新着Pick
SPD3L00WBAYZRRF6
移動体通信
JPN

移動体通信 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
通信インフラ
>
移動体通信
携帯電話とPHSに付随する電気通信サービスを行う企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
6Picks
「第4の携帯会社」楽天が直面する大きな課題
東洋経済オンライン
|
日本に第4の通信キャリア(MNO:移動体通信事業者)が誕生することになる。総務大臣の諮問機関、電波監理審議会は4月6日、楽天が申請していた携帯電話の電波割り当てについて、条件付きで「適当」とする結論を出し…
214Picks
Sprint、モバイル5Gネットワークを2019年前半に提供へ
CNET Japan
|
米国第4位の移動体通信事業者であるSprintは、2019年前半にモバイル5Gネットワークの提供を開始する計画を明らかにした。
2Picks
格安スマホでも早期契約解除可能に 総務省が施行規則改正へ
産経ニュース
|
総務省は20日、大手携帯電話事業者らに適用されている早期の契約解除に関する制度について、格安スマートフォンを扱う仮想移動体通信事業者(MVNO)による音声通話付きサービスも対象とすることを明らかにした。意見募集の後、電気通信事業法施行規則などを一部改正し、10月1日の施行を目指す。
16Picks
昨年の国内携帯出荷台数、5年ぶりに増加。好調だった端末は?
ニュースイッチ
|
MM総研(東京都港区、中島洋所長)は13日、2017年の国内携帯電話端末の出荷台数が前年比3・6%増の3735万4000台と、5年ぶりに増加したと発表した。スマートフォン(スマホ)出荷台数が同8・7%増の3199万4000万台と過去最高を更新したためだ。 スマホのうち、NTTドコモなどの移動体通信事業者(MNO)向け出荷台数は同8・5%増の2903万台だった。新料金プランや新シリーズの導入効...
10Picks
独、5G用の周波数帯域を準備 高速通信網の構築加速を呼び掛け
Reuters
|
[ボン 4日 ロイター] - ドイツ連邦ネットワーク庁は4日、国内通信業界に対し、高速ブロードバンド網の構築を急ぐよう呼び掛けた。第5世代(5G)移動体通信サービス用の周波数帯域を来年、利用可能にする方針も示した。
10Picks
新生フリーテルの買収は「お買い得」だったのか? 新端末“REI2”「再出発」の本音(吉田代表インタビュー)
Business Insider Japan
|
2017年12月に民事再生を公表した仮想移動体通信事業者(MVNO)のプラスワン・マーケティング(POM)社の経営破綻は、通信業界に波紋を広げた。月額299円の格安SIMプラン、タレントの佐々木希を起用したCM放映、急拡大するショップ網など、派手な宣伝活動で知られる「FREETEL」の運営元だったか...
14Picks
総務省が携帯市場の競争促進で会合、「サブブランド叩きではない」
Reuters
|
[東京 22日 ロイター] - 総務省は22日午前、「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」を開催し、格安スマートフォンサービスを提供する仮想移動体通信事業者(MVNO)や携帯電話大手3社などへのヒアリングを行った。会合では、大手事業者がサブブランドで提供する格安スマホサービスもやり玉に挙がっているが、小林史明政務官は「サブブランドを叩きたいということで始まったわけではない」と理解を求めた。
10Picks
楽天、買収した「FREETEL SIM」を「楽天モバイル」ブランドに統合!プランやオプションの名称などが変更になったものの、サービス内容や料金、キャンペーンはそのまま - S-MAX
BLOGOS - 最新記事
|
FREETEL SIMが「楽天モバイル」ブランドに統合!サービスはそのままで、名称が変更に楽天は15日、回線を借りて仮想移動体通信事業者(MVNO)として提供している携帯電話サービス「楽天モバイル」( https://mobile.rakuten.co.jp )においてプラスワン・マーケティング(POM)から買収した「FREETEL」ブランドのサービス「FREETEL SIM」を2018年1...
9Picks
NTTドコモがAR空間の映像を手で操作できる「ARライブ映像視聴システム」の実証実験を公開!5G技術による高速大容量・多数端末接続の強みをスタジアム観戦に活かす【レポート】
S-MAX
|
NTTドコモの「触れる」ARライブ映像視聴システムを初体験! NTTドコモは24日、都内秩父宮ラグビー場にて同社が研究・実証実験行っている次世代通信規格「5G(第5世代移動通信システム)」を活用したスポーツ観戦への取り組み「新体感!みらいスタジアム」の体験イベントを開催しました。 5Gは移動体通信事業者(MNO)各社が2020年前後のサービス開始を目標に研究・開発を進めており、今回のイベント...
