Picks
69フォロー
51フォロワー
オフィスの空室面積、3倍に 都心、東京ドーム16個分増
共同通信
下之段 剛オフィスデザイン会社 執行役員
空室率が5%を超えてくるとテナント側(借主)が有利に契約交渉を進められるといわれています。 東京都主要5区(渋谷区、港区、中央区、新宿区、千代田区)では2015年辺りの空室率は5%を超えていました。 2007年にはファンドバブルで2.6%ほどだった空室率が 2008年のリーマンショック後からは徐々に増加していきフリーレントの長期交渉が容易にできていたようです。 2012年頃には9.4%程まで上昇し、移転費全額負担までしてくれるビルオーナーまでいらっしゃったようです。 しかし、2019年までオフィスビルの供給不足もあり空室率はどんどん減少していきます。 空室率が減少すると対照的に増加するのが賃料です。 平均8%の値上がされました。 オフィスビルの供給も2020年には193万m2の見込み。 2021年、2022年はそれぞれ50万m2ほどに落ち着くが、 2023年には再び上昇して132万m2供給される。 東京ドーム約30個分です。 今後は働き方もオフィスだけに固執しなくなるはずで、社員が集まれる場と在宅ワーク、シェアオフィスなどのハイブリッド型になると予想されます。オフィスも都心の一等地に構え続ける必要もほとんどの企業ではなくなるので、これから長期フリーレントや移転費負担をされるオーナーが増えてくるかもしれません。 とはいえ、交通の便が悪い場所や雑居ビルではオフィスに行きたくならないので面積を縮小しても好立地、ハイクラスビルに入居し続ける(行きたくなるオフィス)必要はありそうです。
153Picks
カラオケ館 “室料0円”の「緊急キャンペーン」を実施
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
NORMAL