Picks
34フォロー
1146フォロワー
「映画を早送りで観る人たち」の出現が示す、恐ろしい未来
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
暦本 純一東京大学大学院情報学環 教授
映画を倍速で観るのがだめなら、音楽ならさらにまずいだろうと思ってちょっと実験したら、これが驚くほどよいのですね。たとえばフルトヴェングラーの歴史的なベートーヴェン演奏(バイロイトの第9)を1.25倍で鑑賞すると、フルトヴェングラーの重厚さを保ちながら現代的なテンポ感をも聞き取ることができます(このとき、私はフルトヴェングラーを「消費」しているのだろうか?) ピアニスト グレン・グールドの2回目のバッハ「ゴルトベルク変奏曲」(1981年録音)は、有名な1955年版と比べて演奏テンポが極めて遅いのですが、これを1.25倍速で聴くと、繊細な表現と1955年版に匹敵する溌剌としたスピード感が同居して、グールドのゴルトベルク演奏としては「ベスト」と言いたくなる感じです.. 人工的に作り出されたテンポであるにも関わらず。 遠隔講義のため、講義ビデオをネット上に置くことがふえましたが、履修生には「好きな速度で再生して構いません」と言っています。 Googleは、まさにこの記事が懸念しているような「大事でなさそうなところを早回しする」をAIで自動化する技術を開発しています: https://www.itmedia.co.jp/news/articles/2103/17/news052.html 一方、YouTubeのエクササイズビデオを見て真似る場合、たとえば「ラジオ体操」などは逆に0.5倍速で再生してぎっちりやってみるとめちゃめちゃ鍛錬になります。 という感じで、速度を変えてメディアを視聴するということはむしろ大きな可能性を持っていると思います。 作家は読者がページをめくる速度までは指定しないように、未来のメディアでは再生速度の考え方も変わってくるかもしれません。 音楽再生の速度を変えて鑑賞する可能性についてはこちらに例を挙げています: https://rkmt.medium.com/%E3%83%A1%E3%83%87%E3%82%A3%E3%82%A2%E3%81%AE%E5%86%8D%E7%94%9F%E9%80%9F%E5%BA%A6%E3%82%92%E5%A4%89%E3%81%88%E3%82%8B%E5%8F%AF%E8%83%BD%E6%80%A7-d443b66b963e
654Picks
顔から感情をリアルタイムで読み取り分類 深層学習技術で
ITmedia NEWS
暦本 純一東京大学大学院情報学環 教授
画像から表情を認識する技術は従来から開発が行われていますが (Microsoft FaceAPIなど https://azure.microsoft.com/ja-jp/services/cognitive-services/face/  など)、深層学習によってその精度は上がっていくでしょう。 また、感情が表情を形成するだけではなく、表情が感情を喚起することも知られています(嬉しいから笑顔になるのではなく、笑顔になるから嬉しくなる、という「表情フィードバック仮説」)。笑顔を作るように努力すると、実際にポジティブな感情が生まれてきます。私の研究室で HapinessCounterという笑顔認識フィードバックの情報家電を作っていたことがあります: https://lab.rekimoto.org/projects/happinesscounter/ その一方で、表情は完全に非接触で計測できてしまうので、Zoom面接のときにいつのまにか機械で表情を読み取られていた、ということも出てくるでしょう。個人情報保護の観点から、表情は個人情報なのか、ということも議論になるとおもいます。倫理的には「この遠隔面接ではあなたの表情をAIによって分析記録しますが、よろしいですか」みたいなことを合意していく必要があると思います。 ただし、このニュースでは映画俳優の表情が例として挙げられているように、感情とは切り離してテクニックとして表情だけを作る(俳優は演技技術として表情をコントロールしている)ことも可能なので、そのためのツールとして使われる可能性があります...
189Picks
NORMAL