Picks
2227フォロー
17046フォロワー
なぜビジネスに美意識が必要なのか?
NewsPicks Studios
大場 紀章エネルギーアナリスト/JDSC フェロー
山口さんがおっしゃりたい事はわかるし、それが世の中に響いていることもわかるのだけれど、受け取る方が絶望的に勘違いしていて(美術館行き始めたり)、さらにこのミスコミュニケーションがメディアビジネス的に成立してしまっていて、それを山口さんもわかっていながら、悩ましくも、自分の考えを言って生計を立てたいと思っている以上ある程度は仕方がないと諦めているような気さえします。 「利便性よりも文化的な価値が大事」 このメッセージは確かに私達の心に響くのですが、利便性の代名詞として「サイエンス」「論理」を挙げられると(ミンツバーグの用語とはいえ)、かつて科学に身を置いていた私としては個人的にどうしても違和感を感じてしまいます。 現代日本において、本当に文化的価値よりも利便性が過剰に重視されているのかと思えば、例えばアイドル・アニメ・ゲーム・動画配信産業などを観ていると、とても全体が把握できないほどの複雑で多様な文化(サブカルチャー)にあふれていて、私には文化的価値はむしろ過剰供給のレベルにさえあるような気がします。 「美意識」や「アート」と言うと、なにかこうハイエンドな絵画や彫刻、現代アート、クラシック、ジャズ、ポップスなどを思い浮かべるのですが、サブカルチャーよりもこうしたものの方が本来なら文化的価値の主力になるべきだということなのでしょうか。 一方、論理的なサイエンス(自然科学)の権化とも言える理論物理の世界では、実験の高エネルギー化が著しく、新たな検証を行う事はますます難しくなっています。そして、ほとんど実験できることはやり尽くしてしまったため、実験的な正しさよりも、理論的な美しさがサイエンスの暗黙の指針となってきたために、ほとんど科学としての意味をなさないような状態に陥ってしまっているという反省のフェーズにあります。 ビジネスではサイエンスよりアートが必要とされ サイエンスではアートよりビジネスが必要とされている こう思うとなかなか面白いですね。
475Picks
【トップに聞く太陽光発電業界の今】株式会社afterFIT
ZUU Online|経済金融メディア
大場 紀章エネルギーアナリスト/JDSC フェロー
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
NORMAL