新着Pick

オリジナル

【新】「農業のアップデート」が日本の食を進化させる
NewsPicks編集部
栗田 紘seak株式会社 代表取締役
このコメントはアカウントを作成すると読むことができます。
496Picks
【葉村真樹】「存在価値」の有無が新旧激突時代の生存を決する
NewsPicks編集部
葉村 真樹LINE株式会社 執行役員 法人事業戦略担当
イノベーターズ・トーク三日目。今日は私がこれまで関わったことのある企業のミッションステートメントを通じて「存在価値=バリュープロポジション」の考え方と重要性について語ってます。 Twitterについては古くからのユーザー(といっても精々10年ほどw)は懐かしいエピソードも交えて話してますし、Diamond Online(DOL)の拙コラムがNPでピックされたのでご存知の方も多いかもしれません。 またマツダについても同じくDOLの拙コラムがNPでピックされており、そこではより詳細に話していますので、興味のある方はそちらも(https://diamond.jp/articles/-/172536)。 さて、本記事中には、マツダが「ブランドエッセンスビデオ」と呼ぶ彼らの「存在価値」を規定したビデオのリンクが貼られています。出来ればこれも見ていただければと思います。もしあなたがこれに心を揺すぶられるならば、あなたはマツダが「貢献したい」と考える顧客なのかもしれません。 ちなみに記事中でも言及してますが、いずれの例も私が在籍したり仕事で関わった当時の話で、現在の両社が実際どうであるかについては私には分かりません。ただ、両社とも今でも自らのバリュープロポジション=存在価値については極めて重視した、いわゆるミッションドリブンな経営をしている企業であることは間違いないと私は考えます。 なお記事中の図は、個人にもそのまま当てはまります。そしてここにもう一つの円として「自身の情熱や熱意」が加わり3つの円になると「生きがい(ikigai)」になる、などとの話も最近あるようです。企業としても情熱がバリュープロポジションと重なっている企業では、そこで働いている人も輝いているように思います。
141Picks
【松浦勝人】小遣い稼ぎに大人たちが寄ってくる。エイベックス設立
NewsPicks編集部
末崎 正展音楽プロデューサー 作詞家/作曲家
輸入盤というのは国内盤と違い 定価販売を前提とする再販制度の適応外商品 非再販商品ですので、当然自由価格になります。 松浦さんのおっしゃる通り、既にブランド力の ある有名アーティストの新譜は、輸入盤であっても ほぼメジャー発売という事もあり市場価格に差異はありませんが、 ダンスミュージックの様に海外のインディで制作製造される場合が 多いモノは、DJ的センスを持った専門家で無いと中身の価値は サッパリわからないので、ある意味、値付けの市場評価基準も無く 低価格で、取り敢えず販売されている場合が多いのです。(日本語が一切表記されていないので当然といえば当然ですが、) 其れをセレクションし、買い付けするバイヤーとしての 目利き力と、更にその作品を魅力的に仕立てる日本語での キャプション文章力で、30%上のせした金額で卸せるビジネスの原型を作った訳ですから矢張りパイオニアですね。 好きな事が、専門家として、セレクター、コメンテーターとして、 市場を独占できるブルーオーシャンの発見者となった実話の好例ですね。 其れを更に拡大させたコンサルタントの人も、先述のオーナーさんと同じで松浦さんにフォーカス出来る目利きが良い方ですね。
93Picks
【山本豊津】画廊はアートの価格をどう決めているのか
NewsPicks編集部
塩崎 悠輝International Islamic University Malaysia 助教授