148Picks
【アンケート】格安スマホの品質、価格どう思いますか?
NewsPicks Brand Design
|
NewsPicksをいつもご利用いただきありがとうございます。この度、NewsPicks Brand Designは、インターネットイニシアティブ (IIJ)と共同で、MVNO(仮想移動体通信事...
7Picks
総務省が携帯の公正競争で検討会、大手と格安スマホ対等競争に向け
Reuters
|
[東京 25日 ロイター] - 総務省は25日、「モバイル市場の公正競争促進に関する検討会」の初会合を開いた。格安スマートフォンを提供する仮想移動体通信事業者(MVNO)が大手携帯電話会社と対等に競争できる仕組みづくりを検討する。来年1月以降に事業者などへのヒアリングを実施し、来年3月までに報告書をとりまとめる。
344Picks
【SPEEDA総研特別編】バリューチェーンからざっくり業界を理解する~移動体通信関連業界、日本編~
ユーザベース
|
コンピュータや多数の端末との間でデータをやりとりする「キャリア」とも呼ばれる第一種通信事業者。移動体通信を中心としたバリューチェーンを示すと、下記の図のようになる。 端末へのコントロール力を持ち...
7Picks
IoTに最適な次世代移動体通信方式「5G」ってなんだ?  来たる新通信規格「5G」がIoTにもたらす福音とは
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
最近になって、モバイル通信の話題などで「5G」という単語を目にしたり耳にしたりすることが、少しずつ増えてきていないでしょうか。5Gというのだから、4Gの次なのだろうということはイメージできますし、きっと今よりも高速な通信ができるといった性能アップが見込まれることも想像に難くありません。
2Picks
5Gは2年後の開始に向けてここまで来た。最新動向が集まった「5Gシンポジウム」レポ
Engadget 日本版
|
次世代の移動体通信規格である「5G」は、現在携帯電話の主流として使われている4G(LTE)の後継として、日本では2020年に商用サービス開始が目標とされています。 現在はサービスに向けた準備を進めている段階ですが、開始予定から3年前となる2017年度より、総務省の呼びかけによって、各キャリアが5Gの応用に向けた各種実証実験をスタート。そして年度末となる2018年3月27日と28日、東京青海の...
312Picks
"謎の"中国企業「ファーウェイ」とは何者なのか—— 存在感強める売上8兆円企業の姿
www.businessinsider.jp
|
格安スマホと呼ばれる仮想移動体通信事業者(MVNO)の躍進を背景に、SIMフリースマホの市場が急拡大している。中でも大きくシェアを伸ばしているのが...
6Picks
ファーウェイとテリア・ノルウェー、 北欧でのIoT向け商用ネットワークの稼働を発表
IoTニュース:IoT NEWS
|
ファーウェイ(中国語表記:華為技術、英語表記:HUAWEI)と、テリア傘下でノルウェーにおける移動体通信サービスを提供するテリア・ノルウェーは12月16日、北欧でのNB
342Picks
大躍進のMVNO、2017年も破竹の勢いは続くのか (1) 2016年にブレイクした理由
マイナビニュース
|
「格安SIM」などの名称で認知度が高まっているMVNO(仮想移動体通信事業者)だが、2016年は総務省による、スマートフォン実質0円販売の事実上禁止措置などの影響を受けて利用者が急拡大した。勢いに乗って攻めの戦略を次々と打ち出すMVNO。2017年はその先を見据えた取り組みが問われる。
281Picks
グーグルのMVNOが"平和すぎる"業界を壊す
東洋経済オンライン
|
グーグルがアメリカで参入するMVNO(仮想移動体通信事業社)。これに対し夏野剛氏は「業界全体で競争を巻き起こすものになる」と期待を寄せる。
1Pick
なぜ楽天のキャリア参入を疑問に思うのか - PRESIDENT Online
BLOGOS - 最新記事
|
楽天モバイルに追い風吹く中の「?」2017年12月、楽天が携帯電話事業に新規参入する意向を表明した。現在、携帯などの通信回線網を自社で設置して運用するMNO(Mobile Network Operator・移動体通信事業者)は、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクの3大キャリアに収斂している。今まで楽天は、MNOの回線網を間借りしてサービスを提供するMVNO(Mobile Virtual N...
移動体通信 概要
世界
日本
中華人民共和国
大韓民国
シンガポール
マレーシア
タイ