Picks
41フォロー
2142フォロワー
終末期医療啓発ポスター発送中止 厚労省、患者団体の批判受け
共同通信
鈴木 美穂世界一周中/認定NPO法人マギーズ東京共同代表理事/元日本テレビ記者・キャスター
厚労省で、「ACP」の大切さをどうやって知ってもらうかの普及啓発のあり方を考える審議会と、「ACP」=「人生会議」という愛称を決める選定委員会の委員をしていました。 https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_02615.html そこでかなり丁寧に、ACPとは、自分も家族もいざというときに後悔しないように、死が近づいてからではなく、病気になる前から家族でどう生きたいか、死にたいかを話し合っていく、そのプロセスが大切なんだと散々議論してきたはずなのに、だからこそ親しみやすい「人生会議」という愛称に決まったのに、いざアウトプットの段階になったときに審議会で話し合われてきた内容がくまれていないポスターが出てきて、その中身を知った時はすごくショックでした。 ポスターを見て、ご遺族の方々や、自分や家族が闘病中に見たらどれだけ辛いか、どれだけの人が悲しい思いをするか、想像に耐え難く、抗議した方々の気持ちが痛いほどわかりました。 審議会をしていた昨年までの厚労省の担当者が異動して新しい方々になったこともあるのか、これまで議論してきた委員にも何も知らされないまま、「人生会議」という愛称だけを捉えて普及啓発を吉本興業に事業委託してポスターができてしまったようです。 ちなみに、小藪さんも、愛称選定委員会の委員でしたが、小藪さんはおろか、吉本興業の方が議論にいらっしゃったことは一度もありませんでした。 出来上がったポスターには死のイメージが溢れすぎていて、これまでの議論をしっかり聞いていた人がポスター作りに一人でもきちんと参加していたらこうはならなかっただろうと、その過程も信じられませんでした。 事業委託して出てきたものに、担当者は誰も違和感を覚えなかったのかな、誰もノーと言えなかったのかな、と。 審議会後の過程を知らされていなくても、相談がなくてもその過程をもっとウォッチしておくべきだったという反省と共に、他の委員の先生とも、どうしたらいいのか、困り果てながら相談していたところだったので、多くの意見がきちんと届いてこの展開になって、ひとまずほっとしました。 ただ、今回の斬新なポスターで、ACPについて全く知らない方々には良くも悪くも知ってもらうきっかけになったこと、ACPとは何かを議論するきっかけになったことは前向きに捉えたいと思います。
413Picks
NORMAL