Picks
1180フォロー
8426フォロワー
AIRDOとソラシドエア、持ち株会社設立 コロナ初の再編
日本経済新聞
Arai Kaoru公認会計士 Fintechコンサルタント
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
個人情報の海外移転、アプリ15社の6割 丁寧な説明重要
日本経済新聞
Arai Kaoru公認会計士 Fintechコンサルタント
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
100Picks
米消費者物価価4.2%上昇 12年ぶり伸び、円一時109円台
日本経済新聞
Arai Kaoru公認会計士 Fintechコンサルタント
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
145Picks
トヨタ自動車 最終利益2兆円超える コロナ禍でも販売回復
NHKニュース
Arai Kaoru公認会計士 Fintechコンサルタント
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
354Picks
日本経済、低迷の元凶は日本人の意地悪さか 大阪大学などの研究で判明
Newsweek日本版
ついに訪れた「PayPay手数料有料化」の激震!ローカルスーパー&コンビニの2つのサバイバル戦略
文春オンライン
Arai Kaoru公認会計士 Fintechコンサルタント
PayPayの加盟店手数料は、手数料有料化のギリギリ(8月末ごろ)にならないと決まらないということですが、ギリギリにするから、この記事のようにあおり気味な記事を書かれてしまうということなのだと思います。 キャッシュレス決済に関して日本で決済手数料が高い理由に、ユーザーがポイント還元に執着しているという側面があります。このポイント分は誰かが負担しなければならない訳ですから、当然、その分決済手数料が諸外国に比べて高くなるわけです。 また、キャッシュレス決済に関しては、お店も利用者も利点があるから利用する訳ですから、本来ならば、その手数料相当分の全体的な値上げがあってもおかしくない訳ですが、デフレの国日本では値上げをすることに勇気がいるわけです。これもある意味可笑しな点だと思います。 海外では、現金決済だと割高な料金が課せられることもあります。これは現金取り扱いにかかるコストを利用者に負担してもらうからです。 いずれにしても、日本のキャッシュレス決済はまだまだ過渡期ですので、あと数年はこの記事のような話が話題になるのでしょう。 クレジットカードに関しては、日本独自のサービス(ボーナス払いや分割払いを決済時に選択できる等、On-us取引など)がなくなれば、手数料率を下げることもできると思うのですが、それはカード会社の問題でもあるかもしれません。
258Picks
NORMAL