Picks
9フォロー
42フォロワー
今のアメリカは「真ん中」が抜け落ちた社会の行きつく先
ニューズウィーク日本版
Kota Shimazaki日系電子部品メーカー (シリコンバレー支店勤務)
今のアメリカを見るというのは近い将来の日本を見ることでもある。 何故なら分断の原因がマルチメディア化であり、それは日本でも共通しているから。 記事の中に、"異なる意見を持つ人と出会う機会が少ない「他者の不在」"とありますが、正にこれが全てだと思う。 マルチメディア化によって人々は自分が見たい情報だけを取捨選択しながら触れている。 YouTube、Facebook、Twitter、Netflix、Amazon、各種ニュースアプリ、すべて自分の趣味嗜好にカスタマイズされた情報ばかりが流れてくる。 アメリカに住んで7年近くになるが、アメリカ人の同僚と共通して話せる話題というものがほとんど存在しない。 よく日本にいる友達に「今アメリカでは何が流行っているの?」と聞かれることがあるが、この質問自体に少し違和感がある。 アメリカでの流行といっても自分の所属するコミュニティによって流行っているものが違うからだ。 インターネットによって世界が広がり過ぎたお陰で人々は孤立化し周辺化されていった。 日本でも同じことが起きている。 右翼思想の持つ人はリベラル派の意見に触れることなく益々右傾化していく。 その逆も然り。
NORMAL