけだろうなという印象です。 [代替案] ニッチですが、社内コミュニケーション向けのB2B SaaSとかどうでしょうか。人々がこれだけランダムの出会い・コミュニケーションに飢えている中で、Clubhouseはたばこ部屋の代わりにもなるし、他部署の人とのランチ会話にも使えるし、経営陣が従業員と交流するツールになる。個人がお金を払うハードルは高いが、企業が社内ツールとしてサブスクリプションを払う、という仮説です。もうそういうプロダクトは既にありそうですが。このめちゃ金のかかる壮大な社会実験が示してくれた仮説を基に、類似製品が出てくると予想します。
3404Picks
米株の強気相場は「始まったばかり」-S&P500さらに26%上昇も
Bloomberg
NORMAL