Picks
12フォロー
212フォロワー
マクドナルド、コロナ下で営業最高益 20年12月期
日本経済新聞
石黒 伸ブレインヘルスと長寿医学とオーガニックの専門 医師
それにしても コロナ禍で国民の健康意識は高まるだろうと勝手に期待していました(笑) ここまで未曾有の感染爆発が起きても、 健康増進行動への変容には至らず。。。 あいも変わらず不健康行動のまま。 いや!むしろ 生命脅威が迫っているからこそ ヒトはもっと快楽を求めるのかもしれない。 脳科学的に考察しても当てはまりそうだ。 それにしても マクド=食事 と捉える人がNewsPicks知識人でも多いことに驚く。 あれほどの超ウルトラ加工食品は、 驚くほど貧栄養である。 食事=生命維持に不可欠な栄養素 と定義されるべきだが マクドはどう考えてもそれを満たさない。 本来食事とは、生存有利にするためのものだ。 高度情報処理社会において 脳の精密度とエネルギー消費量は格段にUPしている。 高性能な脳の出力を最大化するには 高効率かつクリーンなエネルギーを 脳に供給しなければいけない。 例えば、高性能なフェラーリに 軽油を給油するヒトはいるだろうか? フェラーリに軽油を入れると、 すぐには壊れないが、じきにノッキングなどを起こし壊れる。 軽油の方がガソリンよりも安価だが圧倒的な爆発力がある。 ガソリンよりも2割くらい高カロリーだ。 いわば マクドは軽油。 ブロッコリーはガソリン。 そんなイメージだ。 フェラーリのような 高回転型で高性能なヒトでありたいなら クリーンエネルギーなブロッコリーをお勧めしている。 でも、 低回転型で超短時間高出力なヒトでありたいなら マクドナルドをお勧めする。 しかし、最新型の排泄システムを導入しないと 相当な環境汚染につながることをよく知っておいてほしい。
238Picks
東京の新型コロナ新規感染者1591人重症者は113人 ともに過去最多
FNNプライムオンライン
石黒 伸ブレインヘルスと長寿医学とオーガニックの専門 医師
至極根本的なことですが、 ・ツバを撒き散らさない ・ツバが飛び交う場所に行かない この2つだけ厳守すれば、高濃度のウイルス暴露は免れる。 当たり前すぎる話ですが。。。 しかし、、全く人と接触しないと、ツバを介したウイルス接触機会がなくなり、コロナ特異的な免疫獲得はできない。 すると、ロックダウン解除後の通勤が始まり、一杯ひっかけて帰るというライフスタイルが回復すると、またまた感染の波が押し寄せる。 このシンプルなロジックが、国民に伝わっているのかいないのかがわからない。。。 うす〜く、まばらにウイルス暴露しているライフ環境を、自己で維持管理するセンスがある人は、いち早くこのフィールドに適応でき、進化するでしょう。 もしハメを外してしまい、高濃度のウイルスと接触した可能性が高い場合は、とにかく抗ウイルス効果のあるセルフケアを少なくとも1週間は強化して実施すべき。 うす〜く暴露している場合は、とにかく少しの慢性炎症も体内に残さないように抗炎症管理をして、抗ウイルスケアを継続する。 そうやって、一人一人が自身のウイルス抵抗力とウイルス暴露量のバランスを天秤で計り、注意深くセンス良くセルフケアするしか、今のところ最善策はないのでは? これは完全に個別化するしかないケアであり、標準医師が好む医療ガイドラインのような単一スキルでは実現できない。 スキルじゃないものがセンス。 コロナをうまくすり抜けていくセンス磨きが必要だ。
450Picks
NORMAL