新着Pick
SPD14KORLLWIWT2T
多関節産業用ロボット
JPN

多関節産業用ロボット 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
生産用機械製造
>
多関節産業用ロボット
自動車用の溶接、塗装等で活用する多関節ロボット(関節機構を駆動するアクチュエータ機能を持つ)を製造する企業群。関節を持たない電子部品自動装着装置等は本業界から除く
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
19Picks
岩谷産業、RPAで約210時間分の労働時間を削減した
ニュースイッチ
|
岩谷産業はガス業務の効率化を目的に全社の業務部門にRPA(ソフトウエアロボットによる業務自動化)を導入した。受発注作業など月間RPA処理1万2500件以上を達成し、業務処理改善効果は労働時間換算で約
10Picks
ロボットアームで調理を自動化、外食産業の人手不足解消目指す「TechMagic」がジャフコから資金調達 - THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)
THE BRIDGE(ザ・ブリッジ)
|
AI調理ロボットのTechMagicは10月28日にシードラウンドにおける資金調達の実施を公表している。出資したのはジャフコでその額や調達の方法などに...
13Picks
強風でも飛べるドローン、揺れの角度3分の1程度に
ニュースイッチ
|
早稲田大学理工学術院総合研究所の大内茂人研究院客員教授や明治大学、東海大学の研究グループは、強風などの揺れでも姿勢を保てる飛行ロボット(ドローン)を開発した。国際宇宙ステーション(ISS)にも使われている姿勢制御装置「コントロール・モーメント・ジャイロ(CMG)」を搭載。飛行時のドローンを人工的に揺らしたところ、CMGを付けない時に比べ、揺れの角度を3分の1程度に減らせた。宅配用ドローンや空...
18Picks
日本の高品質なクール宅急便がアジアで広がり始めた!
ニュースイッチ
|
空港や商業施設などで目にする機会が増えてきた案内ロボットや介護現場で用いられるアシストロボット。少子高齢化に伴う労働力不足解決策の一助として今後の利用拡大が見込まれる、これらロボットを活用したサービスが、対象分野をモノからサービスに広げ、「産業標準化法」として生まれ変わった新JIS法に基づく規格第一号となった。いかに「共存」するか 規格づくりに携わった産業技術総合研究所ロボットイノベーション...
10Picks
日野のコンセプト「FlatFormer」のエアレスタイヤ製作を支えた3Dプリント技術
MONOist
|
日野自動車が「第46回東京モーターショー2019」に参考出品したモビリティコンセプト「FlatFormer」のエアレスタイヤのモデル製作に、ストラタシスの産業用3Dプリンタ「Stratasys F900」が採用された。
18Picks
物流最前線 MUJIN 物流倉庫自動化への挑戦
LNEWS
|
2011年にロボットコントローラメーカーとして創業したMUJIN。産業用ロボットに「知能」を与え、複雑なプログラミング作業を必要とせずにピッキングロボットを動作できる「MUJINコントローラ」は国内外
44Picks
ヘンテコな形の建物でもアルゴリズムで組み上げちゃうロボット
ギズモード・ジャパン
|
Image:ETHZürich/YouTubeモジュール合体で、100平方メートル超の床面積に2階建ても作れる!チューリッヒ工科大学が、スイスの不動産開発業者ERNEAGHolzbauと共同で、建物を産業用のロボット・アームであらかめじめ組み立ててしまう技術の研究をしています(いわゆるプレハブ工法ですね)。たくさんのロボットアームが木材を運び、電ノコなどの工具で削って建物のフレームを組み立てるので
10Picks
PolteがLTE信号によるデバイス追跡技術で約14億円を調達
TechCrunch Japan
|
Polte(ポルテ)は1250万ドル(約14億円)を追加で調達した。同社は、4G(将来的には5Gも)信号を利用して商業用や産業用の追跡サービスを構築している。その主な利点は、GPSで位置情報を取得し携帯通信で送信するよりも、携帯通信のみのほうがはるかに消費電力が少ない点だ。 米国時間10月11日の資金調達ラウンドは、PolteのシリーズAラウンドの延長である。2017年にPolteは600万...
13Picks
銃を撃ちながら戦場を走り回って自爆する軍用ロボットをイラン陸軍が開発
GIGAZINE
|
イラン陸軍地上部隊(NEZAJA)は、軍用ロボットを開発するHeidar-1プロジェクトの存在を明らかにし、「ネットワークに接続された対歩兵・対装甲車用スマート無人地上車両(UGV)」のプロトタイプを発表しました。
12Picks
宇宙ビジネス目指すロボベンチャーの技術力
ニュースイッチ
|
SE4(エスイーフォー)は、宇宙でのビジネス展開を目的にするロボットベンチャー。設立して1年だが、米国のコンピューター学会が主催するコンピューターグラフィックス(CG)の展示会「シーグラフ」でロボット技術のデモンストレーションを行うなど遠隔操作技術の開発を加速させている。ウィルソン・ロクラン最高経営責任者(CEO)は「さまざまな会社と宇宙産業革命を起こしたい」と意気込む。 同社はロボットの自...
