Picks
113フォロー
43フォロワー
【完全図解】今年すぐできる「お金を増やす」3つの方法
NewsPicks編集部
山本 義充経営コンサルタント
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
5667Picks
【最新リスト】AIが教える、ワクチン後に上がる企業たち
NewsPicks編集部
山本 義充経営コンサルタント
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1117Picks
【未来予測】これから消滅/台頭する、企業・仕事・スキル
NewsPicks編集部
山本 義充経営コンサルタント
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2320Picks
【完全図解】コンサルに押し寄せる、3つの大変化
NewsPicks編集部
山本 義充経営コンサルタント
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
3635Picks
【コンサル直伝】思考を整理、瞬時に伝える「図解30選」
NewsPicks編集部
山本 義充経営コンサルタント
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
6683Picks
【必見】優良企業が採用する財務諸表、ROIC使いこなし術
NewsPicks編集部
山本 義充経営コンサルタント
最近、ROICを活用する企業が増えてきていて、ROEはダメで、ROICが良いみたいな記事が結構あるように思います。私もROEとROICのどちらの指標が優れているのか分からなくて、ファイナンスの教授に質問したことがあります。その時の回答としては、ROEを見る時には、借入のバランスも一緒に確認することが必要で、そこを怠らなければ過度な株主偏重にはならないので、ROICと同じように活用できるとのことでした。ROEも使いようで、ROICと同じ様にも使えるので、優劣はないみたいな回答でした。 ROICは、総合商社のような多角化経営をしていて、ポートフォリオの投資評価、事業性評価を行う時に活用することが多いと思います。その時は、事業ごとに「資本+借入」に対する評価をする方が、合理的なので、企業内部で評価をする場合は、ROICが優れていると思います。ただ、ROICを使用する前提として、資本コスト、WACCに対する理解がスタッフにないと、機能しないため、ファイナンスの教育が社内で必要になってきます。自社のWACCは何%か、自部門のWACCは何%か考えて、投資や事業の評価を行える環境が必要です。黒字であればいいのではなく、資本コストが何%ないといけないのかという議論が社内で行われるようになれば、ROICを指標として活用する意義も出てくるのではないでしょうか。
1038Picks
【新説】戦略より物語。コンサルの役割が変わった
NewsPicks編集部
NORMAL