新着Pick
SPD12QI6WLCANF74
化粧品
JPN

化粧品 業界

日本
業界一覧
>
食料・生活用品
>
化粧品・トイレタリー製造
>
化粧品
基礎化粧品、仕上げ化粧品(メイクアップ化粧品)、ヘアトニック・整髪料等の化粧品を、自社ブランドを主として製造・販売する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
154Picks
製薬メーカーが通販で化粧品を買ってもらう仕掛け
ニュースイッチ
|
第一三共ヘルスケア(東京都中央区、西井良樹社長)の通信販売事業が軌道に乗りつつある。小売店経由で一般用医薬品を提供してきた同社にとって、通販はスキンケア化粧品などを消費者に直接売り込める貴重な販売チ
13Picks
独自ECサイトの利用率は増加傾向、TVCMの影響力は依然として強い - 最新の消費者調査
EC業界ニュース・まとめ・コラム「eコマースコンバージョンラボ」
|
株式会社エルテックスは、通信販売に関する消費者の行動や意識に関して独自に調査。調査結果より、ECや通販利用経験者のパソコン保有率は緩やかな減少をみせ、ECでよく利用するチャンネルはECモールがトップであった。また、化粧品や健康食品に関して、商品の認知後はスマホでその商品に関して検索する人が増加していると判明した。
23Picks
花王、トイレタリー・化粧品販売のEC比率10%超へ
ニュースイッチ
|
花王は2020年までに、子ども用紙おむつを除く国内のトイレタリーや化粧品事業における電子商取引(EC)の売上比率を10%以上に高める。同製品群のEC売上比率は5―6%で約2倍に引き上げることになる。
10Picks
光るつけまつげ開発 LED使い配線なく よりおしゃれに
NHKニュース
|
つけまつげに小さなLEDを取り付け、無線で電気を送って光らせる「光るつけまつげ」を立命館大学のグループが開発しました。今後、大手化粧品メーカ…
2Picks
百貨店売上高 3年ぶり増加
ホウドウキョク
|
3年ぶりのプラスとなった。 日本百貨店協会が発表した、2017年の全国百貨店売上高は、5兆9,532億円で、既存店ベースでは、前の年に比べ、0.1%増えた。 雑貨や化粧品、美術・宝飾・貴金属などが伸びていて、プラスは3年ぶり。 一方、12月の売上高は、6,933億円で、0.6%減った。 株高にともなう資産効果で、高額消費や、外国人向けのインバウンド、歳末商戦は好調だったが、主力の衣料品と食料...
1Pick
化粧品・健康関連商品販売の「Hana倶楽部」運営会社と同グループの(株)ロゼッタホールディングスが破産
東京商工リサーチ
|
(株)ロゼッタホールディングス(TSR企業コード:662187121、法人番号:4140001030862、中央区銀座1-14-4、設立平成21年3月13日、資本金4000万円、板井隆夫社長)は1月18日、東京地裁より破産開始決定を受けた。破産管財人には高柳一誠弁護士(やざわ法律事務所、墨田区江東橋4-29-12、電話03-5625-2773)が選任された。  負債総額は12億1403万円(...
15Picks
人はなにを見てECの商品を購入するのか?【エルテックス調査】
ECのミカタ
|
エルテックス社では、ECサイト・通販システムの【統合構築】を積極的に推進するとともに、EC・通販に関する市場動向を考慮した独自調査『通信販売に関する【消費者調査】2017』を実施した。 今回は、そのPart2として「EC・通販でよく購入する商品ジャンル」「ECや通販で興味のある化粧品や健康食品を知った情報源」「興味のある化粧品や健康食品を知ったあとにとった行動」などの調査結果が公開された。 ...
20Picks
モノが売れないと意味が無い 『「コト消費」の嘘』【書評】
ZUU Online|経済金融メディア
|
2014年から2015年にかけて、中国人観光客が日本、特に東京などに押し掛けた。多くの訪日中国人観光客のお目当ては、家電製品や化粧品、そして薬品。それらを大量に買い込む中国人観光客の行動は、“爆買い”と称されて、一時的に日本経済を刺激した。 その後、中国ではインターネットによる取引が急拡大し、目に見える形での“爆買い”は鳴りを潜めた。かつて、大きな荷物を手に下げて銀座や渋谷を闊歩していた中国...
230Picks
中国の女性が口紅を塗る日に備えよ! まだまだ大きくなる中国の化粧品市場
JBpress(日本ビジネスプレス) JBpress 最新記事
|
まだまだ日本と中国では化粧品の個人消費額に大きな差があります。ただ、これは逆に言えば、今後中国の化粧品消費額はまだまだ大きく伸びる余地があるということです。
2Picks
「シーブリーズ」のアパレルやアクセサリー展開へ、伊藤忠がライセンスエージェント契約締結
Fashionsnap.com 最新記事
|
エフティ資生堂と伊藤忠ファッションシステムが、リフレッシュケアブランド「シーブリーズ」(SEA BREEZE)の化粧品以外の日本展開についてライセンスエージェント契約を締結した。このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
20Picks
『アパレル商品の原価率が高いことは品質の良さとは無関係』
小売りビジネスの論点
|
アパレル商品の製造原価率の低さが批判の対象になっています。確かに百貨店向け商品の原価率は20%前後ですし、中には20%を切る商品も存在します。(化粧品などを…
1Pick
資生堂、伊藤忠/シーブリーズブランドでライフスタイルアイテム展開
流通ニュース
|
エフティ資生堂と伊藤忠ファッションシステムは、リフレッシュケアブランド「シーブリーズ」(SEA BREEZE)の化粧品以外の日本展開についてライセンスエージェント契約を締結した。 <シーブリーズブランド> 2018年春夏 […]
26Picks
化粧品と衣料品、“ファッション生産”で明暗
ニュースイッチ
|
街はすっかりクリスマス仕様。店頭には華やかに飾られた商品が並び、買い物心をくすぐる。年末年始はイベントも多くあるため、新しい服や新作コスメが気になる方も多いのではないだろうか。経済解析室が毎月
14Picks
バナーがクリックされない原因はデザインが問題? 配置場所の変更だけで売上140%UPしたECサイト事例
Web担当者Forum
|
ユーザー一人ひとりの行動のアクセスログデータを見ることで、バナーのデザインを変更することなく売上を140%アップした化粧品などを扱うECサイトの事例を紹介します。
57Picks
「会社の法律は俺」…残業代不払い「ブラック企業」、長時間労働当たり前のエステ業界
産経ニュース
|
「固定給23万円プラス諸手当」の求人募集に応募したが、残業代はいっさい支払われなかった-。東京都内で「エステティックサロンさくら」を経営する化粧品販売業「ベルフェム」で働いていたエステティシャン7人が会社に残業代支払いを求めて、東京地裁に相次いで提訴した。残業代を支払わず長時間労働を強いる職場は「ブラック企業」と呼ばれているが、エステティシャンらは「私たちを大切にしないことは、お客さまを大切...
化粧品 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
大韓民国
シンガポール
マレーシア