新着Pick
SPD1U86I0ZD2SPQI
石油・ガス開発
JPN

石油・ガス開発 業界

日本
業界一覧
>
エネルギー
>
石油・ガス
>
石油・ガス開発
石油・ガスに関わる上流(探査・採掘・生産)から中流(輸送・貯蔵)、下流(精製)までのうち、主に上流で展開する企業群。
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
12Picks
化石燃料事業への融資停止を検討 アジア開発銀行、脱炭素化加速
共同通信
|
化石燃料事業への融資停止を検討 【マニラ共同】アジア開発銀行(ADB、本部マニラ)が、石炭や石油、天然ガス関連事業に対する融資の停止...
16Picks
地球の電力需要を満たす大きな可能性を持つ地熱テクノロジーでリーダーを目指す「Fervo」
TechCrunch Japan
|
地表の下に蓄えられた地熱を再利用可能エネルギーの生成に使う方法は、環境問題専門家や石油、ガス技術者らの注目を引きつけている未来に向けた新たなビジョンだ。それは、この技術が温室効果ガスを発生る炭化水素に依存しない発電方法であるからだけでなく、石油とガス産業が長年にわたって磨き続けてきたのと同じ技能と専門技術を使うからだ。
20Picks
カタール国営石油が最大100億ドル起債計画、ガス事業拡張で-関係者
Bloomberg.com
|
カタール国営石油会社カタール・ペトロリアム(QP)は4-6月期中にも最大100億ドル(約1兆800億円)規模の債券を発行する計画だ。大規模な天然ガスプロジェクト向けの資金調達が目的。事情に詳しい関係者が明らかにした。
124Picks
欧州ではすでに本格化、洋上風力発電事業に米石油大手が初の投資
Forbes JAPAN
|
v米エネルギー企業シェブロンが、米石油大手として初めて、洋上風力発電事業に投資することがわかった。同社は、ノルウェーの複合企業モールド(Moreld)と契約を結び、洋上風力発電タービンを開発するオーセルギー(Ocergy)を支援する。一方、・・・
11Picks
2050年のCO2ネットゼロに向け「グリーンプレミアム」を指標にすべきだ──気候災害の回避をビル・ゲイツに訊く
WIRED.jp
|
地球温暖化をめぐる国際的な会議の場では「なぜ、研究開発の話が出ないのか」。温室効果ガスの削減に世界が着実に取り組むためにはビル・ゲイツいわく、クリーンな代替技術の導入に関係する「グリーンプレミアム」なる指標が重要だ。新著『気候災害を回避する方法』[未邦訳]を引っ提げ、2050年「CO2ネットゼロ」のためのロードマップを打ち出した彼に、高所得国のライフスタイルの維持と貧困支援を両立させるイノヴ...
35Picks
伊ENI、石油事業の分離を検討 再生可能エネルギー移行を図る
Reuters
|
[ミラノ/ロンドン 20日 ロイター] - イタリアのEni は、西アフリカおよび中東の石油・ガス事業の分離を検討し、新たな合弁会社を設立することを検討している。負債削減と低炭素社会への対応に向けた資金調達を図る。
14Picks
パナソニックが植物繊維濃度70%のペレットを開発、石油の過剰消費を抑制
ニュースイッチ
|
パナソニックは木材のセルロースファイバー(植物繊維)を含んだ成形材料を開発した。植物繊維の濃度が70%もありながら、石油由来プラスチック(樹脂)100%の材料と同じように商品に成形ができる。 開発の出発点となったのが、環境省が2015年に公募したセルロースナノファイバーの製造工程を省エネルギー化する研究事業だ。通常、木材のパルプを水中でほぐして細かい植物繊維にするが、乾燥に多くのエネルギーを...
53Picks
サウジアラムコが中国との協力拡大へ、「ブルー水素」などで-CEO
Bloomberg
|
サウジアラビアの国営石油会社サウジアラムコは、天然ガス由来の水素とアンモニアなどの分野の研究で中国との協力関係を「拡大・強化」する計画だ。同社のアミン・ナセル最高経営責任者(CEO)が明らかにした。
28Picks
水素・CO2から燃料生成!石炭・ガス業界が本気で挑む「脱炭素」
ニュースイッチ
|
水素・CO2から燃料生成 脱炭素の波は、燃やせば二酸化炭素(CO2)を排出するガスや石油を主力事業とする関係業界に抜本的な改革を迫っている。東京ガスは水素とCO2から都市ガス主成分のメタンを生成するメタネーションに取り組む。石油元売りでは、ENEOSが再生可能エネルギーを用いてカーボンフリーの合成燃料の開発に乗り出した。いずれも商用化のハードルは決して低くないが、突破に挑む。 メタネーション...
