新着Pick
SPD2B37QTOCJI4DA
総合重機
JPN

総合重機 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
産業用機械製造
>
総合重機
発電・送電機器、船舶、航空・宇宙、プラントから医療機器まで、産業機器を中心に多角的に事業展開する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
118Picks
赤字転落に社長交代、IHIに何が起きたのか
東洋経済オンライン
|
過去最高益予想から3度も下方修正、7年ぶりの最終赤字へ──。総合重機大手IHIが業績の下方修正を繰…
12Picks
三菱重工、IHI、川崎重工、総合重機大手3社の非常事態宣言
PRESIDENT Online:「仕事人×生活人」のための問題解決塾
|
総合重機大手3社が多額の損失を伴うトラブルに見舞われている。日本のものづくりを支えてきた「機械の総合デパート」の非常事態とは。
17Picks
事業体はどんどん組み替えていく――宮永俊一・三菱重工業社長インタビュー - Close-Up Enterprise
Diamond Online 企業・産業
|
フランスの重電メーカー、アルストムの争奪戦には敗れたものの、数年越しで事業再編を加速させている三菱重工業。1884年(明治17年)に創立された同社は、日本の工業化と共に歩み続けた総合重機メーカーであるが、なぜ近年になって急進的な“全社的構造改革”を進めるのか。
1Pick
長期業績レポート(総合重機 その2)
Nagatomo Investments
|
長期業績レポート 6302 住友重機械 7011 三菱重工業 7012 川崎重工業(日経平均には採用されていま...
1Pick
増収・増益決算でも大きく売られたIHI株。背景を探る
投信1(トウシンワン)
|
総合重機メーカー大手のIHIの株価が軟調です。その背景と今後を探ります。
2Picks
三菱重工、IHI、川崎重工、総合重機大手3社の非常事態宣言 - PRESIDENT Online
BLOGOS - 最新記事
|
経済ジャーナリスト 水月仁史=文矢継ぎ早に重機大手3社を襲う「トラブル禍」三菱重工業、IHI、川崎重工業の総合重機大手3社がそろって、多額な損失を伴う相次ぐ技術的なトラブルに見舞われている。それは、日本のものづくりを支えてきた「機械の総合デパート」の屋台骨を揺るがしかねない非常事態にほかならない。この危機的状況にIHI、川重がそれぞれ経営陣を刷新し、三菱重工は約2000億円の資産売却に踏み切...
1Pick
IHI子会社、静止衛星用メーンエンジン受注、インテルサットに搭載
ZUU Online|経済金融メディア
|
総合重機大手IHI <7013> の子会社IHIエアロスペース(IA)は24日、米ボーイング衛星システムズインターナショナル社から静止衛星用メーンエンジンを受注したと発表した。ボーイング社が製造する702MPバスの一部として、人工衛星インテルサット35eに搭載される。 受注したのは人工衛星を軌道へ投入するために使用される推進装置で、推力500ニュートンのIAが独自開発したエンジン。同社の衛星...
1Pick
IHIに4800万円支払命令株主の損害認める
産経ニュース
|
総合重機大手のIHI(東京都)による有価証券報告書虚偽記載で株価が下落し損害を受けたとして、同社の株主ら192人が計4億円余りの損害賠償を求めた訴訟の判決が27日、東京地裁であった。舘内比佐志裁判長は、株価下落による損害を認め、原告146人に計約4800万円を支払うよう命じた。
2Picks
IHI E&C International Corporation会長 古見嘉夫 初のLNGプラント建設に成算あり - 短答直入
Diamond Online 経営・戦略
|
去に実績がなかった総合重機メーカーのIHIが、米国で初めて新規LNG(液化天然ガス)プラントの建設を受注した。業界では否定的な見方が多い中で、米国法人の古見会長を直撃した。
1Pick
【住友重機械工業】脱総合重機路線で活路を開くも15年近い構造改革はまだ道半ば - 数字で会社を読む
企業・産業
|
幅広い事業領域を持つ総合重機メーカーの中で、倒産の危機に瀕したことから、いち早く“効率化”を進めてきた住友重機械工業。現在も進行中の事業構造の改革により、少しずつ業態を変えてきた。
4Picks
米株5日ぶり反落、キャタピラーや半導体銘柄に売り
Reuters
|
[ニューヨーク 23日 ロイター] - 23日の米国株式市場は反落。S&P総合500種は5日ぶりに値下がりに転じた。 決算発表を受け、重機大手のキャタピラー<CAT.N>や半導体銘柄に売りが出た。
総合重機 概要
世界
日本
中華人民共和国
マレーシア
インドネシア
ベトナム
インド
アメリカ合衆国