新着Pick
SPD27HUB04OPVEJT
農薬
JPN

農薬 業界

日本
業界一覧
>
素材・素材加工品
>
化学
>
農薬
除草剤、殺虫剤などの農薬を製造する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
4Picks
農地の25%を有機に、農薬を半減する「みどりの戦略」。専門家の指摘する問題点とは? - 国際環境NGOグリーンピース
国際環境NGOグリーンピース
|
日本の食と農の政策が、ポジティブな方向に動き出しています。農林水産省は今年の3月に、2050年までに有機農業の農地を全体の25%に増やす目標を含む、新たな農業戦略(「みどりの食料システム戦略」)を発表しました
4Picks
注目される環境再生型農業 各業界のブランドも取り組み
NewSphere
|
気候変動に影響を与える主要な人間活動の一つが農業である。大規模な商業的農業には、大量の水と土地が必要であり、全有機農場でない限り農薬も不可欠である。USDAによると、米国では農業により2018年だけで6億9800万メー […]
15Picks
「農薬の使用率が高い国ほど発達障害が多い」…日本の野菜は本当に安全か?(文春オンライン)
Yahoo!ニュース
|
ここで、ネオニコという殺虫剤は胎盤関門を通過し、脳にも浸透し、脳細胞を攪乱するということを覚えておいていただきたい。
14Picks
目指すは農業データのサブスク。AIの活用で農家の勘や経験を見える化
ギズモード・ジャパン
|
Image:Mugendai(無限大)毎日の食事に感謝。高齢化や後継者不足が深刻化する、日本の農業。その現状を極小の泡と先端テクノロジーで変革しようとする企業が、IBMのWebメディアMugendai(無限大)に登場していました。明治19年に創業した老舗が、AIにたどり着いたワケとは。秘密は0.001mmの泡。農薬を抑え、病気になりにくい「ナノバブルウォーター」インタビューに登場していたのは、「日
642Picks
オイシックスドット大地、らでぃっしゅぼーや買収 NTTドコモより10億円で株式取得
M&Aタイムス
|
農薬や添加物使用に配慮した青果物などをネット販売、2017年3月に大地を守る会を子会社化したオイシックスドット大地【3182】は、有機、低農薬野菜と無添加食品の会員制宅配サービスを展開している「らでぃっしゅぼーや」の株式を取得し、子会社化す...
575Picks
【未来予測】植物科学×テクノロジーの農業新時代が来る
NewsPicks編集部
|
1960年代、農業の世界で「緑の革命」が起きた。これは急激な人口増加に対して、高収量の品種の種を開発し、化学肥料と農薬で大量生産するという動きを指す。この革命によって、1960年代前半から40年...
418Picks
「蚊で蚊を駆除」米で承認 子孫残させず群れの数減らす
朝日新聞デジタル
|
米環境保護局(EPA)は、ジカウイルス感染症(ジカ熱)などを媒介する蚊を駆除するために、人工的に細菌感染させた蚊を「生物農薬」として自然界に放すことを承認した。細菌感染した蚊は交尾しても子孫を残せず…
384Picks
無印がいま冷凍食品に力を入れる理由。「売上の3割を食品にシフト」の成長戦略
Business Insider Japan
|
有機栽培や減農薬の青果、店内で焼き上げたベーカリー、弁当・サラダ……。2018年4月にオープンした「無印良品銀座」の1階売り場は食品で埋め尽くされている。 良品計画が昨年来強化しているのが食品である。2018年9月からは新しく冷凍食品も投入。無印といえば生活雑貨が主力なはずなのに、いまなぜ食品に力を...
