新着Pick
SPD00YBQWGGGEVQK
半導体(メモリ)
ALL

半導体(メモリ) 業界

世界
業界一覧
>
機械・電気製品
>
電子部品・デバイス製造
>
半導体(メモリ)
DRAM、フラッシュメモリ等、各種情報の記録を目的とした半導体を製造する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
307Picks
【迫真】ついに決定。東芝、半導体売却の知られざる「5月危機」
NewsPicks編集部
|
迷走に次ぐ迷走を続けていた東芝の半導体子会社「東芝メモリ」の売却問題が、ついに決着した。東芝メモリをめぐっては、東芝再建に必要な資金を捻出するために売却を決めていたが、世界8つの国と地域で独占禁...
330Picks
東芝 半導体子会社の売却を中国が承認 日米韓連合に売却へ
NHKニュース
|
東芝が経営再建に向けて決めた半導体子会社「東芝メモリ」の売却の懸案となっていた中国の独占禁止法の審査について、中国当局か…
12Picks
「東芝メモリ」売却中止を検討。IPOも選択肢に
ニュースイッチ
|
東芝による半導体メモリー子会社、東芝メモリ(東京都港区)の売却について、中国の独占禁止法の審査期限まで2週間を切った。東芝は「売却前提」の姿勢を変えないが、水面下では主力取引銀行なども含め、東芝メモ
10Picks
「半導体メモリー」なき東芝のメリット
ニュースイッチ
|
東芝の半導体メモリー子会社「東芝メモリ」(東京都港区)が独立する。同社売却で最後の関門だった中国の独占禁止法審査が承認され、6月1日をめどに手続きが完了する。年数千億円の営業利益を稼ぎ出すメモリー事
14Picks
東京エレクトロン、18年度も「強気」な事業計画
投信1(トウシンワン)
|
半導体製造装置メーカー国内最大手の東京エレクトロンが2018年度(19年3月期)業績予想を発表した。DRAM、NANDフラッシュといったメモリー製品の旺盛な投資を背景に引き続き業績拡大を見込んでおり、半導体製造装置業界は18年も良好な事業環境が続くことを印象づけた。一方で、海外の同業メーカーとは市場見通しに若干の乖離もあり、5月末に発表される新中期経営計画も含めて今後の市場見通しに注目が集ま...
379Picks
東芝メモリ:売却中止検討 独禁法審査、中国承認遅れ
毎日新聞
|
東芝は、半導体メモリー子会社「東芝メモリ」を米ファンドなどに売却する計画について、5月末までに独占禁止法の審査で中国当局の承認が得られなければ売却を中止する方針を固めた。既に債務超過を解消しており、売却の必要性は乏しいと判断した。中止の場合、必要な設備投資資金を確保するため東芝メモリの新規株式公開
1Pick
東芝、「次の稼ぎ頭」は... 「メモリ」売却で再スタート
J-CASTニュース
|
東芝の半導体メモリー事業売却に垂れ込めていた暗雲がようやく晴れた。最後まで残っていた中国の独占禁止当局の審査でようやく承認され、東芝は2018年5月17日、米投資ファンド「ベインキャピタル」が主導する「日米韓連合」に6月1日に2兆円で売却すると発表した。一時、売却を白紙に戻すことも検討されていた。東芝は約1兆円の売却益を得て財務基盤が大きく改善、成長分野への投資に振り向ける原資を得ることになる。
44Picks
サムスン電子:1-3月の利益、予想上回る-半導体メモリー好調 (1)
Bloomberg
|
(Bloomberg) --韓国サムスン電子の1-3月(第1四半期)営業利益は市場予想を上回った。米アップルへのディスプレー供給を巡り懸念されたが、半導体メモリーの需要が引き続き強く推移した。
85Picks
半導体売却、契約解除は想定せず=車谷・東芝CEO
Reuters
|
[東京 3日 ロイター] - 東芝<6502.T>の車谷暢昭会長兼最高経営責任者(CEO)は3日、報道各社の共同インタビューで、3月末までに半導体子会社「東芝メモリ(TMC)」の売却が完了しなかったことで、契約を解除できる権利が発生したことについて、基本的には権利行使せず、早期の売却完了を目指していく姿勢をあらためて示した。
