新着Pick
SPD29UCZZ7VBYAK7
通信端末・回線販売
JPN

通信端末・回線販売 業界

日本
業界一覧
>
小売
>
家電・OA小売
>
通信端末・回線販売
携帯電話などの通信端末販売および通信回線契約の取次を行う企業群
サマリー
チャート
ニュース
PICK数
:
指定無し
期間
:
指定無し
記事種別
:
全て
ソート順
:
おすすめ
1Pick
ドコモオンラインショップでスマホ端末のみ購入したい 回線契約しないでできるのか
Happy iphone
|
回線の契約をせずに端末のみを購入することができれば、もっと選択の幅が広がりますよね。 ・Wi-Fi接続専用の端末が欲しい ・格安simで使用する端末が欲しい ・安い端末を予備用として...
3Picks
クラウドや通信回線、デバイスをワンストップで提供するIoTサービス開始
MONOist
|
KDDIは、クラウドと通信回線、通信デバイスをパッケージ化した「グローバルIoTパッケージ」サービスの提供を開始した。拡張性の高いクラウド、グローバルローミングSIM、電波法認証済み端末がセットになっており、端末1台から利用できる。
81Picks
楽天モバイル、学校に無償で光回線提供 基地局を敷地内に設置が条件
ITmedia NEWS
|
楽天モバイルは「GIGAスクール構想支援プラン」の受付を始めた。敷地内に楽天モバイルの基地局を設置した学校を対象に、学校までの光回線を無償提供する。学校の通信環境構築を支援し、同時に自社基地局の整備を押し進める。
6Picks
iPhoneでeSIMを使うなら、あのスイッチをオンにしよう
マイナビニュース
|
IIJが提供を開始したeSIMを利用する「データプラン ゼロ」ですが、1回線目が音声通話にVoLTEを使う通信会社の場合、デフォルトの通信回線をeSIMに設定している場合、音声通話しながらデータ通信することはできません。通話中にデータ通信できないと、保留にしてWEBで調べものをすることができなくなるなど、困った事態も発生します。
189Picks
「1GBで月額450円」IIJがeSIMで狙う“副回線戦略”。月末の「ギガ足りない」需要狙う
Business Insider Japan
|
インターネットイニシアティブ(以下、IIJ)は3月17日に、物理的なSIMカードがなくても対応端末で通信ができるようになる「eSIM」の本格サービス「IIJmio eSIMサービス データプラン ゼロ」を発表した。 データプランゼロは、3月19日からスタートし、基本料金は月額150円(税抜)、初期費...
12Picks
1人1台iPadを2016年から実践、上越教育大学附属中学校に学ぶICT教育で効果を上げる仕組み
Engadget 日本版
|
文部科学省が2019年の12月にGIGAスクール構想を発表しました。GIGAスクール構想を簡単に説明すると、生徒1人に対して1台の端末と、高速大容量の通信ネットワークを一体的に整備する構想です。この環境整備によって、公正に個別最適化された学びを全国の学校現場で持続的に実現させることが目的です。 こういった事情から、教育関係者のICT教育に対しての関心度が高まっています。GIGAスクール構想向...
40Picks
去年のスマホ出荷台数 5年ぶりに減少 前年を7%余 下回る
NHKニュース
|
去年1年間の国内のスマートフォンの出荷台数は、前の年を7%余り下回り、5年ぶりに減少しました。通信料金と端末代金の分離を…
12Picks
KDDIと代理店に行政指導 携帯電話料金ルールに違反 総務省
NHKニュース
|
総務省は、携帯電話料金の新しいルールに違反して、上限を超えた割り引きを行って端末を販売したとして、auのKDDIとその販…
882Picks
楽天が携帯料金発表、月額2980円 「分かりやすい」プラン提供
Reuters
|
[東京 3日 ロイター] - 楽天<4755.T>は3日、4月8日から本格開始する携帯電話の料金について、大容量データ通信で月額2980円とする単一プランを発表した。自前回線での容量は無制限とする。約300万人を対象に1年は無料となる。
10Picks
新iPhone は「水中で動作するタッチスクリーン」搭載、特許資料
Forbes JAPAN
|
2020年秋の発売が見込まれるiPhone 12は、カメラ性能の向上やディスプレイの改良、5G通信への対応など、大幅なアップデートが期待されている。しかし、2月末に公開されたアップルの特許資料から、この端末に新たな防水機能が搭載される観測が・・・
22Picks
2020年以降のプリント配線板動向を探る
LIMO
|
2020年のエレクトロニクス産業ならびに電子回路・関連資機材業界は一体どのような世界が待ち受けているのだろうか? 特に今年は、次世代通信規格(5G)の離陸で、久方ぶりにスマートフォンの販売台数がプラス成長に転じ、明るい話題が先行すると期待されている。自動車も各国の環境規制強化や安全運転志向の高まりで、半導体・電子部品需要は確実に伸長すると見込まれている。米中貿易摩擦や米・イラン対立といった、...
