Picks
60フォロー
36フォロワー
0点は厳しすぎ?小1「とめ、はね、はらい」で× 文科省の見解は(西日本新聞)
Yahoo!ニュース
山本 聡Lead Specialist
極端な事例であってほしい。 2016年2月29日 文化庁 文化審議会国語分科会 で出された"常用漢字表の字体・字形に関する指針(報告)(案)" を根拠に厳しすぎると批判されている。 https://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/kokugo/kokugo/kokugo_60/index.html 議事録より抜粋 ・書かれた文字を見たときに,その字が持っているべき骨組みが認められる場合には,細かな部分の形が違うからといって,それを誤っていると考える必要はない ・この指針(案)の考え方は,今回初めて示されるというものではございません。実は,戦後すぐ,昭和 24 年に「当用漢字字体表」が現在の漢字の字体を定めたときから,一貫して示されてきている考え方であります ・とめ,はね,はらいは大切にすべきではないか,これまで,そのように指導してきた先生方がお困りになるのではないかというものであります。ここで,誤解があるとするならばそれを解いておきたいのですが,この指針は,とめ,はね,はらいはどうでもいい,今まで先生方がなさってきた指導を大きく変えてほしいといったようなことを言っているわけではございません。漢字を美しく,整えて書くことが望ましいということ自体を否定しているのではありません。 ・美しいか,整っているかというのは大切な観点ではありますけれども,その字が正しいか誤りかということとは別の問題であるということをこの指針(案)ではうたっております。 https://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkashingikai/kokugo/hokoku/pdf/92550601_01.pdf 「漢字を正しく書きなさい」ならばこれに倣うべき。「美しく書きなさい」は書の道であろう。
37Picks
NORMAL