Picks
1326フォロー
6260フォロワー
「iPhoneと同じことが起きる」アップルカーは3年以内に自動車業界を根本から変える
PRESIDENT Online:プレジデント社の総合情報サイト
スズキ マンジ(株)デンソー 担当部長 スズキマンジ事務所 代表
これよりも、ハードルが遥かに低かった(それでも十分高かったのですが)Teslaが、何年かかって今の状態まで持ってきたか…それを考えると、この記事の論拠を伺いたくなります。 Teslaの創業は2003年、ロードスターが2008年ですので、そこから数えても、モデル3の2016年まで、8年かかっています。そして、2008年から12年後の2020年でも、世界販売は50万台です。(これでも、本当にすごい数字です!) クルマとスマートフォンは、耐久性消費財と、一般的な消費財という大きな性質の違いがあります。つまり、前者は10年前後のライフサイクルがあり、後者は2~3年です。 加えて、地球上には現時点で、約13億台の従来のクルマが運行されており、年間で約1億台が生産される分が追加になり、廃車になるものが減るという市場規模です。 それが3年以内に根本的から変える…とは。新しいiPhoneが発売されたことで、買い換える人は多いでしょうが、新しいApple Carが発売されたことで、今のクルマを買い換える人が、どの程度いるのでしょうか? 変わる方向は、この記事に近いとは思いますが、時間軸の見積もりに致命的な誤解があると感じるのは、私だけでしょうか? ※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
803Picks
ソフトウェア化する都市──サイバーとフィジカルが空間融合する先に待つこと
WIRED.jp
スズキ マンジ(株)デンソー 担当部長 スズキマンジ事務所 代表
この部分、これからの鍵ですね。 (以下、記事中から引用) “街のテスラ化”とアクティヴシチズン こうした行動体験の実装先に、スマートシティのインフラを見据えています。スマートシティの究極的な意義が「街のソフトウェア化」にあるとするならば、ソフトウェア部分を日々アップデートしていくことで街自体が進化していくような“街のテスラ化”とともに、街のハードウェアレイヤーとソフトウェアレイヤーを等価にしていくことが重要です。スマートフォンのアプリがヴァージョンによってアクティヴユーザー数が変わるように、スマートシティもソフトウェアのアップデートによって人口ではなくアクティヴシチズン数が変化していくようになるかもしれない。そして、街のハードは変わらずに、ソフトウェアを随時アップデートしていくことで、その街にかかわる人を増やすことができるようになると思います。 同時に街と人とが双方向化していき、オープンワールドゲームのようなかかわりになっていくと思います。「ゼルダの伝説 ブレス オブ ザ ワイルド」は、オープンワールドゲームでありながら、バグが少ないことで有名なゲームなのですが、それはゲームプレイ中に空間に直接、エンジニアがバグを報告できるシステムをインナーにつくっていたからです。スマートシティも実験都市なのでバグが多いと思うのですが、市民がデバッガーとなってバグを見つけてくれる。そんな可能性を感じています。 ※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
【山本康正】本人が語る、ベンチャーキャピタル退職の真相
NewsPicks編集部
スズキ マンジ(株)デンソー 担当部長 スズキマンジ事務所 代表
日本社会で、よく課題になる「何を言っているかではなく、誰が言っているか?」を重視する風潮も、今回の案件の原因でしょうね。 つまり「言っている内容」ではなく、「誰が言っているか」にフォーカスするという正しいとは言えないプロセスです。 本来であれば、山本さんが「言われている(書かれている)内容」が重要であり、「誰(どんな肩書の方)が言っているか」は重要ではないはずですが、書籍の出版社が経済活動として考えれば、「社会に合わせる」…つまり「誰が言っているか」の部分に盛りたがることは容易に理解できます。 そういった感じで、最初は、ほんの小さなことから始まったお手盛りが、回数を重ねるうちに、感覚が麻痺してしまい、出版社も、山本さんも、超えてはいけない一線を超えてしまったように感じます。 本件、山本さん、出版社、NewsPicks編集部、そして、NewsPicksコミュニティの、誰が悪いのか?という犯人探しの問題ではなく、「検証し、正すべきところは正す、そして対立構造ではなく、互いに納得して次の成長につなげる」という生産的な結果につながることを切に願います。 人間個人も、組織も、完璧ではありません。大小さまざまな問題を起こしたり、失敗したりします。しかし、そういった場合に、犯人探し、どちらが正しいという水掛け論、攻撃的な対立関係の構築ではなく、「お互いに公正に分析して、過ちを共有し、反省すべきところは真摯に反省し、それらを活かして前に進む」ことが一番大事だと考えています。 繰り返しますが、本件が、関係者全ての方々にとって、次のステップへの入り口になることを願います。 ※個人的な見解であり、所属する会社、組織とは全く関係ありません
742Picks
NORMAL