アートが画商に仲介されて世に出るようになったのは、ごく新しいことです。画家や彫刻家が、「新しい物の見方」をその作品で示してみせても、作品が多くの人に享受され、評価されることがなければ、社会に衝撃を与えることにはなりません。かつては画家や彫刻家は教会や寺院、王侯貴族、あるいは豪商から直接注文を受けて、その注文の範囲内で斬新な「新しい物の見方」を示したりしていました。教会や寺院、王侯貴族が発注すること自体が社会的な評価であり、世に出るために必要でした。  ヨーロッパでは18世紀になると従来より広い層がアートを自宅で享受するために作品の仲買をする美術商が増えていきました。日本やヨーロッパにはそれまでは庶民に向けて浮世絵や銅版画を売る商売が存在していましたが、出版商やかわら版屋に近い商売でした。19世紀になると、国家が、国民国家創成のイメージ普及の重要な手段としても、アートを支援するようになりました。日本などでも、アート市場は新興近代国家としての必要から、国家が支援したのが始まりです。  現代は、教会や寺院、王侯貴族が価値を定める時代ではなくなりました。国家もまた多くの先進国では価値を定める存在とはいえなくなりました。価値を定めるのは、市場であり、メディアであり、つまりは経済です。アートによって「新しい物の見方」を示す方法も多様化していますが、市場で通貨に換算されるか、メディアで普及するか、が必要になります。ダイヤモンドやファッションと同じで、ニューヨークやパリを中心に市場での価値を定める仕組みがあり、それで流通に乗るようになっています。もはやインターネットも使えるし、表現の手段はマンガでもインスタグラムでもテレビCMでもありえるので、アートを世に出して人々に享受できるようにしていく仕組みは今後も変わっていくでしょう。
208Picks
【真相】カンヌ作品の作り方。映画製作の内幕を教えます
NewsPicks編集部
大高 健志MOTIONGALLERY / Popcorn 代表
私も#1、#2とお話させて頂いたNEWSPICKS連載「映画とお金の秘密」も遂に最終回。最終回には今この人の話を聞きたい/聞いてもらいたいと思い、濱口監督をお繋ぎさせて頂きました。 今年のカンヌ最高賞パルムドールを争った『寝ても覚めても』の濱口竜介監督とは、演技経験のない4人の女性を主役に5時間超えの超大作を制作し主演女優4人がロカルノ国際映画祭の最優秀女優賞を受賞するなど国内外から8つの賞を獲得しその名を知らしめた前作『ハッピーアワー』でご一緒させて頂きました。 https://motion-gallery.net/projects/BRIDES 藝大時代から映画界から大注目されていた監督であり、濱口さんの実力と努力の結果であるのは大前提の上で、カンヌのコンペにノミネートされる作品の道程となる前作を、コレクターの皆様と一緒に応援出来たとはMOTIONGALLERYとしても誇りですし、クラウドファンディングの素晴らしさや本質的な価値を体現できたと感じています。 それにしても、濱口さんは「言葉」を持っている人だなと改めて思いました。素晴らしいインタビューだと思います。自分も、何らかの形で、長い時間に耐えうるような価値基準をつくる様な活動に邁進したいなと思いました。 "自分では信じられないような行動を、映画を通して体験することによって、想像力はより広がるわけです。私の映画を通して、一人でも多くの人が、自分以外の人の気持ちを理解したりできることにつながったらいいなと思っています。できれば、違う意見・感想を持った人同士で話してみて欲しいですね。" "ただ、私が1人の若手として感じたのは、カンヌがゴールではいけないということです。" "ただ、私がより重要だと思うのは、時間をかけて自分自身の中に、長い時間に耐えうるような価値基準そのものをつくりあげることの方です。"
153Picks
【葉村真樹】「デザイン・シンキング」が最強の戦略になった理由
NewsPicks編集部
葉村 真樹LINE株式会社 執行役員 法人事業戦略担当
