Picks
79フォロー
104フォロワー
【感性は強み】ビジネスパーソンが行くべき「アートの聖地」は瀬戸内海に
蛯澤 俊典一般社団法人 中央日本総合観光機構 マーケティング部 担当課長
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
784Picks
【直撃】ど素人がGAFA人材に、エンジニア養成機関「42」の知られざる中身
JobPicks(ジョブピックス) | みんなでつくる仕事図鑑
蛯澤 俊典一般社団法人 中央日本総合観光機構 マーケティング部 担当課長
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1047Picks
テスラが信頼性番付で16位に後退、マツダが初の首位-米誌調査
Bloomberg.com
蛯澤 俊典一般社団法人 中央日本総合観光機構 マーケティング部 担当課長
世界的に見てもマツダのデザイン部門の強いこだわり、そして信頼おける日本車メーカーの復活を印象づける結果ですね! ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ https://bestcarweb.jp/news/56860 以下、ベストカー 2019/1/28より抜粋 ただ、現在のマツダ車のデザインがすぐれている最大の要因は、もっと別のところにある。それは、デザインに関する意思の強さだ。 デザイン部門が、はっきりした哲学を持った強力なリーダーのもと、ひとつの方向性に向かって進み、開発部門全体がそれを尊重している。そのリーダーとは、前田育男氏(常務執行役員デザイン・ブランドスタイル担当)である。 前田氏は、かつてRX-8や先代デミオを手掛けたデザイナー。父親の前田又三郎氏はマツダの初代デザイン部長で、初代RX-7のデザインにかかわったというサラブレッドだ。 が、そんな血筋とは無関係に、先代デミオが発表された時、私は「これはコンパクトカーのデザインとして、現在の世界トップに近いんじゃないか?」と感じ、以来、前田氏を特別な目で見ていた。 先代(3代目)デミオも、デザインのために多少居住性を犠牲にしていたが、現在のマツダデザインは、この前田イズムともいうべき方向性で統一されている。
190Picks
GoTo“解約”支援申請 600億円超に
日テレNEWS24
NORMAL