176Picks
人気は有名店並み?電力業界騒然の“クモ型点検ロボット“に迫る
三菱電機 Biz Timeline
|
薄いボディでクモのように発電機の隙間にもぐり込み、点検期間を圧倒的に短縮させた発電機用薄型点検ロボット「ジェネスパイダー」。高精度の点検とコスト削減を実現できた理由とは?
15Picks
世界で人気、三菱電機が開発した点検ロボットの正体
ニュースイッチ
|
三菱電機は2020年度をめどに、世界の主要拠点に発電機用薄型点検ロボットを配備する。従来は国内から各拠点に貸し出していたが、最長1年待ちとなるほど顧客企業の点検ニーズが多いことに対応する。電力業界を中心に短期で高精度な点検への需要が当初の想定以上にあった。こうした需要に迅速に対応することで、既存電力インフラの安全・安心を側面から支える。 三菱電機が2017年に開発した発電機用点検ロボットは、...
12Picks
中国が引き金を引く電池部材の淘汰、それでも旭化成の首位揺るがず
ニュースイッチ
|
CASE(コネクテッド・自動運転・シェアリング・電動化)に代表される自動車産業の大変革は、材料や部品にも変化を促す。旭化成の代表例は、電動車向けに需要の増えるリチウムイオン電池用セパレーター(絶縁材
10Picks
「5G」がもたらす製造業の革新 ボッシュ、デンソー、コマツ...
日経BizGate
|
製造業における「5G(ファイブジー、第5世代移動通信システム)」の活用用途としては、工場で稼働している工業機械の故障等の予測や検知、産業用ロボットの中央制御や協調作業、製造や配送工程におけるトレーサビリティ(原材料や部材の仕入先や販売先…
14Picks
自動運転車を支える部品メーカーの未来技術とは?
FUJITSU JOURNAL
|
次世代の自動車といえば、自動運転機能のみが注目される傾向が見られるが、実際にはそれ以外の部分でも、クルマのロボット化が進んでいる。 日本の住友ゴムやAGC、小糸製作所などが開発している新たなセンサー機能を持つスマートタイヤ/ヘッドライト/シート、ウィンドウアンテナも大きな役割を果たしていく。新たな技術潮流の中で生き残るために、関連産業も自らの製品のあり方を見直し、改革を推進しているのである。
29Picks
減益の裏に見えるファナックの積極投資
LIMO
|
景気の先読みを行うための判断材料として、FA(ファクトリーオートメーション)関連企業の業績数字が用いられることが多い。FA関連企業の受注状況が、企業の設備投資動向、ひいては景気変動の変化点を示すことが多いためだ。特に、工作機械用CNC(コンピューター数値制御)で世界シェアトップを有し、産業用ロボットメーカーでも高シェアを有するファナック㈱(山梨県忍野村)の業績への関心が高いのだが、同社は7月...
263Picks
人気は有名店並み?電力業界騒然の“クモ型点検ロボット”に迫る
三菱BizTimeline
|
薄いボディでクモのように発電機の隙間にもぐり込み、点検期間を圧倒的に短縮させた発電機用薄型点検ロボット「ジェネスパイダー」。高精度の点検とコスト削減を実現できた理由とは?
12Picks
起業家は「スター」を目指していてはいけない|GROOVE X 林 要
Forbes JAPAN
|
人々の潜在能力を回復させ、癒しを与える新世代の家庭用ロボットを開発するGROOVE X。2015年の設立以降、多額の資金調達にも成功している今注目のスタートアップ企業だ。同社のCEOであり、ソフトバンクの孫正義氏の誘いに応じて「Pepper・・・
11Picks
工場に建設現場に空や鉄道…5Gは産業用途でどこまで広がるか
ニュースイッチ
|
2020年春に商用化する次世代通信規格「第5世代通信」(5G)を用いた産業向け新サービスの開発が進んでいる。高精細映像などの大容量データを高速で遅延なく多数の機器に伝送できる5Gの特徴を生かし、建設機械やロボットの遠隔制御を実証中。工作機械の生産や、交通インフラ保守の効率化に向けた動きも出ており、産業界の自動化のキーテクノロジーとして注目される。ドコモがトヨタ・コマツと検証 NTTドコモが5...
36Picks
優秀な人材、投資家を惹きつける「ストーリー」の磨き方|GROOVE X 林 要
Forbes JAPAN
|
人々の潜在能力を回復させ、癒しを与える新世代の家庭用ロボットを開発するGROOVE X。2015年の設立以降、多額の資金調達にも成功している今注目のスタートアップ企業だ。同社のCEOであり、ソフトバンクの孫正義氏の誘いに応じて「Pepper・・・
多関節産業用ロボット 概要
世界
日本
中華人民共和国
マレーシア
インドネシア