Picks
74フォロー
270フォロワー
【直撃】時代の必然。「アイデンティティ」という巨大ビジネス
NewsPicks編集部
小峰 弘雅Baycurrent Consulting チーフデータサイエンティスト
テクノロジーが移行する時代、ニーズも変わる。 勉強になりました。 私は「認証」をビジネスにするなんて考えもしませんでした。 クライアントサーバー時代、「認証」といえば、MicrosoftのActive Directory。Windowsの認証を使って、社内アプリケーションへログインするものです。 複数のシステムで1つのIDを使いたい場合、大量のIDデータベースをコピーしてシステム構築してました。 だから、コピーに時間がかかり、パスワードを変えるとシステム反映に数時間かかることもありました。 正直、認証のシステム構築はめんどくさいので、遠ざかりたい領域。 ウェブの時代は、いつのまにかgmail,facebook,twitterの認証が増えていきます。 そんな認証をビジネスにするなんて、思いもよりません。 そんな中で、マルチクラウドでベンダーロックされたくない顧客の潜在ニーズを捉え、投資していく。 PeopleSoft、Salesforceで顧客の最前線にいたトッド・マッキノンさんだからできたOktaでしょう。 Oktaのゴールは標準化。 セキュリティや使いやすさ、コンプライアンスなど考えることをすべて標準化したい、とのこと。 どれもエンジニアが遠ざかりたい領域です。 そして、ニーズが変わり続ける領域でもあります。 確かにビジネスチャンスがありそう。
890Picks
【解説】SaaS第一人者が語る、「次」に起きること
NewsPicks編集部
小峰 弘雅Baycurrent Consulting チーフデータサイエンティスト
SaaSの次に起こることに、マルチサイドプラットフォーム化があります。 この記事は近年の流れを分かりすく表現してくれています。 THE MODELもSaaSの実態が分かる良書でした。 SaaSの潮流に1つだけ補足すると、マルチサイドプラットフォーム化があると思います。 マルチサイドプラットフォームは、2種類以上の異なるユーザーを結びつけるビジネスモデルです。 オンプレやサブスクの営業が「契約を結んでもらう」だったのに対して、ユーセージの営業は「より多く使ってもらう」になりました。 ということは、SaaSに、ある特定の分野のトランザクションが集まります。 その情報を欲している第三者がいますから、トランザクションデータをAIで学習してAPI化して販売します。 たとえば、Sansanには名刺の情報が集まります。 アウトバウンドセールスは最新の名刺情報を喉から手が出るほど欲しい。 そこでAIで成約確率が高さを付加して、顧客情報を販売します。 クライアントA社は成約確率が95%です!のように。 するとアウトバウンドセールスは、顧客情報の確からしさに加えて、成約確率も上がります。 (思いつきなのでSanSanはあくまで例示です) ちなみに、より多く使ってもらうほど、AIの精度は上がりますから、さらに多く使ってもらわなければなりません。サブスクの営業ではそこまでのモチベーションになりません。 つまり、 SaaSはクライアントと、第三者を視野に入れたマルチサイドプラットフォームとしてもビジネスチャンスがあります。 素晴らしい特集なので、明日も期待しています。
1777Picks
【超図解】GAFAの次を担う、「最強SaaS企業」の全貌
NewsPicks編集部
小峰 弘雅Baycurrent Consulting チーフデータサイエンティスト
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
5063Picks
NORMAL