Picks
5フォロー
3624フォロワー
赤道直下なのに365日「真夏の軽井沢」のなぜ?
東洋経済オンライン
安藤 晴彦RIETI Consulting Fellow
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
1Pick
「日本人はスーチーさんを誤解」 ミャンマー取材27年の記者が読むクーデター
朝日新聞GLOBE+
安藤 晴彦RIETI Consulting Fellow
どうでしょう。 スーチー女史に「国を切り盛りする」実務統治能力があったとは思えません。 確かに建国の父アウンサン将軍の実娘として、いわば国母として、ビルマ民族からは絶大な「信仰」を得ています。しかし、外国メディアの英語インタビューは受けるけれども、国民は「由らしむべし」で、あくまで上から目線。 マイクロマネジメントが大好きで、いろんな委員長を兼ね権限掌握するものの、部下からの質問には「私に質問するな」と跳ねつけ、物事が決まらないまま放置。自らを大統領を超えると称し、憲法にも書かれていない超法規的存在として神格化。 クーデター前夜の軍民協議にも、マンデートを与えない部下たちを出すだけで、一切妥協しない。 不正選挙がまかり通るようでは、国の独立を守れないと、憲法護持の正義を掲げて国軍が動いたわけです。 1か月間は平和的抗議で済みましたが、民主化側が暴力是認に動き、それに反応した国軍の武力行使、果たしてどちらが正義・護憲と言えるのか。。。 「国民」が不在で、権力に隷属させる「臣民」としているのは、NLDも国軍も同じ。 30名の青年義勇軍を率いた建国の父の実娘と、建国直後の民主政治腐敗混乱から国の独立を護った義勇軍メンバーの軍事独裁(ネ・ウイン、タンシュエ)の系譜との権力闘争でもあり、根は非常に深いのです。 それぞれが正義のために命懸けで戦っています。 その裏では、外国の投資ファンドなどが暗躍していたりします。。。 正義とは何か、本当に深い問題です。
15Picks
水素都市へ走る中韓 見えてきた新・生態系
日本経済新聞
安藤 晴彦RIETI Consulting Fellow
燃料電池技術で日本は世界トップだけれども、社会実装では、中国・韓国・欧州の勢いには負けています。  仏山市は、深セン市が電気自動車路線だったのに対して、早くから燃料電池路線を突き進んでいます。産業集積もできているし、FCトラムも走っています。  中国中央の政策も、お金がかかる個別補助金から、地方中核都市を競わせるモデル都市連携型に転換、仏山のほか北京、上海を始め水素都市に名乗りを上げた地方都市が、水素ということだけでなく、地方幹部の出世(中央進出)を目指して競うので、資金支出や優遇規制措置を含め、本気度が抜群です。日本では、麻生元知事、太田元知事が熱心でしたが、中国流の政治ドライブはありませんでした。  韓国は、中国を見て、日本を見て、俺たちナンバーワンを目指しています。現代自動車もFCVでは、基本技術は持っていますし、中国生産を始めてコストダウン・量産化の可能性を探っています。  日本勢は、トヨタ、東芝などが本気モードですが、それ以外は様子見も多いのではないでしょうか。(電気自動車がこれだけブームなのに、セパレータメーカーが追加投資しないのを中国勢は好機と見ているくらいです。)ENEOSは、トヨタ大幹部の盟友との誓いで、渡 文明さんが旗振りをされていましたが、昨年ご逝去。合併の歴史の中で、水素には冷ややかな目があります。イワタニは、創業者が水素に強い思いを抱いていましたが、そのDNAを実業に活かしていけるでしょうか。  水電解は、大きなビジネスチャンスです。こうした伸びる分野に身を置くことが、成長と企業価値増大にとっても大事なことだと思います。
13Picks
NORMAL