新着Pick
SPD12QI6WLCANF74
化粧品
JPN

化粧品 業界

日本
業界一覧
>
食料・生活用品
>
化粧品・トイレタリー製造
>
化粧品
基礎化粧品、仕上げ化粧品(メイクアップ化粧品)、ヘアトニック・整髪料等の化粧品を、自社ブランドを主として製造・販売する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
53Picks
【求人掲載】リアルから生まれた覚悟
制作:パーソルキャリア
|
――お二人とも、前職ではいわゆる、超大手有名企業に在籍されていましたよね。それで、どうして今、中小企業の支援に情熱を注いでいるのですか。切通 私の前職は化粧品会社の資生堂で、百貨店チャネルを担当...
152Picks
Facebook、AR(拡張現実)広告のテストを開始 口紅やサングラスを試せる
ITmedia NEWS
|
Facebookが、化粧品やアクセサリーを“試着”できるニュースフィード上のAR広告のテストを米国で始めた。広告上のアイコンをタップするとインカメラで商品を試着し、撮影したセルフィーをニュースフィードに投稿できる。
216Picks
資生堂化粧品が中国で突如売れ出した  若者の自己顕示とSNSの魔術
J-CASTニュース
|
資生堂は将来性を中国の若い世代の消費者に賭けた。現時点で見る限り、この選択は非常に成功している。 直近の2017会計年度で、資生堂の中国市場における販売の成長率はグループ全体の業績を上回った。財務報告によると、2017年、資生堂の中国市場における売上高は1443億円で、前年同期比22%増、営業利益は113億円で、52億円だった16年と比べて、117%増となった。若い消費者の高級化粧品に対する...
17Picks
“時短化粧品”売り場が登場 狙いは「働く女性」
ホウドウキョク
|
忙しい女性の時短ニーズをターゲットにした化粧品売り場が登場。 美容の時短ニーズの高まりを受け、短時間でできるネイルや、メークやヘアアレンジなどのサービスが充実している。 百貨店大手の高島屋は、仕事や育児などで忙しい女性を主なターゲットとした、体験型の化粧品売り場を、27日、神奈川・横浜店にオープンする。 最近は、時間に追われる女性の増加により、美容における「時短」ニーズが拡大しているというこ...
161Picks
ビューティーテック元年、「美容×テクノロジー」は何を生み出すか
ニュースイッチ
|
2018年は美容と新技術を組み合わせた「ビューティーテック元年」という言葉が生まれ、業界の新たなトレンドになりつつある。化粧品業界には異業種やベンチャー企業も続々参入。化粧品と美容医療の境界線もあいまいになりつつある。破壊的イノベーションを起こすべく、大手化粧品会社も人工知能(AI)や人工皮膚など最新技術を取り入れた研究開発に力を注ぐ。 ポーラ・オルビスホールディングス(HD)は、18年から...
198Picks
マツキヨ過去最高益のワケ、大手ドラッグストアが「PB化粧品」で勝ちに来た
ビジネス+IT
|
大手ドラッグストアの決算が好調だ。「インバウンド消費」の貢献が大きいが、化粧品分野の国内需要も寄与している。機能性のあるスキンケア商品が主体で、2015年を境に成長軌道に乗ったのだ。各社のPB(プライベートブランド)は大手化粧品メーカーのNB(ナショナルブランド)と陳列棚で激しい商戦を繰りひろげているが、その一方でドラッグストアでは新しい動きも始まっている。
107Picks
ファンケルの「アクティブシニア社員」は会社に何をもたらすのか?
ITmedia ビジネスオンライン
|
労働人口が減少する日本において、いち早くシニア世代が活躍する場所を作ろうとする企業が出てきている。化粧品と健康食品メーカーのファンケルでは65歳以上の社員が柔軟な勤務体系で働き続けられる「アクティブシニア社員」という制度を打ち出した。そこで活躍する社員に実際の話を聞いた。
11Picks
エスティ ローダー【NYSE:EL】ラグジュアリー・ビューティーブランドの買収による成長戦略
アメリカ部
|
The Estée Lauder Companies Inc.【NYSE:EL】エスティ ローダーはラグジュアリー・ビューティー分野でトップ企業の1社。エスティ・ローダーは主に高級スキンケア、メイクアップなどの化粧品や、フレグランス、ヘアケ
12Picks
テック投資拡大のロレアル、「デジタルは企業のあり方を変える」
Forbes Japan
|
一定以上の世代にとって、"バーチャルメイク"はSFの世界の話だと思われるかもしれない。しかし現在、ティーン向けのブランドから「エスティ ローダー」のような高級ブランドまで、あらゆる化粧品メーカーがスマホのカメラ機能を使って様々なメイクやヘア・・・
21Picks
化粧品・日用品「メード・イン・ジャパン」で進む国内生産回帰
ニュースイッチ
|
化粧品・日用品業界で、生産の国内回帰が加速している。背景にはメード・イン・ジャパンを求める、訪日外国人(インバウンド)の存在がある。これまで資生堂やコーセーなど大手各社は、生産を海外にシフトし、コスト低減を進めてきた。だがここに来て、日本製を求める外国人に後押しされるように国内工場の新設や設備増強を加速している。 資生堂は供給確保に向け、2018―20年度の3カ年累計で1300億円を投資する...
