Picks
9021フォロー
10274フォロワー
「コロナ中退」1300人超 困窮や寂しさ抱え―専門家「個人に即した支援を」:時事ドットコム
時事ドットコム
安田 隆之【おっちゃん♡】 自社オーナー社長兼PEファンド雇われ社長兼ŌGIRI☆倶楽部主筆
これはおかしい記事ではないのかしらん? パッと見てそう思ったのには理由があります。先ごろ発表された文科省の調査では中退者は昨年比で激減したと報道されていたはずだったからです。調べてみると確かに次のような記事がありました↓↓↓ https://www3.nhk.or.jp/news/html/20210221/k10012878981000.html このNHKの記事によると。 ・・記事「全体としては前の年の同じ時期と比べ中退者は2割ほど休学者は1割近く減っています」・・ 各大学も手をこまねいているわけではありません。文科省の通達に基づいてむしろ授業料減免や納付の猶予あるいは独自の貸付の仕組みなどが奏功しているといっていいでしょう。文科省も大学の関係者も事態を放置しているのではない。そのことは数字が物語っています。 しかしこの記事は嘆かわしいものとしてこんなふうに指摘しています。 ・・記事「就職支援会社「ジェイック」(東京)は昨年5月、中退を考える学生向けに相談窓口「コロナ中退119番」を設置し既に50件の相談が寄せられた」・・ あのですね?「昨年5月から50件」っておおごとのようにいいますけど昨年5月からってもう10ヶ月間ですよ?週に1件ですよ? 一部のエピソードを使ってそして文科省や大学の無策を暗示するような形で批判的に報道する。最近はフェイクで突っ走ることで名を馳せている時事通信社が配信元であるという事実を割り引いてもさすがに牽強付会の度が過ぎるというものでしょう。 むしろ教育関係者の努力を伝えるとか学生が利用できる公的支援策を伝えるとか。そういう報道のほうがどれほど有益な記事になることか。わたしはそんなふうに思いますけどね。
なぜ日本企業は賃上げを抑制するようになったのか 先進7カ国で最下位
弁護士ドットコムニュース|話題の出来事を弁護士が法的観点からわかりやすく解説するニュースコンテンツ
安田 隆之【おっちゃん♡】 自社オーナー社長兼PEファンド雇われ社長兼ŌGIRI☆倶楽部主筆
・・記事「日本の企業がこれまで内部留保をため込み賃金を出し渋っておいて経団連の会長が脳天気にこのような発言をすることに驚かされます」・・ おさらいですが内部留保とは「利益準備金」のこと。貸借対照表(BS)の貸方において企業の調達資金のうち負債や株主資本ではなく利益によって出てきた「計算上の数字」です。BS上での企業のお金の調達方法を意味する表現に過ぎません。 BSの貸方に記載されている内部留保は「資金をどのように調達したか」の記録でしかなくそれを「どのように保有しているのか」=現金なのか株なのか設備なのかは内部留保の額だけを見てもまったくわかりません。現金が設備へ置き換わったとしても内部留保にはまったく影響しない。内部留保が豊かだからといって「使い道のない現金をたんまり溜め込んでいる」というわけではないのです。 これを理解するために企業が賃金原資=「現金」をどうやって手に入れるかを考えてみましょう。お給料を払うには現ナマ=「現金」が必要だからです。 ・売上を増やしてコストを減らす ・銀行から借金をする ・増資をして株主から資金を集める 手段はこの三つだけです。 どこにも内部留保なんて出てこないでしょう?内部留保とは資金調達(とその使途)の結果であって現金を得る手段ではないからです。内部留保を減らして賃金(賃上)原資などの現金を調達することはできないのです。 もちろん不要な現金を豚積みしておくことは無意味です。ですから内部留保を減らす方法としてお給料=現金をたくさん払って赤字にすることはできます。赤字になると純資産の部にある利益準備金が減り必ず「現金」も減ります。「内部留保」が増えたからといって「現金」が増えたわけではありませんが「現金」が減れば必ず「内部留保」は減るからです。 そんなことを株主が認めるかどうか。むしろ「現金」は成長のための設備投資に使うはずです。仮にですが企業が「内部留保」と「現金」を減らすならば配当や自己株買いをまず行なうでしょう。なぜならばBS目線だと企業にとってはお給料=販管費と紐付けられる借金=負債の利息=調達コストよりも株式の利息=調達コスト=株主の期待収益率の方が圧倒的に高いからです。 つまりそれを上回る収益率=稼ぎ力を社員が実現することが大事だということです。
143Picks
