新着Pick
安倍首相「北朝鮮が弾道ミサイル発射 EEZに着弾も」
小原 凡司
笹川平和財団 特任研究員
北朝鮮が、深夜に弾道ミサイルを発射したのであれば、純粋な実験だけでなく、米国に対するけん制の意味合いもあると考えられます。 発射したミサイルの各種のデータは、飛翔するミサイルから送られてきますから、夜間でもデータはとれますが、開発のための実験であれば、なるべく良い条件で、目視も含めて全ての情報を取りたいと考えるだろうからです。 北朝鮮は、これまでも、米国の要求を拒否する姿勢をとり続けています。北朝鮮にとって、米国に対する核抑止の確立こそ、唯一の生存の道だからです。北朝鮮は、米国を射程に収める弾道ミサイルの完成を急ぎます。 北朝鮮は、米国が北朝鮮の核兵器保有を黙認するまで、けん制や挑発を繰り返すでしょう。もはや、北朝鮮は、いつでも弾道ミサイルを発射できる、ということを示そうとしています。 日本や米国は、北朝鮮の弾道ミサイル発射を常に警戒しなければならなくなるのです。継続されれば、これは大変なコストになります。 北朝鮮は、チキンレースを仕掛けているも同然です。米軍は、挑発され続けることを許容しないということを表明し始めています。 米国は、北朝鮮の核兵器保有を黙認するのか、これを阻止するために軍事力等を行使するのか、判断しなければならない時期が迫っています。
NHKニュース
215Picks