Picks
217フォロー
888フォロワー
【Z世代】「イケメン市場」にVCが熱視線
NewsPicks編集部
平岡 乾NewsPicks 記者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
298Picks
【超実践】身近な事例で理解する、世界標準のマーケティング
NewsPicks編集部
TDKが初の国産化、非絶縁の昇降圧型DC-DCコンモジュール
日本経済新聞
平岡 乾NewsPicks 記者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
YOASOBIにLiSA ソニーが音楽で一人勝ちする理由
日経ビジネス
平岡 乾NewsPicks 記者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
15Picks
[社説]経産省の居直りは許されない
日本経済新聞
平岡 乾NewsPicks 記者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
108Picks
ジョブ型とメンバーシップ型を融合、ブリヂストンの人事制度は“日本型のスタンダード”になるか
ITmedia ビジネスオンライン
平岡 乾NewsPicks 記者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
166Picks
【解説】日本の半導体復活は「ソニー」にかかっている?
NewsPicks編集部
平岡 乾NewsPicks 記者
今月初旬、経産省から「半導体戦略」が公表されました。 https://www.meti.go.jp/press/2021/06/20210604008/20210603008-4.pdf この手の資料「あるある」ですが、ボリューム満点で、全てを細かく読めば30分近くかかるでしょう笑 とはいえ、前半部分を中心に、日本の半導体業界の凋落原因や課題について、分かりやすくまとめられています。政府のレポートは元々、データの充実ぶりなど「資料性が高い」ものですが、今回のレポートは整理という意味でも分かりやすいです。 さてさて、 今回登場するロジック半導体。日本で今から育成するのであれば、最短で10年、おそらくは20年以上先を見据えて取り組む必要があります。 その一因は、逆転どころかキャッチアップも不可能と思えるほど、TSMCを擁する台湾を筆頭に、韓国や米国との差があります。現状では中国よりも遅れています。 そこで、今回は割愛した「ポスト・ムーア」時代における半導体の「後工程」(https://newspicks.com/news/5877846)も視野に入れながら、10年に一回起こるかどうかのテクノロジーのゲームチェンジをとらまえ、一歩ずつ地位を高めていくしかありません。ですので、20年はかかるであろう息の長い取り組みになります。この戦略に携わるのであれば、「せいぜい後世から評価されればよい」くらいの覚悟が必要だと思います。 その点、ソニーの主力製品であるイメージセンサーという半導体は、20年以上かけた息の長い取り組みによって花を咲かせてきました。 「イノベーションのジレンマ」を克服して、CCDという旧方式からCMOSという今主流のタイプへとシフトしてきました。なおかつ、近年は、日本の総合企業が苦手としてきた投資競争でもひるまずに戦い続け、金額ベースで世界シェア5割という地位を築きました。 こうした経営面で実績がある点にも、実はソニーに期待しています。
691Picks
アマゾンを2位に置き去る「ウォルマート」4つの先見の施策
Forbes JAPAN
平岡 乾NewsPicks 記者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1113Picks
東芝の社外取締役4人、会社側の役員選任案に異議
Reuters
平岡 乾NewsPicks 記者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
141Picks
TSMCの微細化は2nmまで? 以降はパッケージングが肝に
EE Times Japan
平岡 乾NewsPicks 記者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
128Picks
【超図解】物流をつかさどる、魅惑の「コンテナ」の世界
NewsPicks編集部
平岡 乾NewsPicks 記者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1460Picks
白書に見るオープンイノベーション、「得られた効果」「実施しない理由」トップ3は?
ビジネス+IT
平岡 乾NewsPicks 記者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
5Picks
「半導体不足」と「国の力」
Impress Watch
平岡 乾NewsPicks 記者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
264Picks
【新常識】日立が「実務型インターン」に本気な理由
NewsPicks編集部
平岡 乾NewsPicks 記者
入社式は「Hitachi キャリア・キックオフ・セッション」へ。 今回登場する、日立は入社式を名称変更しました。まるで、「あなたがいずれ転職することも想定している」と言わんばかりの名称に、ある意味でジョブ型の取り組みそのもの以上にインパクトがありました。 さて、今回のテーマであるインターンシップですが、ニューズピックス社を含むユーザベースグループでも、数多くの長期インターンシップを受け入れています。 こうしたインターンでは、個人と会社がマッチしているとなれば、仮に内定が決まっている人であっても採用することができるし、逆に自社に内定が決まっていても、他の会社にインターンしているうちに「持っていかれる」ことがあります。 日立のような長期間&本格実務&採用直結のインターンが広がれば、これまでたびたびニュースに上がっていた、採用活動の解禁日を縛る「就活ルール」のようなものは、完全に崩壊するでしょう。 かくいう私も、今から10年以上前、前職に1カ月近くにわたる採用「非」直結型インターンを受け、入社しました。 やはり、個人は会社の良いところも悪いところも多少は見えてくる分、逆に信頼できるし、会社側にとって同じことが言えると思います。
608Picks
「国語力」を磨けば、日本の理系は世界で勝てる
東洋経済オンライン
平岡 乾NewsPicks 記者
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
252Picks
NORMAL