Picks
9フォロー
21263フォロワー
FRBのインフレ予想が外れたら?
The Wall Street Journal
井上 哲也野村総合研究所 金融イノベーション研究部 主席研究員
日本の例を逆にしてみれば明らかなように、中央銀行が本当に止めなければならないのは、インフレが「自律的」に加速する事態です。典型的にはスパイラル的なインフレ上昇ですが、上昇率がそう高くなくても、いわば「生き物のように」動き出したら注意が必要です。 そうした状況がなぜ生ずるかと言えば、家計や企業の行動がインフレを前提としたものに変わるからです。家計は、先行きの価格上昇を予想して、耐久財や住宅の購入を前倒しするでしょうし、企業も投入価格の上昇に伴うマージン圧縮を回避するため販売価格を引き上げたり、意図的に供給を絞ったりすることが想定されます。そうなれば、因果関係がチェーンのように繋がって、物価は自律的に上昇します。 その意味で、家計や企業が今後の物価上昇をどう考えているかは、政策運営の上で重要な判断材料となります。 ただし、そのために活用される多くのサーベイの質問が、単に「今後の物価は上がると思いますか?」という内容になっていることには問題も残ります。より適切な質問は、「今後の物価上昇に備えて、具体的な対応を講じますか?それはなんですか?」というものであるべきです。
4Picks
NORMAL