新着Pick
SPD0X2VKXACF2CBI
自動車
JPN

自動車 業界

日本
業界一覧
>
輸送機械
>
輸送用機械製造
>
自動車
乗用車(人間の移動を主な目的とした四輪自動車。軽自動車を含む)を製造する企業群。トラック、特殊車両、運搬車両等は本業界から除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
315Picks
TPP「好ましくない」 トランプ政権、日本への自動車・農産物輸出拡大に意欲
SankeiBiz(サンケイビズ)
|
日米首脳会談で、トランプ氏はTPPについて、「好ましくない」と述べ、改めて2国間取引を重視する考えを強調した。政権高官も日本との自由貿易協定(FTA)への強い意…
8Picks
日産自動車がついに「日本の会社」でなくなる! ゴーン氏と仏政府が完全子会社化に取り掛かった - 闇株新聞
Diamond Online
|
日産自動車(7201)が、ついにフランスに奪われてしまいます。闇株新聞はここ数年「日産自動車をルノーから取り戻そう」とことあるごとに記事にしてきましたが、もうその可能性も潰えました。日産自動車は近日中に完全にルノーの一部となり、東証ではなくパリ証券取引所で取引されることになるはずです。どうしてこうなってしまったのか、解説します。
6Picks
新基準「WLTP」排出試験導入せまる 在庫車、値下げ余儀なく 英 - 海外ニュース
AUTOCAR JAPAN
|
WLTP導入後の在庫車販売不可か 新しい燃費試験方法である「乗用車等の国際調和排出ガス・燃費試験法(WLTP)」が今年9月から施行される。この後に残った基準に不 ...
108Picks
SUBARU 燃費や排ガス検査でデータ書き換え数百件に
NHKニュース
|
車の燃費や排ガスの検査でも不正が常態化していたことが明らかになりました。自動車メーカーの「SUBARU」が検査データを書…
16Picks
実録!上場企業が挑む新規事業のマーケティング【株式会社IDOM】
ハフポスト日本版
|
本エントリでは、実例を元に新規事業のマーケティングを紹介する。 対象読者としてはビジネスマン全般をイメージして書いているが、会社で新規事業を担当している方や、マーケティングに携わっている方、自動車業界の方などには特に楽しんでいただけるのではないかと考えている。 クルマ屋にいるIT屋 私は現在、中古車流通大手の株式会社IDOM (旧社名:ガリバーインターナショナル) で新規事業の責任者を務めて...
16Picks
走行しながらEV充電できる!世界初の電気道路がスウェーデンで開通
マッシュメディア
|
スウェーデンの共同事業体「eRoadArlanda(イー・ロード・アーランダ)」は、首都ストックホルムの近郊において、2018年4月、電気自動車(EV)が走行中にバッテリーを充電できる“電気道路”を世界で初めて開通させた
41Picks
増加中の新型タクシー専用車「ジャパンタクシー」、現場から聞くトホホな感想
ハーバー・ビジネス・オンライン/最前線ビジネスパーソンの『知りたい』に応えるビジネスメディア
|
最近、街中でしばしば、イギリスのブラックキャブのようなタクシー車両を見かけることが多くなった。  実はあれ、2017年10月に販売が開始された、トヨタの「ジャパンタクシー」なのだが、タクシー各社の導入が進んでおり、着々 […]
5Picks
SUBARU検査不正 数百件に
NHKニュース
|
車の燃費や排ガスの検査でも、不正が常態化していたことが明らかになりました。 自動車メーカーの「SUBARU」が検査データを書き換えていた不…
133Picks
中国、車の外資規制撤廃へ EV18年、乗用車22年に
共同通信
|
中国、車の外資規制撤廃へ 【北京共同】中国政府は17日、乗用車分野への外国企業の出資規制を、2022年に撤廃すると発表した。現在は現地合弁企業に対する50%までの出資しか認めていないが、この規制を取り除く。電気自動車(EV)な...
318Picks
トヨタ、「車車間通信」車の販売計画 21年に米国で
Reuters
|
[ワシントン 16日 ロイター] - トヨタ自動車<7203.T>は、他の車と短距離無線通信技術で交信することで事故発生防止効果が期待される車両の販売を、2021年に米国で始める計画を公表した。
12Picks
日本版「EV戦略」へ 官民挙げ議論 EVシフトに危機感
NHKニュース
|
電気自動車を普及させる世界的な「EVシフト」に対応するため、国内メーカーのトップなどが参加した次世代自動車の戦略づくりが…
15Picks
日本の自動車産業が将来ダメになるかもしれない5つの理由
投信1(トウシンワン)
|
日本の自動車産業は大きな岐路に立たされています。その背景はテクノロジーの変化や新たなビジネスモデルの誕生によりこれまでの「勝ち組」が新たな競争のルールが確立することで「負け組」になってしまう可能性があるからです。今回はその背景について考えてみましょう。
93Picks
東京からガソリン車が消える日
読売新聞
|
EV9割は戸建て住民 2040年代までに都内でのガソリン車販売ゼロを目指すとした東京都の方針は、電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)の販売を大きく伸ばす可能性がある。
9Picks
200万円で買える幸せを追い求め──軽自動車もいいけど、トゥインゴで世界を楽しもう
GQ JAPAN
|
ルノーのトゥインゴが人気を集めている。ユニークなデザインと手ごろな価格がその大きな要因だ。しかし、ここ日本ではそれも一部だけの話。多くの人が国産コンパクトを選択する。しかも、圧倒的に軽乗用車が多い。
19Picks
中国、自動車メーカーの外資規制を2022年までに撤廃
Reuters
|
[北京/上海 17日 ロイター] - 中国国家発展改革委員会(NDRC)は、自動車セクターの外資保有規制を2022年までに段階的に撤廃する方針を示した。
13Picks
リチウムイオン電池の性能を2桁向上、BMWが採用決めた新素材
MITテクノロジーレビュー
|
多くの企業がリチウムイオン電池のエネルギー密度を高める研究に取り組む中、米国のあるスタートアップ企業が性能を2桁向上させる電池材料の開発に成功した。BMWと提携して自動車への採用を目指すほか、来年にも同社の電池材料を搭載した家電製品が発売される見込みだ。
16Picks
日本の自動車メーカー、収益押し上げも 中国の外資規制撤廃で
産経ニュース
|
中国で自動車の外国企業の出資規制撤廃が実現すれば、日本の大手自動車メーカーの収益を押し上げる可能性がある。各社は中国での販売を増やしているが、取り込める収益は規制により限定されてきた。主戦場としてきた米国で新車市場の伸びが鈍化し、相対的に中国への依存度が高まっているという事情もあり、中国の市場開放拡大に期待は高まっている。
自動車 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
マレーシア
タイ
インドネシア