Picks
29フォロー
22フォロワー
英、フカヒレ輸出入禁止=フォアグラも検討、「動物福祉」で
時事通信社
日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明
Newsweek日本版
資本主義に「緊急ブレーキを」 気候危機、格差が迫る転換―新書大賞マルクス研究者
時事ドットコム
城取 秀文木工業
先進国のミレニアル世代やZ世代など若者の間では、物を所有しない、お金をかけない、というミニマルなライフスタイルが広まりつつあります。 これらは「脱成長」という新たな価値観への変革の兆しなのかも知れない。 著者が主張するコモンズの歴史は意外と古い。 日本も資本主義による労働者の困窮など弊害是正のため明治33年にドイツの協同組合を見習って産業組合法を制定している。 その後も農業や漁業、労働者や消費者など様々な協同組合が作られ資本の暴走から市民を守る役割を担ってきた。 それが肥大化し過ぎて国家が全権を掌握してしまったのがソ連型共産主義だ。だがそれは失敗に終わってしまった。 コモンはあくまで市民が平等に民主的に管理していかねばならない。 パリの市民議会、バルセロナの市政など市民の草の根運動から広がった活動がいま注目を浴び世界にネットワークを築こうとしている。〈ミュニシパリズム〉 巨大資本に依存した受け身の環境対策では結局気候変動は止まらないどころかグローバル・サウスからの搾取を加速させることになりかねない。 著者曰く、選択肢はひとつしかない。 私達の帝国型生活様式を改め〈脱成長〉、生産手段やエネルギー、食糧などを持続可能な市民の共有財とする〈コミュニズム〉しかないと。
135Picks
「南海トラフ地震」の予兆あり 複数が連動すればM10規模、津波犠牲者47万人も
AERA dot. (アエラドット)
城取 秀文木工業
記事中のM10クラスの予兆かどうかははっきり言って誰にもわからないと思います。 ただし、南海トラフ地震は30年以内に80%の確率、首都直下地震は今すぐ起きてもおかしくないとの予測はかねてから指摘されており、日本の地質史においても群発地震が発生しやすい周期に入っていることは確かです。 津波や建物の倒壊ばかりがいつも注目されますが、内陸部も土砂災害、ダムの決壊も起こり得るため海沿いだけで無く、全国どこでも危険はあります。 特に東京都のような大都市は至るところにリスクが蔓延していて最大限の注意が必要です。 ビルや高速道路高架の倒壊、大規模火災は神戸市の事例を見ても都市型震災の恐ろしさがまだ記憶にある方も多いでしょう。 さらには都心は地下に張り巡らされた無数の地下鉄や地下道もリスク。震災で河川がひと度決壊しようものなら水流があらゆる地下道に流れ込みとんでもない被害が想定されます。しかし現状はあちこちで堤防の老朽も進み補修が追いついていません。 また住宅密集地での火災は火災旋風を巻き起こし、広範囲が火の海に。 我先にと避難者、帰宅者が密集すると群衆雪崩で数千人が犠牲になるとの試算もあります。 日頃から今ここで巨大地震が来たら、どう行動を取ったらいいか、常にシミュレーションを心がけ、物資の備蓄など備えておきたいです。
153Picks
NORMAL