Picks
40フォロー
54フォロワー
【入門】非デザイナーのための「デザインのルール」
NewsPicks編集部
鈴木 朋宏NewsPicks/JobPicks 記者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
4975Picks
【転機】安定志向の学生が、神戸の「公務員イノベーター」になった理由
JobPicks(ジョブピックス) | みんなでつくる仕事図鑑
鈴木 朋宏NewsPicks/JobPicks 記者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
192Picks
【大逆転】苦境の地方宿、コロナ禍で起こしたSNS旋風
NewsPicks +d編集部
鈴木 朋宏NewsPicks/JobPicks 記者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
【転職術】社風の不一致、2社の解散。ある社会人の数奇なキャリア
JobPicks(ジョブピックス) | みんなでつくる仕事図鑑
鈴木 朋宏NewsPicks/JobPicks 記者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
269Picks
【座右の書】脱・競争社会をつくりたい。負けず嫌いの東大卒コンサルを変えた5冊
JobPicks(ジョブピックス) | みんなでつくる仕事図鑑
鈴木 朋宏NewsPicks/JobPicks 記者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
430Picks
【マッキンゼー新代表】日本企業が蘇る、5つのポイント
NewsPicks編集部
鈴木 朋宏NewsPicks/JobPicks 記者
「岩谷社長が目指す、強い日本企業の定義とは?」非常に抽象度の高いこの質問に対し、岩谷社長の口から間髪入れずに返ってきたのが、記事中に紹介されている五か条でした。岩谷社長の脳内には、かなりクリアーな蒼写真があるのでしょう。 5分の4が、所謂”非財務指標"で構成されているのが印象的でした。もはや、時価総額や業界シェア、売上高や利益だけで企業を定義する時代は終わりました。一方で各要素間の因果関係については、未だ立証されていない領域の1つでもあります。今後マッキンゼーがこの辺りをどう体系化していくのか、注目しています。 私自身も、海外経験を通して日本人のアイデンティティを抱くとともに、想像以上の日本のプレゼンスの低さに危機感と焦燥感に駆られ、大変恐縮ながら自分なりに「なんとかしたい」と考えを巡らせる1人です。特に98年生まれの私は、所謂日本の栄光の時代を経験していないため、「世界に輝く日本を見てみたい」という思いは一層強いのかもしれません。 44歳という異例の若さで、マッキンゼーの社長に就任した岩谷氏。そのリーダーシップと手腕は、日本企業にどんなインパクトを与えるのか。一日本人として期待しています。
1016Picks
【企画力】バズる広告の仕掛け人が伝授、クリエイティブ脳が覚醒する5冊
JobPicks(ジョブピックス) | みんなでつくる仕事図鑑
鈴木 朋宏NewsPicks/JobPicks 記者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
777Picks
【直撃】アクセンチュアと組む資生堂が目指す、化粧品の未来
NewsPicks編集部
鈴木 朋宏NewsPicks/JobPicks 記者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
583Picks
【ディープ解説】金融・コンサルが学ぶ、「テック用語5選」
NewsPicks編集部
鈴木 朋宏NewsPicks/JobPicks 記者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1979Picks
週休3日制試行「大成功」=生産性落とさず幸福感向上―アイスランド
時事通信社
鈴木 朋宏NewsPicks/JobPicks 記者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
487Picks
【軌跡】好調ロレアルが仕掛けた「全従業員DX化計画」
NewsPicks編集部
鈴木 朋宏NewsPicks/JobPicks 記者
「不況知らず」ーそんな枕詞をつけて語られるほど、化粧品業界は長い間、景気に左右されにくい、安定した業界として知られていました。 しかしながら、新型コロナウイルスのパンデミックは、そんな“通説”を吹き飛ばし、国内外の化粧品業界に影を落としています。 大きな要因となったのは、デパートやドラッグストアを含めたリアル店舗の閉鎖です。多くの消費者がオンラインに移動し、市場のデジタル化が一気に促進されました。 国内の化粧品市場は伝統的に、店頭での対面販売を中心に発展してきました。そのため、各企業もデジタル技術の活用が遅れており、急激な変化への対応に苦戦する姿もあります。 一方で、デジタルを強みとし、いち早く業績回復を果たした企業があります。ラグジュアリーの老舗企業ロレアルです。 遡ること10年以上前から、“デジタル”をグループ戦略の最優先事項とし、着実に力をつけてきた同社。日本市場においても、Eコマースやサブスクリプションといった、化粧品ビジネスの非伝統的分野にいち早く進出し、成功を収めてきました。 現在は、オンラインとオフラインのハイブリッド戦略によるパーソナライゼーションに力を入れる同社。今回はそのキーパーソンである、日本ロレアルのフィリップ・アルシャンボー上席副社長に、同社のデジタル戦略の全容を聞いています。 個人的には、後半の質問にある「オンライン化とブランドイメージの両立」が、これからの高級ブランドビジネスの、大きなテーマになると感じています。 化粧品業界において、ブランド・エクイティ(あるいは、その源流となるブランディング/マーケティング戦略)の占めるビジネスインパクトの大きさはご周知の通りです。 ある意味、“孤高の存在”であることも含めて構成されていた、“気品”や“豪華”といったブランドイメージを、消費者との距離が必然的に近くなるオンラインビジネスやサブスクリプションに移行する中でどう保っていくのか。 デジタルを活用して「一貫性のあるメッセージと顧客体験を届けること」が解なのであれば、ロレアルの事例に学べる部分は多いと思いました。
513Picks
【実例】ブリヂストンが、タイヤの「サブスク」に本気な理由
NewsPicks編集部
鈴木 朋宏NewsPicks/JobPicks 記者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
678Picks
【激論】内側から見た人気企業、「本当の実力」
NewsPicks編集部
鈴木 朋宏NewsPicks/JobPicks 記者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2906Picks
【直撃】成長が止まらない「ノースフェイス」がすごい
NewsPicks編集部
鈴木 朋宏NewsPicks/JobPicks 記者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1370Picks
【3分解説】一流企業の証「東証1部上場」は再編でどうなるのか
NewsPicks編集部
鈴木 朋宏NewsPicks/JobPicks 記者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
936Picks
NORMAL