Picks
169フォロー
2109フォロワー
【中村輪夢】BMX界の寵児、東京五輪で誰より高く
NewsPicks編集部
松田 崇裕TBSテレビ 報道局 社会部長 兼 解説・専門記者室
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
32Picks
【為末大】トップ選手に学ぶ、最強の「メンタル管理」術
NewsPicks編集部
松田 崇裕TBSテレビ 報道局 社会部長 兼 解説・専門記者室
「閉鎖環境」の話、国際宇宙ステーションに日本人飛行士が滞在する前の時代ですが、筑波宇宙センターで「閉鎖隔離環境」の施設を取材したことを思い出しました。複数の被験者が2週間ほど暮らし、各自の言動や互いの関係作りなど、全て別室にある司令塔の監視下におかれました。将来、宇宙ステーションで作業する宇宙飛行士の適正をみる基礎データをとるためでした。 同じ頃、ロシアでは日本人を含む多国籍なメンバーで閉鎖環境実験が行われました。ここでは文化、慣習、そして言葉の壁を乗り越えて、チームビルディングが出来るかを見ていましたが、日本人被験者は途中で耐えられなくなり、脱落したことを記憶しています。 為末さんのインタビュー記事を読んで、メンタル管理においては宇宙飛行士にも似ているなと思いました。閉鎖空間、限られたメンバー、そして宇宙という逃げ場のない空間・・・トップアスリートもそうですが、まず自分自身をよく知り、相手の話を聞く力がある人たちだと感じます。 為末さんは質問に対する返し方にも触れていましたが、先日の五輪サッカー南ア戦前の吉田麻也主将の記者会見は、それを象徴する場面がありました。南ア選手にコロナ感染があり試合が危ぶまれていた頃、海外メディアは容赦なく「南アフリカの選手と濃厚接触するかもしれない。これは安心安全にプレーできる環境だと思うか」と質問をぶつけてきました。吉田選手は間髪おかず「イエス」と答え「(プレーする)イタリアでも1年間、ポジティブが出た選手は外れる形でやってきた。個人的にはまったく問題がない。ホテルでも非常にに厳しいルールで生活している。今のところ危険を感じることはない」と前向きに返しました。さらに会見の最後「今日がいちばん危険だと思う」とユーモア交え締めくくった点で、その場をイイ意味で支配したと思います。 共有項は、自分と向き合い、周りの状況も冷静に見えているヒトだと思います。五輪で結果を残したトップアスリート、試合後に掲載される人物像や努力の過程を追った記事に、強さの背景が記されていて、注目しています。
939Picks
新規感染者が初めて9千人超す 東京、神奈川などで最多
朝日新聞デジタル
松田 崇裕TBSテレビ 報道局 社会部長 兼 解説・専門記者室
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
168Picks
NORMAL