イノベーターズ・トーク二日目。こちら、昨日の一日目をベースとした議論ですので、是非そちら(https://newspicks.com/news/3150344/)を読んでから読むと分かりやすいと思います。 さて、今日はNPでもピックされることの多いデザイン・シンキングについてです。タイトルはちょっと言い過ぎ、ないし釣り気味ですが、デザイナーとしての思考力を持つ人は、今の時代最強だと、私は思っています。 「アート×ビジネス」と題したNP特集が、目下大人気のようですが、ビジネスと結びつけなきゃアートに興味持てないような人間がアートを語るな、と私は個人的には思うのですが(笑)、デザイン・シンキングも生粋のデザイナーからしてみればそういうものかもしれません。 ただ、そうしたデザイナーがナチュラルに当たり前のようにやっていた暗黙知だった思考、構築力といったものを形式知化したところには価値があるかと思います。まあ、モテ男の思考回路を完全公開!みたいな感じでしょうか? 本日分も楽しんでいただけると幸いですmm 追記:ちなみにポジショニング戦略も、RBV戦略も否定するものではなく、提供価値(デザイン・シンキング)→自社資源(RBV)→市場内競争力(ポジショニング)という戦略立案における順番の問題と考えます。
537Picks
【スライド】今さら聞けない、現代アートの歴史と読み解き方
NewsPicks編集部
塩崎 悠輝International Islamic University Malaysia 助教授
「新しい物の見方を示して見せる」ということは、古今東西、アートの役割でした。何も20世紀のアメリカに限ったことで貼りません。たとえば、日本で6世紀に蘇我氏や物部氏の時代、渡来した「仏像」というもので神の姿を表現する、というのも、「新しい物の見方」でした。その後も仏師たちは大仏であったり、写実的な人物像であったり、様々な物の見方を示そうと試み、時に激しい批判を呼んだり、社会に衝撃を与えたりしました。  「新しい物の見方」が登場することは、社会に大きな衝撃をもたらします。それはアートに限らず、ビートルズがそうであったように、詩や音楽でも可能なことです。あるいは、地動説や相対性理論、いくつかの心理学の学説がそうであったように、多くの哲学や自然科学、社会科学でも可能なことです。  20世紀には、そういった「新しい物の見方」が社会に衝撃をもたらす仕組みがよく理解されるようになり、どうやったら社会に衝撃をもたらす「新しい物の見方」ができるのかひたすら追求されてきたところがあります。現代アートがどこから始まったのか、は、いろいろいえることですが、カンディンスキーが抽象画を始める前にはアフリカ美術の影響を受けたピカソがキュビスムで様々な物を四角形でとらえようとしました。ピカソの前にはセザンヌや印象派の画家たちが、自然を写実ではなく一瞬の印象をとらえて絵画に表現しようとしました。その前の自然主義やロマン派の画家たちもまた、前の世代とは異なる「新しい物の見方」を示して、社会に衝撃を与えてきました。ですから、古来からアートが繰り返してきた「新しい物の見方を示して見せる」ということが、繰り返されているだけともいえます。20世紀は、グローバル化や機械化、自然科学の発展などで、「新しい物の見方」を示す余地が広がり、加速したということはいえます。
863Picks
新着ニュース
人手不足の解決へ--ソフトバンク、自律走行する床洗浄機サービス「AI 清掃 PRO」
CNET Japan
妻の遺体遺棄疑い、男逮捕 茨城の実家捜索、千葉県警
共同通信
トランプ大統領が発言撤回-ロシアが米選挙介入との結論受け入れ
Bloomberg
市職員ら逆転無罪、福岡高裁 小3男児死亡キャンプ事故
共同通信
「麻薬戦争」続けるフィリピン大統領の人気が上昇する理由
Forbes Japan
岐阜県多治見市で国内5年ぶり40度
共同通信
茶のしずく訴訟で賠償命令 福岡地裁
共同通信
株式委託手数料ゼロの株取引アプリ「STREAM」--現物取引サービスを開始
CNET Japan
サッカー本田選手が企業投資=米俳優ウィル・スミス氏と
時事通信社
東芝投資家の訴訟、差し戻し=米控訴裁、棄却の一審覆す
時事通信社
米中、G20で会談予定なし=貿易摩擦、糸口見いだせず
時事通信社
7/20公開「未来のミライ」をLINEで楽しむ…細田守作品コラボエフェクト
リセマム
あらゆる物のインターネット化を可能にする貼れる/剥がせる薄膜状電子回路
TechCrunch Japan
男児死亡キャンプ事故、市職員ら逆転無罪
共同通信
岐阜県揖斐川町の39.6度、今年全国最高
共同通信
レゴランド、子ども入場料値下げ 「料金高い」の声多く
共同通信
茶のしずく石けん訴訟、企業側に賠償命令
共同通信
ア・リーグが延長戦勝利で6連勝 米大リーグのオールスター戦
共同通信