【検証】時短協力を拒否した「ラ・ボエム」の判断は正しかったか
M&A Online
安田 隆之【おっちゃん♡】 自社オーナー社長兼PEファンド雇われ社長兼ŌGIRI☆倶楽部主筆
グローバルダイニングさんの戦闘的(?)な姿勢には同じ外食屋として「大丈夫かな?」という思いと「よくやった!」という相反する思いを同時に持ったものです。 この記事では「売上」と販管費の一要素である「人件費」を比較していますが外食屋目線でひとこと。実はこの記事では「原価」の分析がすっぽりと抜けているんです。 これでは「原価の発生する営業継続中の売上」と「原価の発生しない時短協力金」を比較することになってしまいます。比較するべきなのは「売上」でなくあくまでも「営業利益」ですから「営業継続した場合」と「時短した場合」の原価や人件費以外の販管費も考慮しなければ正しい比較にはなりません。この記事の数字を鵜呑みにすることは避けるべきでしょう。 しかしその点を差し置いても記事の言う通りグローバルダイニングさんの営業継続は時短協力よりも儲かったのは事実だと思います。 なおグローバルダイニングさんは「時短に応じず営業を継続する」と宣言。しかし特措法が成立した際には「法律違反をすることになるので泣く泣く今後は時短する」と方針転換を表明したばずでした・・が。なぜかそれを反故にして今日も元気に営業継続中であります。 冒頭での「大丈夫かな?」という思いと「よくやった!」という相反する思いはさらに強くなりました。
70代の高齢警備員「老後レス社会」の過酷な現実
東洋経済オンライン
安田 隆之【おっちゃん♡】 自社オーナー社長兼PEファンド雇われ社長兼ŌGIRI☆倶楽部主筆
どんな記事であれ「伝えたいこと」があるから書かれるのだがこの記事の「伝えたいこと」は何なのでしょうか。 それは「高齢で働く(かねばならない)ことは惨めだ」「できるだけやめたほうがいい」。そんな思い込みだとしかわたしには思えません。 この記事は東洋経済オンラインの配信ながらも筆者は朝日新聞取材班ですから何がしかの「批判的意図」があることはわかります。しかしそのことを割り引いても高齢者が高齢者であるという理由でじゅうぶんな年金や福祉のもとで働かないことこそが幸福であると結論するのは一面的に過ぎないと思います。 たとえばわたしは何歳になっても働いていたい。定年で仕事を辞めて年金暮らし。たまに孫の顔を見ながら旅行して毎日が悠々自適。そして死ぬまでの何十年かを働かずに過ごす。あーやだやだ。とんでもない。そんな生活のいったいどこが楽しくて幸せだというのでしょう。 ・・記事「80歳を超えた警備員の実例を紹介しましょう。千代栄一(ちよ えいいち)さん85歳。2020年4月まで警備員として働いていました」・・ 記事はあたかも惨めな高齢者の例として紹介していますがほんとうに千代栄一さんは惨めな存在なんでしょうか。 警備員であれなんであれ必要とされ職を得て報酬を貰う。きつい仕事かもしれないができない仕事をしているわけじゃない。いったい何の恥じることのあるものか。わたしも80を超えても働ける自分でありたいと思います。
“打ち出の小づち”サセックス公爵称号剥奪の危機 ヘンリー王子とメーガンさんの「王室すり寄り」〈AERA〉(AERA dot.)
Yahoo!ニュース
安田 隆之【おっちゃん♡】 自社オーナー社長兼PEファンド雇われ社長兼ŌGIRI☆倶楽部主筆
他国の王室のゴタゴタなのでなかなか分かりにくいのですが。まことに卑賎な例ですけどいわば老舗のお家騒動だと考えればわかりやすいと思うんですよね。 老舗のぼんぼんの次男坊がなぜかヤンキー女にほだされて結婚。その挙句にヤンキー嫁にけしかけられてご本家を出奔。そしてヤンキー嫁の地元に引っ越したと。 確かに次男坊は老舗のご子息ですから取締役になっています。けれどもヤンキー嫁のほうは単に「次男坊の嫁」だという理由だけで名目的にご本家の取締役に名を連ねさせてもらってるに過ぎない。それに相応しい何かがあるわけじゃないと。 それなのにそれなのに。ご本家のご当主である高齢の刀自には楯突くわご本家の家業は手伝わんわヤンキー嫁の地元に戻ってご本家の悪口を言いふらすわとうとう取締役報酬は貰いながら勝手にご本家の暖簾を使って商売を始めるわと。 そこでご当主の刀自がぶち切れた。老舗の暖簾を守るために次男坊夫婦のご本家の取締役の任を外したうえにご本家の暖簾で商売するのはまかりならんと決定したと。 我が国の老舗も次男坊の長女のことでゴタゴタしてますねえ。
3Picks
「いきなり! ステーキ」のキッチンカーでステーキを買ってみた正直な感想
