Picks
741フォロー
57871フォロワー
米国防長官、東南アジア歴訪へ 23日からフィリピンなど
Reuters
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
各国ともそれぞれ注目点がありますが、私は特に国防長官となるとフィリピンの「訪問軍地位協定(VFA)」の行方に注目しています。 下記の記事にありますように、フィリピンは存続をめぐり6月14日、最終決定を見送り、6ヶ月間保留するとしています。 https://www.nikkei.com/article/DGXZQOGN1514J0V10C21A6000000/ フィリピンはアジア大洋州の安全保障上、戦略的な意義が非常に高い国です。1991年までは米軍が駐留していました。基地撤退後、特に2001年の米国同時多発テロ(9.11)が発生し、アルカーイダがフィリピンを「安住の地」として利用していたことや、フィリピンの過激派とのつながりなどからテロ掃討作戦や共同軍事演習なども実施してます。 アキノJr政権は米国と協調的なスタンスを見せていましたが、ドゥテルテ外交は全般的にタカ派外交であり、米国に対してもその例外ではありません。今回の米国防長官の訪問で、VFAについてどのような議論が交わされるのか、注目されます。 米フィリピンの安全保障関係は、日本にとって他人ごとえはなく、重要な論点です。米国のアジア大洋州の安全保障の要中の要は沖縄をはじめとした在日米軍基地ですが、それにプラスして在韓米軍、そしてもともと基地があったフィリピンが重要となります。当然、この3地点がどのようなバランスになるかによって、日本の在日米軍をめぐる安全保障にも影響が及びますし、有事の際の戦略にも影響が及びます。
22Picks
米独首脳会談、対ロ・中国で協力確認 パイプラインでは意見不一致
Reuters
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
ノルドストリーム2とは何か、については、こちらのワシントンポストの記事がよくまとめています。 https://www.washingtonpost.com/business/energy/why-the-world-worries-about-russias-nord-stream-2-pipeline/2021/07/14/ 日本語であれば、こちらのプロピッカー土田陽介さん執筆の報告書がコンパクトかつ重要点がまとまっており、参考になります。 https://www.murc.jp/report/economy/analysis/research/report_210215/ また、ウクライナについて言及があります。NewsPicks在籍中に現地取材も踏まえて執筆したミニ特集「知られざるテック人材大国ウクライナ」はこちらです。ロシアの隣国として、決して安定的な環境ではないなか、テック人材の宝庫としての地位を確立しようとしています。当時に比べるとウクライナのテック人材については日本でも徐々に知られるようになりました。 「すごい人材の宝庫ウクライナ。日本人起業家が注ぐ熱い視線」 https://newspicks.com/news/3644307 「【現地レポ】なぜウクライナが優秀なテック人材を生み出したのか」 https://newspicks.com/news/3645730/ また、ロシアについては5年前の特集ですが「プーチンの野望」は、未だ参照いただける内容だと思います。当時、佐々木さん(NewsPicks元編集長)と私で担当しました。この時点で中ロ関係の重要性は指摘しています。また、最終回の鈴木宗男さんのインタビューは、日本にとってロシアとは何かを考えるために、読み返していただきたい内容です。 https://newspicks.com/news/1836106/
29Picks
マレーシア内閣、ムヒディン首相への支持を表明
Reuters
国王、首相に国会再開の圧力 マレーシア、異例の対応
共同通信
川端 隆史Kroll Associates Singapore Senior Vice President
異例、とありますが、過去に国王が国政に介入した事例はそれなりにあります。最も有名なのはマハティール政権(1981-2003)の80年代はマハティールと国王(およびスルタンやラジャといった州王)の権限とのせめぎあいが展開されました。マハティールは2度の大きな憲法改正を敢行しています。その結果、国王や州王の刑事訴追からの免除がなくなったほか、大きいのは法律の裁可権が形骸化したことです。他にも土地や水に関する権限で、歴代の首相はせめぎあいを演じています。 マレーシアは立憲君主制といっても、日本の天皇家や英国の王室のように非常に抑制された権限ではなく、マレーシアの歴史的経緯や、現在でもムスリム社会の長、マレー系社会の長という位置づけがあり、実質的な権限があります。 タイの王室ともまた違う位置づけで興味深い点が多々あるのがマレーシアの国王および州王です。 9人のスルタンおよびラジャによる互選で5年任期で国王が選出される。互選といっても、実質的な順送りで、時に様々な理由から順番がスキップされることもあり、その際に当人の資質や風評が実質的に問われたケースもあります。マレーシアの王制は政治性が強いと言えます。
NORMAL