Picks
95フォロー
117フォロワー
任天堂、コロプラへの請求金額を49億5000万円から96億9900万円に大幅増額
ITmedia ビジネスオンライン
岡田 賢明Engineer in USA
その間に発生したコロプラの売上と任天堂の損失を考慮したと言うことでしょうか。特許は企業の喧嘩の唯一の武器なので、この結果は妥当でしょう。 追記:  特許って、さっと書いて簡単に登録される物じゃないんですよね。まず自社技術や発明があり、先行技術をしっかり調べ、何百何千もある先願特許の有効範囲を調べた上で自社の発明を特徴づけ、新規制進歩性を確保しながらどんな請求項にするか頭をひねって考え、実施例や明細書をどう書けば発明を広くかつ適切に表現出来るか考えて記載して出願します。   更に言えば、どの国に出願するのかや早期権利化を図るのか単なる牽制なのか、拒絶理由通知でどんな流れになるのかも考えて出願します。掛かる費用も国内出願で一件50万円は掛かりますし、外国出願だと国数にもよりますが一件の権利化に数百万円は掛かります。 出願も中間対応も相当な労力ですし、そうして登録された特許の多くはこの手の権利訴訟にならず、牽制力として暗に働くだけです。加えて侵害訴訟の費用や労力も更に掛かりますし、そう考えると任天堂の権利行使の姿勢はごく真っ当なものです。 更に追記:  特許は、発明を公開して公の利益にする対価として排他的権利を付与するというのが前提の考え方です。
122Picks
NORMAL