ロケットニュース24
安田 隆之【おっちゃん♡】 自社オーナー社長兼PEファンド雇われ社長兼ŌGIRI☆倶楽部主筆
何かとお騒がせないきなりステーキさんですが。このキッチンカーという新施策もまた賛否両論のようです。 キッチンカーというか移動屋台というビジネスはもっと増えてもいいと思うのですが実際には都内の街角でもあまりみかけないでしょう? 外食屋の立場でいうとキッチンカーや移動屋台はビジネス的には大きなチャンスがある業態。パッケージ化しやすく特にFC化をやりやすい業態だと思うのです。マックのキッチンカーなんて面白そうですよね?富士そばや丸亀製麺も面白そうです。しかしマックを含め大手外食チェーンでキッチンカービジネスに参入している企業は見かけません。なぜなんでしょうか? この記事は消費者目線ですから指摘されていませんが大きなハードルがあるからです。まずは食品衛生法の営業許可。この営業許可はたとえば都内だとなんと「各区の保健所ごと」に取得する必要があるのです。 たとえばの話ですが東京の山手通りで営業するとしましょう。午前中に登り車線で営業するときは渋谷保健所の営業許可が必要で午後になって反対車線で営業しようとするとこんどは目黒保健所の営業許可が必要となる。東京都内全域をエリア営業しようとすると23区ぜんぶの営業許可を各区の保健所から取得しなければならないということになるんですね。 もうひとつが道路上で営業する場合には各管轄の警察署から「道路占有許可」をもらう必要があります。ここにも記事で触れられていないポイントがあります。それは道路占有許可は「そのつど」取得しなければならないということです。 これではキッチンカーや移動屋台が増えるはずありません。個人的にはこの類の規制はもうちょい融通をきかせらないものかとは思いますけどビジネスとしてスケーラブルかと聞かれれば現状の規制がある限りは難しい。 宣伝=話題作り=認知アップではなくもしもいきなりステーキが本気でこのビジネスを拡大しようとしているならば危ない。いきなりステーキの魅力は本業のリアル店舗にあると思うからです。それはつまりリアル店舗の店頭にばーんと掲げられている一瀬社長の直筆の筆書きのコテコテのポスター……え?ちゃうの?←最近見かけなくてさびしい*(^o^)/*
あまりにも「鈍感力」が高すぎない?SOSを見てみぬ振りをする現代人への問い
かがみよかがみ
安田 隆之【おっちゃん♡】 自社オーナー社長兼PEファンド雇われ社長兼ŌGIRI☆倶楽部主筆
先日のこと。たまたま銀座一丁目駅の階段でたくさん荷物を持ったまま乳母車を下ろすのに難儀している若いお母さんを助けたことがありました。横を通り過ぎる誰もちら見はするものの自ら手伝おうと声をかけてくれませんでしたよ。 そこでわたしはどうしたかというと。横を通り過ぎようとする若者に「ごめん手伝ってくれる?」とお願いしました。もちろん彼は喜んで助けてくれましたよ。 確かに筆者のように感じることが多くこの記事の問題意識には共感しなくもないです。しかし。これほどまでに腹が立って後になってわざわざ文章を起こしてそれを推敲してネットに公開するほどまでの熱意を持つ彼女であればなぜその場で声を挙げなかったんでしょうか?ここでこんな不満をいってもしょうがない。少なくとも「その場での最適解」はそれしかないでしょう? 彼女は嫌味たっぷりにこう非難します。「あまりにも『 鈍感力』が高すぎやしませんか?」(ママ)と。一般論として他人の無自覚を責める正義漢ぶりを発揮しつつ目の前の課題では沈黙する。わたしは彼女のこんなふうな「鈍感力」のほうが気になりますけど。 正義からの逸脱を追及する自粛警察ってきっとこんなひとたちが主役なんでしょうね。やれやれ。
焼き肉業態で「非正規差別」? 批判記事を巡り、ワタミが抗議した「論拠」とは
ITmedia ビジネスオンライン
安田 隆之【おっちゃん♡】 自社オーナー社長兼PEファンド雇われ社長兼ŌGIRI☆倶楽部主筆
