Picks
1345フォロー
671フォロワー
「軍が強くなければ……」ミャンマー国軍、鉄壁の信念はどこから
朝日新聞GLOBE+
T Tsuyoshi無職 ひきこもり
こんな話も読みました。 https://digital.asahi.com/articles/DA3S14806372.html?iref=pc_ss_date_article  「ミャンマー(旧ビルマ)は1886年から約60年にわたり、英国の植民地統治下にありました。1942~45年は日本軍に占領されています。英国や日本に対する抵抗を経てビルマは48年に独立しますが、この独立闘争の中で生まれたのが国軍です。政治に関わることが組織のDNAに組み込まれていて、軍事の専門家としてだけでなく、国政に影響を与え、指導することまでが仕事の範囲、と認識しています。そうしなければミャンマーが主権国家として危機に陥るとまで考えています」  「国軍がこうした考え方を持ち続けているのは、国内が内戦状態にあるためでもあります。ミャンマーには公的に135の少数民族がいるとされ、民族間の経済や権利の格差が紛争に結びついています。独立以降、政府が全国土を統治できたことはありません。自国の安全保障は、日本では外国を想定した防衛の重要性を意識しますが、ミャンマー国軍は国内の武装勢力の制圧を重視してきました。国内の安全保障に主に目を向けた軍隊は、政治に関与しやすい傾向があります。国内の秩序の安定には政治への関与が必要だと考えるからです。そのため、ミャンマーでは国軍が重要な権限を握り続けてきたのです」
53Picks
NORMAL