新着Pick
SPD2A1DHJCOQBHEY
SNS
JPN

SNS 業界

日本
業界一覧
>
広告・情報通信サービス
>
インターネットメディア
>
SNS
ソーシャル・ネットワーキング・サービス(Web上で社会的ネットワークの構築を促進するサイトであり、ユーザープロフィール・検索、日記機能、コミュニティ機能等を有するもの)を運営する企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
11Picks
体験と共感が鍵。ミレニアル世代の心を掴むSNSは、いいね!よりも保存数
ジョイキャリア
|
SNSに慣れ親しんだミレニアル世代の女性の多くは、お気に入りのブランドがタイムラインに流れてくだけでワクワクする感覚があるのではないでしょうか?今回は、そんな女性向けブランドは何に注力してSNSマーケティングを行なっているのかを、ミレニアル世代の女性に焦点をあてて紐解いていきます。
40Picks
情報流出の危険性がある「放置アカウント」、いますぐ削除する2つのステップ
WIRED.jp
|
無料期間に試しに登録したままのサーヴィス、SNSのログイン情報を使って登録したままのアプリ、使わないサブスクリプション──。放置したままになっているオンラインアカウントには、実は個人情報の流出やハッキングの被害につながる危険性が潜んでいる。セキュリティを確保するために、ゾンビのように生き続けているアカウントをいかに発掘して削除すればいいのか、その手順を伝授しよう。
473Picks
戦争経験したやなせ氏が伝えたかった“アンパンチ”に込めた正義とは
ORICON NEWS
|
絵本シリーズ累計発行部数8000万部、アニメ放映31年、映画31作、関連グッズ売上1兆超と、長年愛されてきた国民的作品『アンパンマン』。11日、そのヒーロー・アンパンマンが繰り出す“アンパンチ”について、乳幼児が暴力的になる心配があるのでは…という親の声を取り上げたニュースが話題となった。それに対し、「アンパンチは暴力ではない」という声がSNS上に殺到、“アンパンチ”がTwitterトレンド...
15Picks
想定外のターゲットに売れた商品・サービスの事例まとめ
ferret-plus.com
|
マーケターや開発担当者は商品を企画する際、ヒットを狙ってあれこれと考えますが、全て机上で考えたもの。 世に出してからでなければ、どこにどのようにヒットするかは分かりません。 マーケティングにおいてSNSが無視できないレベルになった現在、口コミが発端となり思わぬヒットが生まれることがあります。 今回は企業側が想定していなかったターゲットに売れた商品・サービスの事例を集めました。
15Picks
「サウナのブームはSNSとともに訪れた」サウナ人気の意外な歴史
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
メディアでは「空前のサウナブーム」といわれ、今年の夏、とうとうテレビでサウナのドラマも始まった。そのドラマ『サ道』の原作者であり、「日本サウナ大使」も務めるタナカカツキは、この現状をどのように捉えているのか。彼の視点から、日本のサウナ発展の歴史を振り返ってもらった。
12Picks
[ソーシャルメディアのコミュニケーション]はじめる前に、はじめてるところも。 押さえておこう10のポイント とつぶやき。
note(ノート)
|
今さらソーシャルコミュニケーション? SNSというものがPromotionやコミュニケーションに活用されてきて、ゆうに5年以上は立っていると思います。mixi企業アカウントも含めると10年になるでしょうか? SNSに、企業アカウントを開設して日々投稿することは、多くの企業が当たり前のようにやっているように思う一方、今なお「ソーシャルメディアマーケティング」といったタイトルのセミナー情報を多く...
25Picks
薄毛の要因にスマホやSNSによるストレス? 「西高東低」の傾向も リーブ21が発表
AbemaTIMES
|
毛髪クリニック「リーブ21」は20日、薄毛への意識や薄毛ケアの実態などを47都道府県でアンケート調査した「全国薄毛リスク調査2019」(全国20歳以上の男女、各都道府県50人の計2350人)を発表した。 同調査によると、将来薄毛になることを「とても不安」「不安」に思っている人は44.9%。2018…
65Picks
ネットがリアルの一部に “招待制”で市民権を得たSNSの元祖「mixi」の足跡
ねとらぼ
|
mixiで学んだネットマナーは今のSNSにどう生かせているのか。
212Picks
目指すは「カメラ版のウーバー」 カメラブが提案する、フォトグラファーの新たなエコシステム
Forbes JAPAN
|
首から一眼レフカメラを下げたカメラ女子やカメラ男子という言葉が生まれるほど、カメラを趣味にする人たちがここ数年で増えた。インスタ映えなど、見せるSNSの隆盛が流行に拍車をかけたのだろう。しかし、一眼レフカメラはレンズも合わせるとエントリーモ・・・
27Picks
「嫌韓の資金源断つ」「正直バカみたい」日本製品の不買運動に対する韓国10代、20代のホンネ
Business Insider Japan
|
慰安婦問題や徴用工問題の訴訟などから経済制裁にまで発展し、解決の糸口が見えない日韓関係。 7月頃から、韓国のSNS上では「#BOYCOTTJAPAN」「#NOJAPAN」のハッシュタグで日本製品の不買運動を呼びかける声が増えて来た。このムーブメントを牽引するのは10代・20代の若者たちだ。 彼らは日...
21Picks
服はもはや主役じゃない? 「カブり上等!」な、白シャツ・黒パンツ30名に聞いてみた。
ハフポスト日本版
|
街を歩く、白シャツ黒パンの人、人、人ーーー。 人と“カブる”シンプルなファッションの裏にどんな心理があるのか。 博報堂生活号総研究所(以下、生活総研)の研究員が街にでて、30人の「白シャツ黒パン」ファッションの人たちに「なぜそのファッション?人と服装がカブることに抵抗はない?」と聞いてみました。 浮かび上がったのは、SNS時代特有の価値観です。 「人と差をつけたい」という欲望は減っている。–...
14Picks
インスタ映え?撮影→8割食べ残しの非常識客 被害のジビエ料理店は「出禁」を決めた
J-CASTニュース
|
大阪のジビエ料理店で、人数分以上の料理を注文した客がスマートフォンで写真を撮ってから大量に食べ残していったとして、店側がツイッターで「ご予約もご入店もお断りしたいと思いました」と「出入り禁止」を宣言した。店主はJ-CASTニュースの取材に、写真撮影やSNS投稿自体は「全く問題ない」としている。
209Picks
あなたの“素顔”が丸裸!? 求職者の「SNSチェック」サービスが登場...個人情報の扱いも聞いてみた
FNN.jpプライムオンライン
|
FNN.jp編集部 求職者のSNSなどを調べる企業向けサービス「MiKiWaMe」が登場 これまでの投稿や反応から求職者の「リアルな顔」を判定する 担当者「求職者側の同意がなければ調査は実施しません」
161Picks
インスタで「いいね!」中毒に陥った10代モデルの告白
Diamond Online
|
インスタグラムが「いいね!」を非表示に――。危機的状況にある「いいね!」依存。インスタグラムにのめりこんだあるモデルの痛々しい告白を紹介し、私たちを「いいね!」依存に陥れるSNSの仕組みを解き明かす。
7Picks
ペットの写真から「個人情報流出」の危険、専門家が指摘
Forbes JAPAN
|
愛するペットの写真を連日のようにSNSに投稿する人は多い。しかし、ウェブでシェアした写真から、プライバシー情報が盗まれる危険について知る人は少ないのが現実だ。一体どのようなデータがペットの写真から流出するのだろう。まずあげられるのが、写真に・・・
15Picks
「怒りが最高のエンタメ」と化した令和のネットで、破滅を避ける方法
現代ビジネス[講談社] | 最新記事
|
令和に入り、早くも凄惨な事件や、社会の分断を加速するような議論が立て続けに起こっている。SNSやネット掲示板を覗けば、目に入るのは憎しみと罵倒の応酬ばかり……そうした状況に、嫌気がさしている人も多いのではないだろうか。インターネット上で活発な情報発信を行う、文筆家の御田寺圭さんと経営者のハヤカワ 五味さんは、思想的立場は大きく異なるが、そうした「怒り」に駆動されるネット世論の現状に対して共通...
13Picks
進むか教育現場のクラウド化
ベネッセ 教育情報サイト
|
【ベネッセ|教育動向】インターネットのネットワークを経由してサービスを利用する「クラウド・コンピューティング」はSNSやメールなど私たちの生活に浸透していますが、教育現場での活用は遅れています。
13Picks
採用は全社員で取り組むものに。「スクラム採用」を後押しするHERPが4.6億円調達
Forbes JAPAN
|
人材紹介サービスや求人広告(求人媒体)を介して採用候補者と出会う形から、社員からの紹介、SNS、イベントなどで出会う形へ、“採用のあり方”が変化している。採用チャネルが多様化したことで、「人事部だけでなく全社員が採用・・・
22Picks
数字は「あえて無視」。ミレニアル女性向け下着ブランドのSNS運用術とは
#CBK encyclopedia | Brand with Technology
|
数々の世界的人気モデルを世に輩出してきた米下着ブランド『ヴィクトリアズ・シークレット』の不振や、ワコールHDによる米D2C企業『リブリー(Lively)』の買収など、ミレニアル世代の取り込みや趣向の変化が度々話題となる、下着業界。 そんな中、20〜30代の女性ユーザーから支持を集めるランジェリーブランドがある。ECを中心に、インポートとオリジナルのアイテムを展開する『タイガーリリートーキョー...
SNS 概要
世界
日本
中華人民共和国
台湾
大韓民国
マレーシア
タイ