1Pick
東芝 主力3行が格上げを検討
Yahoo!ニュース
|
東芝は半導体子会社「東芝メモリ」の売却が確定。これを受け主力取引銀行である三井住友銀行、みずほ銀行…
19Picks
シリコンヴァレーに背を向ける異色のDRAMメーカー、マイクロンが見据える「AIの未来」
WIRED.jp
|
PCに欠かせない半導体チップ、DRAMのメーカーは世界に3社しかない。そのうちの1社がアイダホ州に本社を構えるマイクロン・テクノロジーだ。シリコンヴァレーに背を向け、「日の丸連合」のメモリー企業などを傘下に収め、数々の荒波を乗り越えてきた異色の企業である。人工知能(AI)の普及する未来を前にメモリーに賭け、シェアトップを狙う異色の企業の戦略とは。
35Picks
東芝メモリ売却が4月以降に…期限の23日までに中国の独禁法審査通過せず 「何が起こるか分からない」
産経ニュース
|
東芝の半導体メモリー子会社「東芝メモリ」の売却が当初予定した3月末に完了せず、4月以降に持ち越される可能性が高まった。売却契約では平成29年度中の売却完了には3月23日までに各国当局の独占禁止法審査を通過する取り決めだが、中国当局からの承認が下りなかった。東芝は「3月末の完了をまだ諦めていない」というものの、極めて厳しい情勢だ。今後、株主から売却撤回を求める意見が強まり、波乱含みの展開になる...
1Pick
東芝「格付け」引き上げへ 主力3行が債務者区分「正常」に
産経ニュース
|
東芝の主力取引銀行である三井住友銀行、みずほ銀行、三井住友信託銀行が東芝の融資先格付けに当たる「債務者区分」を上から2番目の「要注意先」から「正常先」に引き上げる検討に入ったことが18日、分かった。平成30年3月末に債務超過を解消したほか、懸案の半導体子会社「東芝メモリ」の売却が確定し、財務内容が大きく改善されるため。銀行からの融資が受けやすくなり、東芝再生の追い風になりそうだ。
167Picks
「東芝メモリ」売却へ最終局面も、アップルや物言う株主に波乱要因
ニュースイッチ
|
2兆円という大型M&A(合併・買収)案件が最終局面を迎える。3月末のクロージングを目指す東芝の半導体子会社「東芝メモリ」の売却だ。ただ東芝のアクティビスト(物言う株主)が売却反対を表明し火種がくすぶる。また手続きが完了しても東芝メモリは、米アップルなど顧客企業が出資に関与するイレギュラーな状態が続く。東芝メモリが“普通の会社”になるまでのハードルは高く、韓国サムスン電子との競争の足かせになり...
17Picks
サムスン「西安工場」の弱点をつけ!東芝メモリ、3Dメモリーの増産戦略
ニュースイッチ
|
東芝の半導体子会社の東芝メモリは、2022年度までの5年間で先進の3次元(3D)NAND型フラッシュメモリー工場を最大2棟追加建設し、4棟稼働させる。市場が想定通りに拡大すれば、建設計画を進めている
2Picks
東芝子会社「東芝メモリ」売却が確定
J-CASTニュース
|
東芝は、半導体子会社「東芝メモリ」の売却に必要な各国の独占禁止当局からの承認を取得し、売却が確定した。2018年5月17日に発表した。
2Picks
東芝メモリ売却 中国当局が承認 独禁法の審査
ホウドウキョク
|
東芝の半導体子会社の売却が承認された。 経営再建中の東芝は、最大の懸案となっていた半導体子会社「東芝メモリ」の売却について、独占禁止法の審査をしていた中国当局から、売却を承認する通知があったと発表した。 東芝は、2017年9月、東芝メモリをアメリカの投資ファンド「ベインキャピタル」などの日米韓連合に、およそ2兆円で売却することを決めたが、中国当局の審査が長引き、売却の実現が不透明になっていた...
半導体(メモリ) 概要
世界
中華人民共和国
大韓民国
シンガポール