新着Pick
SPD14KORLLWIWT2T
多関節産業用ロボット
JPN

多関節産業用ロボット 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
生産用機械製造
>
多関節産業用ロボット
自動車用の溶接、塗装等で活用する多関節ロボット(関節機構を駆動するアクチュエータ機能を持つ)を製造する企業群。関節を持たない電子部品自動装着装置等は本業界から除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
4Picks
FUJIとALBERTが多関節ロボットのプログラミングフリーを実現するAIを共同開発、初めて見る部品も自動認識可能に
IoTニュース:IoT NEWS
|
株式会社FUJIと株式会社ALBERTは、FUJIの多関節ロボット「SmartWing」で、AI・ディープラーニング技術を用いて、ティーチングやプログラミングを必要としない多関節ロボットの実現に向け、共同技術開発を進めている。 カメラを用いて多関節ロボットを動かすためには、対象物の形状認識やロボットの動作をプログラミングする必要があるが、これらは煩雑で、スキルの高いプログラマが必要となり、多...
14Picks
野菜農家向け除草ロボ、ドコモなど開発 AI自律走行
日刊工業新聞電子版
|
NTTドコモは、みのる産業(岡山県赤磐市)、野菜くらぶ(群馬県昭和村)と共同で、野菜農家向けの除草ロボットを開発した。人工知能(AI)と画像認識カメラを搭載し、畑の畝などをまたいで...
15Picks
AIを活用しプログラミング不要の多関節ロボットを共同開発
MONOist
|
FUJIとALBERTは2018年12月13日、AI(人工知能)、ディープラーニング技術を活用し、ティーチングやプログラミングを必要としない多関節ロボットを共同開発したと発表した。
14Picks
ジャケットを着るだけでロボットのプログラムを可能にするWandelbotsが77億円を調達
TechCrunch Japan
|
産業用ロボットは、2020年までに2000億ドル(約22兆7000億円)相当の規模に成長する勢いだ。産業用ロボットには、自動機械の限界を押し広げ、既存技術を打ち壊す人工知能の革新的な利用という、他の最先端分野と共通する側面がある。だが、ひとつだけ大きく異なるのは、どのロボットメーカーも独自のソフトウエアやオペレーティング・システムを使っているため、ロボットのプログラムが大変に難しく、時間も費...
20Picks
【佐川×DMM×日立物流】3社の連携で3Dプリントサービスを加速
ECのミカタ
|
「DMM.make3Dプリントサービス」は、モノづくりのためのプラットフォームを運営。産業用の3Dプリンターを複数導入し、一般ユーザーでも求めやすい価格で1点からでも注文が可能。法人等からの需要が多い、プロトタイプや保守パーツの造形に適したプリンターを導入している。 複数の素材を用いることにより、ゴムのような柔らかい素材、硬い素材、耐熱性の高い素材を出力することができ、さまざまなニーズに対応...
14Picks
野菜農家を助ける“除草ロボット”
ニュースイッチ
|
NTTドコモは、みのる産業(岡山県赤磐市)、野菜くらぶ(群馬県昭和村)と共同で、野菜農家向けの除草ロボットを開発した。人工知能(AI)と画像認識カメラを搭載し、畑の畝などをまたいで自律走行する。リチウムイオン電池を搭載し連続6時間稼働する。有機野菜などの栽培は雑草が生えやすく手間がかかる。除草ロボで省力化問題を解決する。 除草ロボは商品化へ仕様を整備しており、発売時の価格は50万円前後を目標...
13Picks
ドローン活用事例:空撮、点検に配送から農業まで、27本の動画でまるわかり
ビバ! ドローン:規制、飛行許可、資格、DJIドローンの機体情報や噂などの記事を掲載!
|
ともすれば軍事用やホビー用としてのイメージが強かったドローンですが、実際にはビジネスや産業の分野での活用も急速に進みつつあります。この記事では、そんな民生用ドローンの活用事例を空撮や点検に物流からお笑いまで、幅広く動画でご紹介していきます。
271Picks
【世界最速】“人類の新パートナー”と触れ合うX'mas会へご招待
NewsPicks Brand Design
|
※イベントお申し込みは、終了致しました。 “人類の新しいパートナー”の誕生へ──。 2018年12月、林要氏が率いるロボットベンチャー・GROOVE Xが、ついに新世代家庭用ロボット「LOVOT...
10Picks
ドローンを“無力化”する装置、日本での需要は?
ニュースイッチ
|
関東航空計器(神奈川県藤沢市、中上隆臣社長、0466・81・3307)は、電磁パルスを発生させ、飛行ロボット(ドローン)を無力化する装置の市場調査を始めた。国内でドローンは産業向けのイメージが強いが、海外では無人兵器としての開発も進んでおり、欧米メーカーが相次ぎドローンの防衛装置を投入している。関東航空計器は販売認可の取得を進め、認可が得られれば、防衛省のほか、2020年の東京五輪・パラリン...
68Picks
産業用ロボットメーカーの知名度調査、1位は・・・?