371Picks
農業×AIで世界40%の食料を守る「Spensa Technologies」のモデルとはーー害虫防除市場と事業多角化の可能性を探る
THE BRIDGE
|
農家にとって、害虫対策と農薬散布量のバランスを保つことは頭を抱える問題です。例えば世界の農業害虫被害額は年間5,400億ドルに上り、40%の食料が被害... 投稿 農業×AIで世界40%の食料を守る「Spensa Technologies」のモデルとはーー害虫防除市場と事業多角化の可能性を探る は THE BRIDGE(ザ・ブリッジ) に最初に表示されました。
370Picks
【日本初】国産エタノールで休耕田が再生している
NewsPicks編集部
|
8月某日。首都圏の熱波がうそのように、岩手県奥州市には涼やかな風が吹いていた。胆沢(いさわ)という地域にある田んぼでは、無農薬、無化学肥料で育てられた稲が力強く穂を伸ばしている。一般人には見分け...
366Picks
16歳男子高校生が「種」を売る何とも壮大な理由
東洋経済オンライン
|
15歳という若さで種苗会社を始めた高校生がいる。東京在住の小林宙(そら)氏、現在16歳の高校2年生だ。会社の名前は「鶴頸(かくけい)種苗流通プロモーション」。伝統野菜を主とする種と苗と、農薬・化学肥料不…
348Picks
有機野菜だから安全で美味しいはウソ!勘違いだらけの有機神話
Career Supli(キャリアサプリ)|あしたのシゴトが面白くなるウェブマガジン
|
あなたは普段野菜をどこで購入していますか?近所のスーパーですか、それとも地元の八百屋さんでしょうか?産地の他に、農薬の使用の有無が気になる方もいると思います。店頭で生産者の写真がついている無農薬...
324Picks
DJI、農業用ドローンを発表--1ヘクタールを10分で散布、自律飛行も可能
CNET Japan
|
DJI JAPANは3月8日、農薬散布ドローン「AGRAS MG-1」を国内発表した。
296Picks
クボタが農業ドローン参入 農薬散布のコスト軽減
共同通信 47NEWS
|
クボタが農業ドローン参入 クボタは29日、空中から農薬を散布する農業用ドローン事業に参入すると発表した。2017年中ごろに販売を開始する。手間やコストの軽減メリットを大規模農家に売り込み、20年度には売上高20億円規模の事業に...
283Picks
レーザー光線で柑橘類を害虫から守る「光学フェンス」
MIT Technology Review
|
フロリダの柑橘類農家は戦いの最中にある。「ミカンキジラミ」という昆虫の侵入により、果実の熟成を妨げる病気が広がり、オレンジの生産が2005年の半分以下の水準にまで減ったのだ。農家は農薬を散布し、...
265Picks
農家や漁師の「ファンビジネス」が拡張する、一次産業のもう1つの道
ami - 起業家と未来の仲間をつなげる
|
「ばあちゃんの自慢は、市場には出回らない無農薬米だったんです」 創業のきっかけとなった自身の祖母とのやりとりをこう振り返る小林俊仁氏は、2017年に食のD2Cプラットフォームとしてukkaを立ち...
236Picks
【農業×宇宙】これからは宇宙からの支援が可能になる時代が来る
Yamaful-農業情報サイト-
|
近年、ICTの発展により農業分野は発展途上の段階にあります。例えば、IoTを活用した生育環境の最適化やドローンによる農薬の大規模散布は有名だと思います。 そんな中、世界でも有数の農業大国オランダが、最先端の技術を使った新しいシステムを生み出しました。このオランダ産のシステムは大きな可能性を秘めているため、紹介したいと思います。 [ad] 衛星を使って宇宙から農業を管理 2017年春、オランダ...
229Picks
世界最大級の「植物工場」、宮城に新設
WIRED.jp 最新情報
|
宮城県で、世界最大級のLED照明を使った屋内レタス農場がオープンした。クリーンルームの無農薬栽培で、既存の農法と比べて面積効率は100倍、成長速度は2.5倍、水の使用は1%という。
223Picks
ドローンで無農薬栽培を推進、従来の有機農業の15倍市場を創る
Diamond Online
|
農業ビジネスを1番の成長分野に位置付けるIT企業、オプティムは、ドローンを活用して農薬使用量を減らしたコメやエダマメを通常の3倍の価格で販売する。この「儲かる農業」のスキームに参画する生産者・団体は1000を超える。同社の菅谷俊二社長に今後の事業展開と課題と聞いた。
農薬 概要
世界
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア