Picks
60フォロー
9097フォロワー
秋篠宮ご夫妻 地域おこし協力隊の若者たちとオンラインで懇談
NHKニュース
山田 桂一郎JTIC.SWISS 代表
「秋篠宮ご夫妻は、気仙沼市で活動する隊員らから観光振興のためポイントカードを作る取り組みをしていると説明を受けると「会員の募集はどうされたのですか」などと尋ねられました。(記事から引用)」 秋篠宮ご夫妻が気仙沼クルーシップ(気仙沼市のファンクラブ制度 https://crewship.net/)にご興味を持たれ、ご質問まで頂けたようです。 気仙沼市をひとつの船と見立て、住民や市外で暮らす出身者、ボランティア、旅行者の誰もが「Crew=乗組員」になることで気仙沼を元気しようとする新しい「市民」のあり方は、関係人口(気仙沼では、繋がり人口と言います)を増やすだけでなく、コロナ禍でも経済的な効果を上げ、公共サービスとの連携により市民の生活にまで好影響を与えています。 2017年4月にスタートした気仙沼クルーシップは5月6日に会員3万人を達成しました。提携先(全て地元事業者)も132店舗まで増えています。 しかも、5月12日には航空会社エイベックスエアラインズとの包括連携協も決まり、昨日からは気仙沼市が舞台となった朝の連続テレビ小説「おかえりモネ」の放送が始まっています。 まだまだ東日本大震災からの復興途中である気仙沼市が、コロナ禍でも地元の方々の活動から元気な話題が次から次へと生まれています。頑張れ!気仙沼!
2Picks
福島・新潟県境の「八十里越」、5年程度で全通へ
河北新報
山田 桂一郎JTIC.SWISS 代表
記事では取り上げられていませんが、「越後・南会津街道観光・地域づくり懇談会」には3市町の民間事業者を中心メンバーとした「円卓会議」も同時開催されています。昨年度から始まったばかりの会議にも関わらず、八十里越えのビジョンやあり方を検討するだけでなく、既にメンバーの交流の中から新しい取り組みも続々と生まれています。 例えば、三条市下田と只見町の米をブレンドして作った米焼酎「八十里越」は発売日からたった4日間で完売(280本)した人気商品となり、今年は増産が決定しています。しかも、地元では八十里越の歌まで作ってしまいした。 https://www.facebook.com/kangakunosato.shitada/videos/1031782260681678 これまで道路や鉄道、空港等の整備事業に伴う地域づくりの場では地元民間メンバーはカタチだけの議論と行政から提案された事業をやらされて終わってしまうことが多く、結果的に地元に根差した継続的な活動や地域の活性化に繋がらないことがありました。 今回の円卓会議メンバーによる主体的な活動は、今後の広域連携事業を進める上で一つのロールモデルになれるのではないかと期待しています。全線開通する5年後とそれ以降も続く八十里越えの地域づくりには注目です。
4Picks
NORMAL