Picks
907フォロー
101721フォロワー
ドイツ紙が指摘「五輪によって、普段は気づかれない日本の問題が明らかになった」(クーリエ・ジャポン)
Yahoo!ニュース
国光 宏尚gumi 取締役会長
コロナ対策や東京オリンピックは日本の悪習、悪癖を明らかにした。これを糧に変革のキッカケにしていきたい! 例えば一例だと、オリンピック延期はIOCやNBCとの契約があるから無理との。契約は双方の合意があれば変えられる。G7、WHOを巻き込んで延期の合意を取り付ければ、IOCも強硬にはできない。この合意の取り付けの交渉はそんな難しくない。どの国のトップも人命よりビジネスを優先したと思われたくない。 少なくとも3ヶ月延期出来てればワクチン接種も進み状況は大きく変わってた。有観客開催も充分可能だった。今の東京はワクチン接種とオリンピック開催という絶望的な二正面作戦を強いられてる。そこに飲食店の反乱、国民の疲れ、熱中症。デルタ株の蔓延などが襲い掛かってる。これらは事前に全て予想できたこと。それを通常開催を前提に精神論で突っ走った。失敗の本質の時代から一切変わってない悪癖。それそろ終わらせていかないと! スキャンダル続きで開幕した東京五輪だが、発覚した数々の問題は、問題を根本的に解決しようとせず、表面的に対応してやり過ごそうとする日本の姿勢が現れただけだとドイツ紙は指摘する。さらに、本大会の強硬な実施は、五輪自体の危うさを示しているという。
73Picks
NORMAL