ニュースイッチ
|
IDCジャパン(東京都千代田区、竹内正人社長、03・3556・4760)は、日本と中国における産業用ロボットの利用動向調査をまとめた。ロボットメーカーの認知度では日本はファナック、中国はスイスのAB
13Picks
ニトリも導入した自動搬送ロボット「バトラー」物流倉庫の自動化を加速!4.2倍のピッキング効率を達成するしくみ
ロボスタ
|
自動搬送ロボットとAIによって、物流倉庫の入出庫・発送業務の自動化が加速しそうだ。 そのロボット「バトラー(Butler)」は、出荷する商品が収納されたラック(棚)の下に潜り込み、ラックごと持ち上げてスタッフの元に運んでくる。スタッフはバトラーが運んできたラックから商品をピッキングし、バーコード・リーダーをかざした上で同梱発送用のパレットに入れる。 ニトリホールディングスの物流子会社、ホーム...
61Picks
フィアットが産業用ロボット部門の売却検討、最高2580億円-関係者
Bloomberg.com
|
フィアット・クライスラー・オートモービルズ(FCA)は産業用ロボット部門のコマウについて、15億-20億ユーロ(約1930億-2580億円)での売却の可能性を含む幾つかの選択肢を検討している。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。
34Picks
産業用ロボットの利用動向、日本と中国を比較・分析--IDC調査
ZDNet Japan
|
IDC Japanは日本と中国における産業用ロボットの利用動向を調査、11月20日にその調査結果を発表した。日中における、産業用ロボットの導入状況や導入事業者の選定基準などについて比較・分析している。
81Picks
恐ろしいほど「辛い」成分が、末期がん患者を痛みから救う? 植物由来の新しい鎮痛剤の威力
WIRED.jp
|
世界一辛いトウガラシよりも10,000万倍も辛いとされる植物の成分が、医療用の鎮痛剤として注目されている。関節痛の患部に注射すると痛みを伝える神経末端が破壊され、痛みを感じなくなるというのだ。動物実験でも効果が見えてきたこの手法は、痛みに苦しむ末期がん患者への応用だけでなく、米国で蔓延するオピオイド中毒から人々を救う新たな手段になる可能性を秘めている。
23Picks
ビジネスを変える「5G」
www.itmedia.co.jp
|
いよいよ2020年に商用サービスが開始する、次世代通信規格の「5G」。5Gが持つ「高速・大容量」「多接続」「低遅延」という特徴を生かすことで、従来にはない通信サービスが実現する。さまざまなモノがインターネットにつながる「IoT」の世界も、5Gによって加速。スマートフォンのみならず、ロボット、クルマ、ドローンなども5Gに対応することで、新しい活用が期待される。本特集では、5Gがビジネスをどう変...
12Picks
ロボットサプライヤーの認知度は?日本と中国における産業用ロボットの利用動向
AMP[アンプ] - ビジネスインスピレーションメディア
|
IT専門調査会社IDC Japanは、日本と中国における産業用ロボット利用動向に関する調査結果を発表した。本調査では産業用ロボットサプライヤーの認知度と産業用ロボットを導入する際の事業者の選定要件…
13Picks
ロボット業界の今がわかる最新カオスマップ
@DIME アットダイム
|
経済産業省「ロボット産業市場動向調査結果」によれば、日本国内のロボットの市場規模は2035年までに9.7兆円まで拡大すると予測されており、その市場規模の約半分がサービス分野だと言われている。ロボットス...
224Picks
ファナックのロボット事業、新工場稼働で4強から1強へ
LIMO
|
人手不足や賃金高騰などを背景に製造現場の自動化ニーズが世界中で高まっている。それに合わせて製造現場で使用されるロボット、いわゆる産業用ロボットの市場も拡大している。その産業用ロボット市場は、ファナック㈱(山梨県忍野村)、㈱安川電機(北九州市)、ABB(スイス・チューリッヒ)、KUKA(独アウクスブルク)が4強といわれており、この4社で世界シェアの7~8割を占めるとされる。
229Picks
IoT世界首位がウサギのGEではなく「カメのシーメンス」である理由
Diamond Online
|
IoTで先行していた米GEを抜き去り、世界最大級の産業用プラットフォームを構築した独シーメンス――。電機業界の新秩序に迫った『週刊ダイヤモンド』2018年11月10日号「変われぬ東芝 変わる日立」のスピンオフとして、シーメンス日本法人の藤田研一社長に成功の理由を聞いたインタビュー拡大版をお届けする。
10Picks
中華鍋と包丁が消えたリンガーハットの舞台裏(取材動画も公開!) - 週刊ダイヤモンド特集セレクション
Diamond Online
|
少子高齢化や人件費の高騰で、厳しい生き残り競争が繰り広げられている外食産業。その競争の鍵は、一昔前の「美味しさ」や「おもてなし」から、ITやテクノロジー、ロボットなどによる生産性改革へと変わった。そんな潮流をいち早くつかみ、厨房をガラリと変えたリンガーハットの取り組みを紹介する。
多関節産業用ロボット 概要
世界
日本
中華人民共和国
マレーシア
インドネシア