Picks
330フォロー
210フォロワー
【3分解説】マイクロソフトがゲームに「本気」な理由
NewsPicks編集部
岡 玄樹レッドハット株式会社 代表取締役社長
さすがだなと思うのは、SatyaはCEO就任時はあまりゲームに関心がなかった点。本人も折に触れて何度かそう言ってました。長期間赤字を出し続けたゲーム事業は一時期は、税金抑制のために作り出したのではないかと世間に言われるくらい散々な状況でした。ただ消費者・ユーザーの接点が他社と比べても少ないマイクロソフトは、手放すことは出来なかった。 そしてイノベーションが進み、ゲーム機がいらないモデルに目処が立った今、Satyaが見据えるのはゲームで使われる膨大なクラウド仕様を自社で取り込むこと。クラウドの申し子であるSatyaは、まだまだアップサイドを肌で感じているが故、投資を続けてきたのだと思います。 新技術の登用の早いゲーム業界。そしてユーザー接点が常時接続なのでシステムダウンが許されないハードルの高さ。引き続きGoogleのクラウド(GCP)がこの領域ではポケモンGOのナイアンティック含めて強いものの、ゲーム機器の使用量がシフトしたらMSの形勢逆転も多いにあり得るだろう。 ストリーミングを開始した時期のネットフリックスはライブラリーも貧弱だったので、MSのコンテンツ強化が鍵となるのは言うまでもないと思う。
701Picks
【直撃】時代の必然。「アイデンティティ」という巨大ビジネス
NewsPicks編集部
岡 玄樹レッドハット株式会社 代表取締役社長
シングルサインオンの利便性は多くのビジネスマンが感じ始めている今日この頃ではないだろうか。色々なアプリケーションを使いこなすことが今や前提条件。パソコンでのログインに連動してスマホで認証を初めて求められた時は感動しましたが、使っているうちに当たり前になってきました。アイデンティティという打ち出し方をしてますが、セキュリティに密接に紐づいている。ゼロトラストの考え方も浸透し始めた日本では、ウィルス対策のためにソフトをダウンロードしていた時代を知らない層がすぐ出現するだろう。 一つ死角があるとすると、中立的な立場にいるがゆえの利点。今はまだオンプレミスからクラウド移行が主流で目指すのはハイブリッドクラウド。マルチクラウド(様々なクラウドの組み合わせを用途によって使い分ける)が主流になると普及すると思われる考え方が「オープン」。日本も古くからベンダーロックインを嫌うのでオープンに移行するのは早いと思われる。その状況下でGAFAMが本当に自社プラットフォームに閉じるサービスのみを提供するだろうか?中には、オープンな世の中を受け入れて、積極的に他社サービスとの接続を許す企業が出現してもおかしくないと思う。そこまでにいかに浸透させるかが鍵となるだろう。
935Picks
NORMAL