新着Pick
SPD1TYKYOMCERK4O
太陽電池
JPN

太陽電池 業界

日本
業界一覧
>
機械・電気製品
>
その他電子部品・デバイス製造
>
太陽電池
太陽電池(光起電力効果を利用し、光エネルギーを直接電力に変換する電力機器)を製造する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
191Picks
次世代太陽電池「ペロブスカイト」、折り曲げ可能へブレークスルー
ニュースイッチ
|
桐蔭横浜大学の宮坂力特任教授、戸邉智之大学院生らは、インクジェット(IJ)法によるペロブスカイト層の低温成膜に成功した。一般的な樹脂基板の耐熱温度である150度C以下の条件で、IJプリンターを使って
333Picks
理研と東大、太陽電池で動く皮膚に貼れる心電計を開発
朝日新聞デジタル
|
皮膚に貼って変形しても効率よく発電できる超薄型の太陽電池を搭載した心電計測装置を、理化学研究所と東京大のチームが開発した。外部電源を使わずに心電図を連続して得ることができるといい、医療、スポーツ分野…
10Picks
雑草を踏んで、成長を抑制する小型ロボ
ニュースイッチ
|
フィールド開発(宇都宮市、山口直信社長、028・902・8670)は、雑草を踏みつけて成長を抑制するロボット「グラプレス」(仮称)の試作機を完成した。搭載する小型太陽電池で発電して動く。2019年春
17Picks
窓に貼り付けて発電する、透明な太陽電池。"見えない"未来のエネルギー
IDEAS FOR GOOD
|
ミシガン州立大学の研究チームが、透明な太陽電池の開発を発表した。薄く、プラスチックに似たこの素材は、建物や車の窓などに使用できる。装置は透明であるため、窓からの眺めも損ねず発電できることが大きな特徴だ。
13Picks
雨粒をエネルギーに変える太陽電池が誕生。太陽光発電の大きな一歩へ
IDEAS FOR GOOD
|
クリーンエネルギーとして知られる太陽光発電には、短所がある。陽が出ない曇りの日や、雨の日に発電量が制限されることだ。この課題を解決するべく、中国の研究チームが雨粒をエネルギーに変える太陽電池を発表した。
82Picks
電子部品を新聞のように印刷――ナノスケールのメタルプリントが可能な新技術を開発
fabcross for エンジニア
|
モバイルデバイスのフレキシブル基板や太陽電池の製造方法として普及が進むロールツーロール生産。ロール状に巻いたプラスチックなどの基材を繰り出し、間欠的・連続的に搬送しながらパターン形成などを行い、再びロールに巻き取る製造方法だが、米インディアナ州のパデュー大学は、その精度を飛躍的に改善する技術を開発した。この方法を使えば、新聞の高速輪転印刷機に匹敵する速度と精度で処理が行えるという。 ロールツ...
10Picks
東芝のペロブスカイト太陽電池 世界一のエネルギー変換効率と認定
財経新聞
|
東芝は9日、同社のペロブスカイト太陽電池が、学術論文誌「Progress in Photovoltaic」に掲載される世界の太陽電池トップデータ集である「Solar cell efficiency tables ver.52」に、認定機関で測定したモジュールでは世界一のエネルギー変換効率として掲載されたと発表した。
123Picks
遺伝子組み換え大腸菌を活用し、変換効率の高いバイオ太陽電池をカナダの大学が開発
マッシュメディア
|
カナダのブリティッシュコロンビア大学(UBC)の研究プロジェクトは、2018年7月、有機体を使って発電効率の高いバイオ太陽電池を開発する新たな手法を考案。 その成果をまとめた研究論文を、ナノ科学・ナノテク分野を専門
17Picks
太陽電池を室内で発電、シャープが「色素増感」型量産へ
ニュースイッチ
|
シャープは2019年春をめどに、日当たりの悪い屋内でも効率的に発電できる色素増感太陽電池を量産する。IoT(モノのインターネット)に欠かせないビーコン(小型発信器)やセンサーなどの電源として提案する。かつて投資負担の重さから経営不振の一因となったシリコン系太陽電池に対し、初期投資は10億円以下と10分の1未満。経営リスクが低く、差別化もしやすいと判断し、量産に動く。IoTの活用が広がる中、次...
