Picks
540フォロー
158フォロワー
【100回記念】あれから日本はUPDATEできたのか?
NewsPicks Studios
下中 周介株式会社 東京印書館
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
457Picks
大企業はテレワーク徹底も中小は困難 目標達成、高いハードル
産経ニュース
下中 周介株式会社 東京印書館
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
220Picks
手法に走るな。顧客価値を生む「マーケ術」【足立光×西口一希】
NewsPicks Studios
下中 周介株式会社 東京印書館
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1225Picks
「映画を早送りで観る人たち」の出現が示す、恐ろしい未来
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
下中 周介株式会社 東京印書館
「コンテンツ」という言葉について考えさせられます。できるだけ時間と労力をかけさせずに今この瞬間、求められている「解」や「快」を不特定多数あるいは特定された一定数のオーディエンスに効率良く届けるために最適化された映像、静止画、文字情報、音もしくはそれらの組み合わせを指すものなのか。 そういった意味では、日本のYouTubeで馴染み深い、冗長な部分を不自然な位に極限までカットし、音声にピタリ合わせたフルテロップを隅から隅まで入れるという手法も「コンテンツ」としての目的を達成する上で理にかなっているのかもしれません。 対して「作品」というのはその最終的なアウトプットが映像や静止画、文字、音声、あるいはパフォーマンスであったり、それらの組合せであれ、受け手の側にも創り手の側にも余白・余裕・ムダがなければ成立・生まれ得ないのではないかとも考えます。 しかしながら、その「余白、余裕、無駄」のもたらす功罪への気付き・面白さに対して向き合い、自問自答・右往左往する人達の母数が増えていく、自身も含めて。それが「コンテンツ」のもたらし得る利点と考えれば、「映画を早送りで観られる」人が増えている現象自体にポジティブな側面もあると思います。
664Picks
【解説】なぜツイッターはトランプを「排除」したのか?
NewsPicks編集部
下中 周介株式会社 東京印書館
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
615Picks
【図解】ジョー・バイデンって、何者なの?
NewsPicks編集部
下中 周介株式会社 東京印書館
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
2552Picks
NORMAL