ワタミといえばいろいろあった会社なもんでこの記事のようなワタミ寄りの論調にはどうしても警戒心が出てきてしまいますが。 記事の趣旨は「ワタミが自動化や機械化を取り入れた焼肉業態へ事業転換することでアルバイト切りを進めているという批判がある。しかしむしろ会社全体ではアルバイト雇用を増やしているのだからそんな批判は筋違いではないか?」というもの。 しかし。そもそもの論点はそうじゃないですよね?そもそもの論点とは「消費者の消費行動の変化に対応して企業が自動化機械化を進めた結果として雇用を減らすことは批判されるべきことか?」ということです。過去に労務問題でいろいろやらかしたことが仇になってワタミはマスコミのターゲットにされそこになんちゃらユニオンが乗っかっるというカオスな展開になっているわけで。 言い換えれば既存のアルバイトの雇用を守るために企業は業態転換を差し控えるべきか。あるいは既存のアルバイトの雇用を維持できる限度でしか企業は業態転換はしてはならないのか。ことの本質はそんな主張が正しいのかどうかということなんです。 実際には激変緩和措置は求められるでしょうがこんなワタミのラッダイト運動への答えは明白でしょう。業態転換はワタミのような一企業にとどまりません。コロナ禍は今後ワタミだけでなくさまざまな産業での雇用の変化をもたらすことでしょう。さらには「AIが仕事を奪う」ことも現実化するでしょう。 今回の記事は「ワタミだって頑張ってるよ」じゃなくてそこまで踏み込んでもらいたかったですよね。
3Picks
緊急事態宣言、「段階的解除」で調整 延長なら1カ月軸=関係筋
Reuters
安田 隆之【おっちゃん♡】 自社オーナー社長兼PEファンド雇われ社長兼ŌGIRI☆倶楽部主筆
昨日今日の国会での菅総理や西村大臣の答弁から緊急事態宣言の1ヶ月延長=3月7日まで延長の可能性が取りざたされるようになってきています。今回の記事もその文脈で「段階的解除」=一部は解除されるがその余は解除されないということのようです。 しかしその場合に現行のさまざまな施策がどうなるのか。それがまったくわかっていません。今回のようないきなりの緊急事態宣言の発出もそうですが予測のたたないということが企業にとってはいちばん困るのです。 たとえば協力金や雇用調整助成金あるいは消費税等の納税猶予や社保納付猶予についてはその取扱がどうなるのか。まったく報道もされていませんし国会でも具体的に言及されていません。 たとえば。社保の納付猶予ひとつとってみてもそうです。これはこれでたいへんありがたい措置だったのですが未来永劫続くことにはなっていません。実はこの措置は昨年一年間のみ。「令和2年2月1日から令和3年2月1日までに納期限が到来する厚生年金保険料等」=「令和2年1月分から令和2年12月分まで」の一年分のみが対象なわけです。 つまりこの措置のもとでは今月支払い分から請求が来るんですが実は今回の緊急事態宣言によるインパクトは考慮されてはいないんです。ましてや今回の「関係筋」とやらの言う「段階的解除」=一部は解除されるがその余は解除されないという場合の取扱はどうなるのか?そしてそれはいつわかるのか? https://www.mhlw.go.jp/content/12500000/000626844.pdf 企業経営者の立場からするとどうも「関係筋」の政治的発言と現実の施策の実行が跛行的にすぎるように思えてなりません。
炎の中から兄の叫び 阪神大震災 4児の母「つらいけど、忘れたくない」(毎日新聞)
Yahoo!ニュース
安田 隆之【おっちゃん♡】 自社オーナー社長兼PEファンド雇われ社長兼ŌGIRI☆倶楽部主筆
僕はその当時は東京で働いていた。朝のニュースの映像で尋常ではない何ごとかが起きたことを知った。 徐々に状況が明らかになるに連れて甚大な被害が発生していることがわかった。神戸に住む両親とも妹夫婦とも連絡が取れなかった。僕は長田区にある高校に通っていた。毎日通って遊んでいたあの長田の街が壊滅したことを知った。 幸いなことに両親も妹夫婦も助かったがあのとき感じた絶望感や焦燥感ややり場のない怒りのような感情はいまでも鮮明に思い出すことができる。そしてそれまで意識したことはなかった自分の育った街に対する愛着というものも。 妹夫婦は倒壊した阪神高速のすぐ北側に住んでいた。言葉に尽くせぬ辛い体験をした。この記事を読んだ妹からLINEがきた。 ・・やっぱり、こういうのを読むと泣ける。毎年この時期になると、こういう記事が出て、当時を思い出すよ。ウチらの地域は全半壊90%以上で、こういうマンションがすぐ裏にあった。火事はでなかったけど、夜中に自衛隊の投光器だけで、隊員がシャベルだけで中に入ってさ、外から家族がお父さん〜!とか呼ぶの。一緒に焚き火してた人が、足がみえてるけど、今日はもう無理やから明日朝6時にまたここで、とか話してた。私は運良く助かったけど、亡くなった方はホンマに周りで多かった。何年経っても辛い記憶やけど、今をちゃんと生きなアカンって思うわ・・ あれから26年が経ったけれども僕も毎年この日を迎えるたびに自分のありように対してとても厳粛な気持ちになる。月並みだけどちゃんと生きなきゃと思う。
4Picks
NORMAL