15Picks
塗るだけでセラミックス超薄膜をコーティングできる技術を開発 大阪大と金沢大
fabcross for エンジニア
|
大阪大学は2018年7月21日、金沢大学と共同で、原料を混ぜて塗るだけでナノメートルスケールのセラミックス超薄膜をコーティングできる技術を開発したと発表した。 有機太陽電池の緩衝層には、セラミックス薄膜を用いた方法が盛んに研究されている。従来のセラミックス薄膜の製造プロセスでは、加熱などによる焼結の工程を経る必要があるため、焼結の必要がない塗布型酸化膜のコーティング技術が研究されていた。 今...
19Picks
塗るだけ!セラミックス超薄膜コーティング
リソウ
|
大阪大学産業科学研究所の菅原徹助教と金沢大学の辛川誠准教授らの研究グループは、「原料を塗るだけでセラミックス超薄膜をコーティングする技術」を世界で初めて開発しました。 近年、有機太陽電池の緩衝層(電子・正孔輸送層)には、セラミックス薄膜を用いた研究開発が盛んになっています。従来のセラミックス薄膜の製造プロセスでは、加熱またはそれに代わる技術(例えばUV照射など)により焼結と呼ばれる工程を経る...
81Picks
太陽電池メーカーを苦しめるシリコン、シャープも京セラもつまずいた
投信1(トウシンワン)
|
京セラの太陽電池事業(PV事業)が2017年度(18年3月期)に大幅な赤字となった。販売減に加えて、原材料であるポリシリコン(ポリSi)の長期契約に伴う引当損失(500億円強)を計上したことが主な要因だ。シャープも14年度(15年3月期)に同様の引当金を計上したことで、セグメントでは巨額の営業赤字に転落した経緯がある。海外メーカーも例外ではない。中国の大手PVメーカーのYingli Gree...
111Picks
太陽電池7社、需要回復と政策への本音を聞いてみた
ニュースイッチ
|
国内の太陽光パネルの需要減少に歯止めがかかる時期を、2020年以降と見る太陽電池メーカーが多いことが日刊工業新聞社の調査で分かった。17年度で3年連続となった減少が19年度まで続く可能性がある。政府は再生可能エネルギーを主力電源化すると決めたが、市場回復には時間がかかりそうだ。自家消費への移行、再生エネ電気を求める企業の増加を期待するメーカーが多い。 日刊工業新聞社は日本メーカー5社、国内市...
12Picks
【産業動向】 シリコンインゴットの台湾最大手が生産停止 中国の太陽エネ補助金削減が直撃  - EMSOne中国電子・電気・通信市場情報からEMS情報まで毎日更新! - www.emsodm.com
www.emsodm.com
|
太陽電池の台湾最大手Motech(茂迪)が、台湾台南工場のシリコンインゴット生産ラインの稼働を止めた。台湾紙『經濟日報』が2018年6月27日付で報じたもので、中国政府の補助金削減で中国市場の需要が大幅に減少したことの影響だとしている。
12Picks
シャープOBが株主総会で見た鴻海流合理化精神 脱液晶を宣言したシャープ・鴻海連合の「光と影」
JBpress(日本ビジネスプレス)
|
シャープで長年にわたって太陽電池や液晶の研究開発に従事し、その後大学で技術経営を教えてきた筆者が、古巣の株主総会に参加した。「復活」の狼煙を上げるシャープと鴻海の「共創」関係はこれからどう展開するのか。技術者と経営学者の視点からレポートする。
105Picks
ヨットの形をした「海のドローン」が海上を航行する理由とは?
GIGAZINE
|
無人航空機の「ドローン」は配送や地形調査などで活用されていますが、海上には太陽電池やGPSなどの多くの機器を搭載したヨット型の「海のドローン」が航行中です。ブルームバーグがYouTubeで公開して
407Picks
“洋服にアイロンで貼り付け” 太陽電池を開発
NHKニュース
|
アイロンで洋服に貼り付けて使える薄いシート状の太陽電池を理化学研究所などの研究グループが開発しました。
太陽電池 概要
世界
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア