Picks
227フォロー
164フォロワー
コロナ中退1367人に 大学生ら、昨年4~12月
共同通信
YOSHIDA Takashi久留米工業高等専門学校 専攻科生
様々な大学生と話しますが、授業料に見合う授業かを考えているようにも思います。そして、大学に見切りをつけているように思います。 大学では、学年が上がり教育や研究が高度なものになっても、授業料は上がらない仕組み(もちろん大学院に進学しても授業料は据え置き)です。 つまり、大学のなかで比較的レベルの低い大学一年にとっては、損ということになります。 この部分が伝わっていません。 次に、授業自体についてですが、まだ高校生の感覚で捉えている人が大勢いるように思います。理系学部限定かもしれませんが、大学数学の最初に登場する実数の連続性や体や環の理論、あるいは線形空間の定義は、高校数学では語れません。それは、これまでの多くの学生(僕も)が経験してきたことです。 しかしながら、高校数学の延長では大学数学が語れないこと(ゲームが変わったこと)を、今の一年生は体感していません。あるのは、高校の授業に比べ意味不明な大学の授業です。 私は大学の教育や一年生を批判したいのではなく、高校と大学のギャップや、大学のスタンスを、本来伝えるべき先輩がいなかった結果、このような大学の教育と一年生との摩擦が生まれたと思います。 つまるところ、高大の違いをきちんと伝え、両者の理解の溝を埋める努力が大学に少なかったように思います。 そうすれば、大学の教育に見切りをつける学生は減ったと思います
183Picks
NORMAL