67Picks
ビームス、ナノ・ユニバースなどに学ぶ「直営EC」にしかできないファンづくり
BeautyTech.jp
|
ZOZOTOWNなどモール全盛のいま、直営ECにできることは、ファンづくりとブランド価値の向上だ。化粧品ECの場合は、費用対効果の高い販促施策が新規顧客獲得や売り上げにつながりやすかったこともあり、ファッションECが得意とする「ファン作り」とは違った形で発展を遂げてきた。しかし今、化粧品ECにも、ファン作りや長期視点で見たLTV向上が求められていることは間違いない。「ナノ・ユニバース」「ビー...
16Picks
ポーラ、生涯勤務可能に 定年後再雇用の制限を撤廃 人生100年時代に対応
産経ニュース
|
ポーラ・オルビスホールディングス(HD)傘下のポーラ(東京都品川区)は14日、働き方改革の一環として、定年再雇用の年齢上限を撤廃すると発表した。多様な人材を経営に役立てるほか、社員の待遇を改善することが狙い。本人に意欲があれば生涯にわたり働き続けられる。化粧品業界ではファンケルも昨年4月に上限をなくしており、人生100年時代が到来する中、生涯現役社会に対応する動きが広がってきた。
16Picks
【香港】アイスタイル、年内に香港3店体制へ[商業]
NNAアジア経済ニュース
|
【香港】アイスタイル、年内に香港3店体制へ[商業] 美容情報総合サイト「@cosme(アットコスメ)」を運営するアイスタイルは、年内に香港で化粧品専門店「アットコスメストア」の3店舗体制を構築する方針だ。8日には香港1号店を尖沙咀に開業した。同社の強み...
25Picks
訪日客増で最高益の化粧品・ドラッグストア業界、次の一手は? - ビジネスマン注目!来週の経済、ここがポイント
Diamond Online
|
訪日客の増加が日本経済に好影響を与えています。中でも化粧品業界やドラッグストア業界は、外国人旅行者消費の増加と訪日客の高額品から日用品への消費行動の変化により、最も恩恵を受けており、大幅な増収増益になるなど好調です。
246Picks
このCM、男性にこそ見て欲しい
Business Insider Japan
|
女性を描いたネット動画やCMの炎上・取り下げが相次ぐ昨今、“挑戦的”なCMがある。化粧品大手ポーラ(東京都品川区)がショップで働くビューティーディ...
111Picks
ポーラHD社長を提訴、結果次第では現経営体制の崩壊も
ダイヤモンド・オンライン
|
化粧品大手ポーラ・オルビスホールディングス(HD)の鈴木郷史社長が遺産相続に関し不正をしたとして、故会長の妻が提訴した。鈴木社長保有のHD株約4191万株は遺産の対象だったことの確認などを求めるもの。複数の訴訟の結果次第ではHD株の過半が対立側へ移り、現経営体制は崩壊しかねない。
25Picks
日本企業の上場で「クリロナ」と「マドンナ」に20億円の恩恵 MTGで
ダイアログニュース
|
世界のビッグネームが日本企業の上場で脚光を浴びている。 トレーニング機器と美容ローラーなどを手がけるMTGは5月29日、東証からマザーズ市場の上場承認を受けた。 上場日は7月10日で有価証券届出書の想定発行価格(5290円)で計算する時価総額は2000億円になる。 注目されるのがこれら商品の共同開発パートナーでシックスパッドはサッカーのクリスティアーノ・ロナウド(クリロナ)選手、化粧品ブラン...
10Picks
韓国発化粧品ブランド「イニスフリー」がSHIBUYA109にオープン、限定アイテムの販売も
Fashionsnap.com 最新記事
|
韓国発の化粧品ブランド「イニスフリー(innisfree)」が6月15日、日本3号店をSHIBUYA109にオープンする。このコンテンツは Fashionsnap.com が配信しています。
159Picks
花王、一人負けが続く化粧品「大改革」の勝算
東洋経済オンライン
|
「化粧品業界が活況の中、残念ながらわれわれは波に乗れていない」。花王傘下であるカネボウ化粧品の新社長、村上由泰氏は重々しく口にした。5月18日、花王は化粧品成長戦略説明会を開催した。登壇したのは今年1月…
化粧品 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
大韓民国
シンガポール
マレーシア