19Picks
中国スマホ販売、1月は前年比36%減 新型肺炎で消費圧迫
Reuters
|
[上海 24日 ロイター] - 中国のスマートフォン販売台数が1月に前年比36.6%減少したことが中国信息通信研究院(CAICT)の統計で分かった。中国を発生源とする新型コロナウイルスの感染拡大で消費需要が圧迫されていることが示唆された。
91Picks
Androidの父のモバイル企業Essentialが閉鎖 細長スマホ「GEM」は世に出ず
ITmedia NEWS
|
アンディ・ルービン氏率いるEssential Productsが事業を閉鎖すると発表した。日本でも販売する「Essential Phone PH-1」のサポートも終了する。ルービン氏が昨年ツイートした細長端末「GEM」は結局世に出ずじまいになった。
54Picks
iPhone販売不振も携帯各社の利益が伸びたワケ
ニュースイッチ
|
携帯電話3社の2019年4―12月期連結決算(国際会計基準)が7日までに出そろい、2社が営業増益となった。携帯端末の値引きが制限され、iPhone(アイフォーン)などの高機能機種の販売が伸び悩む中、カギを握るのはシルバー層を中心としたスマートフォンへの乗り換え需要の取り込みだ。今後の成長源となるスマホ決済や金融分野など非通信分野の強化も活発化している。 ソフトバンクが7日発表した営業利益は、...
13Picks
パケットの譲り合いに特典 マイネオが初のサービス
朝日新聞デジタル
|
格安スマホサービス「mineo(マイネオ)」を展開するオプテージ(大阪市)は回線が混み合う昼に通信を控えた利用者に特典を与えるサービスを3月に始める。国内通信業界では初の取り組みで、快適な通信環境で…
13Picks
5G時代で絶好の商機、電子部品メーカー「僕たちの技術を見てくれ!」
ニュースイッチ
|
高信頼性の部品を供給する日本の電子部品業界で第5世代通信(5G)に対する期待が高まっている。2020年から5G対応スマートフォンの販売が本格的に増加していく。5G基地局向けを含め、新型実装機、新材料、新技術などを各社が提案し、市場に続々と投入し始めている。 スマホの市場シェア上位の韓国・サムスン電子と中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)は1月、グローバルにおける19年の5Gスマホの出荷...
79Picks
ファーウェイ、19年スマホ出荷36%増 アップルは21%減=調査
Reuters
|
[上海 28日 ロイター] - 中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL] の2019年のスマートフォンの出荷台数が前年比35.5%増の1億4200万台だったことが28日、調査会社カナリスのデータで明らかになった。スマホ市場の縮小のほか、次世代のモバイル通信規格「5G」への需要のシフトにもかかわらず、米アップル<AAPL.O>や中国の他のメーカーを横目に販売が伸びた。
154Picks
TAKUMI JAPAN、データ使い放題の「神SIM」を発売 2020年に自社ブランドのスマホも投入へ
ITmedia Mobile
|
TAKUMI JAPANが、大容量のデータ通信向け「KAZUNA 神SIM」を1月21日に発売した。ソフトバンク回線を使用しており、100GBまたは使い放題のプランを選べる。2020年の夏〜秋にかけて、自社ブランドのスマートフォンを発売する予定。ただし日本で扱うかは未定。
10Picks
米商務省、ファーウェイ規制取り下げ 米企業阻害懸念で=関係筋
Reuters
|
[ワシントン 24日 ロイター] - 米商務省が中国の通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)に対する一段の販売縮小につながる措置導入を取り下げたことが複数の関係筋の話で明らかになった。国防総省が米企業の阻害につながると懸念を示したためとしている。
22Picks
総務省が光回線維持で負担金制度検討 5G網全国整備へ、2020年代半ばにも
産経ニュース
|
総務省が第5世代(5G)移動通信システムの基盤である光ファイバー回線を全国的に維持する負担金制度をつくる検討をしていることが20日、分かった。高速インターネットの利用環境を全国各地で維持するため、2020年代半ばにもネット利用者から広く薄く徴収して、不採算地域に光回線を持つ事業者に交付金を出し、回線の補修や更新に充てることができるようにする方向で調整する。
通信端末・回線販売 概要
日本
中華人民共和国
シンガポール
マレーシア
タイ
インドネシア
フィリピン