Picks
263フォロー
3899フォロワー
旅客機で温室効果ガスの排出量を観測 JAXAとANA
NHKニュース
松沢 優希NTTデータ経営研究所 社会・環境戦略コンサルティングユニット マネージャー
旅客機を利用した温室効果ガス観測方法としては、大気を手動/自動でフラスコに詰めて地上に持ち帰り分析するといったものから、飛行中に連続してCO2濃度を測る装置(非分散型赤外検出センサー:気体に赤外線を放射した時、どの波長がどれくらい吸収されたかを調べ成分と濃度を測る)を航空機に取り付けるものまでありました。これらの方法で国立環境研究所、気象庁気象研究所、JAL等が10年以上に渡って、都市上空のCO2濃度の変動幅を観測してきました(CONTRAILプロジェクト)。 今回のJAXAとANAの取り組みは、客室の窓を通して地表面で反射した太陽光を取込み、光の波長から大気成分濃度を推定する方法を取ると発表がされており、技術的には非分散型赤外検出センサーまたはそれに近いものと想定されますが、機器をそのまま客席に設置できて機体を改造する必要がないというところがポイントのようです。データを蓄積させて人工衛星が取得したデータを組み合わせることで、人間活動に伴う温室効果ガスの排出量を、交通・産業などの発生源別に評価できるとしています。 衛星と航空機を利用した蓄積データによって都市域のCO2排出量推定の不確実性を低減しデータを踏まえて可視化することは、多くが推計頼りとなっているこの分野にとって求められていることです。こういった積み重ねによって効果的な地域・産業別のアプローチに繋がるとよいと思います。
65Picks
NORMAL