24Picks
脱化石の本命:脱炭素の勝ち組は「石油・ガス会社」である。国際石油開発帝石が水素・地熱・洋上風力に持つ強み | 週刊エコノミスト Online
週刊エコノミスト Online
|
石油・ガスの開発・生産を得意とする国際石油開発帝石(4月に社名を「インペックス」に変更予定)が、世界的な脱炭素の流れを受けて、ビジネスを大きく転換する。  具体策の中には、再生可能エネルギーや水素事業の強化が含まれる。一見、同社の既存ビジネスとは正反対に見えるが、実は親和性の高い領域だ。
11Picks
石油の巨人シェブロンが地熱プロジェクトのスタートアップを支援
TechCrunch Japan
|
石油会社は新しい事業分野を探し出すプレッシャーにさらされている。世界が再生可能エネルギーへ大規模にシフトしつつあるためだ。地球の気温を上昇させる温室効果ガスの排出が引き起こす気候関連の災害増加を前にして、再生可能エネルギーはあらゆる産業に電力を供給している。
15Picks
AI最適化で「1カ月分の計画を10分で立案」出光のタンカー配船計画の裏側に見える、AI業界の未来
Business Insider Japan
|
AIがさまざまなビジネスで活用されはじめている現代。 とはいえ、AIベンチャーが開発するサービスは、無数のデータを学習させることで高い精度で画像を見分けたり、正確に音声を認識したりするいわゆる「パターン認識」の技術を使ったものが多いのが現状だ。 石油製品の販売で知られる出光興産は、AIベンチャー企業...
12Picks
日産、次世代「e-POWER」向け発電専用エンジンで世界最高レベルの熱効率50%を実現
Car Watch
|
日産自動車は2月26日、次世代の「e-POWER」向け発電専用エンジンで、世界最高レベルの熱効率50%を実現する技術を発表した。今回、日産が熱効率50%を実現するために開発した新燃焼コンセプト「STARC」(Strong Tumble and Appropriately stretched Robust ignition Channel)は、筒内ガス流動(シリンダー内に吸入した混合気の流れ)...
15Picks
関電・森本社長インタビュー 小型原子炉を検討 脱炭素化 原発・再エネが主力電源
産経ニュース
|
関西電力の森本孝社長が25日、産経新聞のインタビューに応じ、温室効果ガス排出量を実質ゼロにする、政府目標の「2050(令和32)年カーボンニュートラル」実現に向け、原子力発電を主力電源に位置づけて、小型モジュール炉(SMR)開発や原発のリプレース(建て替え)などを検討していく方針を明らかにした。同時に再生可能エネルギーも主力電源化し、開発に注力するとした。
12Picks
渤海で1億トン級の新たな大型石油・ガス田見つかる 中国
www.afpbb.com
|
【2月24日 Xinhua News】中国石油大手の中国海洋石油集団は22日、渤海で1億トン級の大型石油・天然ガス田を発見したと明らかにした。
10Picks
ノルドストリーム2、ベーカー・ヒューズなど18社が撤退=米文書
Reuters
|
[ワシントン 24日 ロイター] - ロシア産天然ガスをドイツへ直送する海底パイプライン「ノルドストリーム2」の建設作業を巡り、米石油サービス大手ベーカー・ヒューズ、保険大手アクサグループなど18社が関与をやめ、米政府の制裁対象から外れることになった。バイデン政権が先週、議会に送付した文書をロイターが入手して分かった。
10Picks
世界で加速するEV化の流れをつかむ出光興産 タジマモーターと超小型モデル開発で新会社
J-CAST 会社ウォッチ
|
石油元売り大手の出光興産(東京都千代田区)と電気自動車(EV)開発などの株式会社タジマモーターコーポレーション(東京都中野区)が共同で新会社を設立する。2021年2月16日に発表した。畑違いの両社がコラボする狙いはなにか――。それは、超小型EVなど次世代モビリティや、関係サービスを開発すること。出光興産はかねてよりEVを使ったカーシェア事業や、電池に関連した事業に携わり電動化社会に向けた多角化に取
13Picks
コスモ、アブダビの海上探鉱鉱区の権利取得-最大約150億円投資へ
Bloomberg
|
アラブ首長国連邦(UAE)のアブダビ首長国はコスモエネルギーホールディングスに海上の探鉱鉱区「オフショア・ブロック4」で石油・天然ガスの探鉱作業を行う権利を付与した。アブダビは生産能力拡大を目指している。
172Picks
大手商社 脱炭素へ 事業見直しや発電所売却など検討の動き拡大
NHKニュース
|
【NHK】温室効果ガスの削減など脱炭素への取り組みが世界的に加速する中、大手商社の間では、石炭や原油の開発事業の見直しや石炭火力発…
14Picks
新技術で天然ガスから水素を生産するC-Zeroがビル・ゲイツ氏の気候テック基金から資金を調達
TechCrunch Japan
|
C-Zeroが開発したのは、天然ガスを水素に変換する技術だ。天然ガスは大変にクリーンな燃料源であり、発電に利用した際に排出されるのは固体炭素のみ。熱触媒で処理することで、水素やアンモニアといった有用な化学物質が抽出できる。
石油・ガス開発 概要
世界
日本
中華人民共和国
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン